引っ越しのつづき

カーテンを付けなくてはならない。
オーダーカーテンは2~30万円するためキャンセルして、ニトリにてカーテンを揃えていた。
総額で3万円ほど、実に10分の1だ。
設置箇所は6カ所、このカーテンの話は次回詳しく書く。

取りあえずカーテンを取り付けて、ある商品の到着を待つ。

引っ越し当日に合わせて「ニッセン」にてテレビ台「スクエアボードN144」と「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」を一台着日指定で取り寄せていたのだが、午後6時になってもまだこない、ロフトベッドはかなりの大型商品のため、引っ越し屋さんに運んでもらう予定にしていただけに、引っ越し軍団が帰ってしまった今となってはちょっと困ったことになった。

「ニッセン」に問い合わせの電話を入れるも「申し訳ございません、もう少しでつきます」以外の言葉はない。

午後7時をまわっったころ、母や姉がお祝いに訪れる。

このブログで話したことはないが、母は昨年7月、家の設計がちょうど始まったのとおなじタイミングでがんが再発し入退院を繰り返している。

2月は23日に退院し28日に再入院というタイミングであったため、何とか新しい家を見せることが出来た。本当に良かった。

遅れて父も到着。

みんなでそばを食べていると「ピンポーン」と誰かが来た。

ニッセンだった。

「遅すぎる」と軽く文句を言ったあと、荷物のでかさを見て閉口・・・・
たたみ3畳分くらいある巨大な荷物を持っている。

「あの、これロフトベットで2階に設置予定なんですけど、もって上がってもらえますか?」

ニッセンの品を持って来た人は、30代小太りでスーツ姿一名、運送屋には見えない。

「遅くなって申し訳ございません、配達は玄関までなんです」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あの~こうなることがわかっていたので、わざわざ着日指定にして、引っ越し屋さんに運んでもらう段取りにしていたんですけど・・・・
当然、運んでもらえますよね・・・・・・・(怒)」

結局僕と運送屋さん2人で3畳もある巨大な荷物を2階に運ぶ。

子供は大喜びで、早く作って!と興奮状態だ

「あす、作ってやるから、今日は勘弁して」と僕

その後テレビ台も搬入してもらい、ようやく本日の予定は終了。

楽しかったが・・・・つかれた・・・・・

もう寝よう。

当日は子供も落ち着かないだろうと言うことで、久しぶりに出してきたダブルベッドに子供2人と家内の3人で寝る。

僕はリビングにせんべい布団を引いて就寝。

あすも忙しいぞ!

 

ニトリでカーテン購入
ニトリでカーテン購入その後

コメントを残す