リクシル見に行こう!

設計士の上平さんから、リクシル見に行こう!と提案があったので早速出かけた。

リクシルとは最近設立された会社でよく「リクシルって知ってる?」と言うCMが流れている例のやつだ。
「トステム」・「INAX」・「新日軽」・「サンウエーブ」・「TOEX」が合併してできたらしいが、この業界も競争が激しいのだなぁ~と実感する。

され、リクシルのショールームは岡山市の問屋等付近、朝10時に上平氏とショールームで待ち合わせて店内へ、入り口にはホテルや旅館のような「本日のお客様 ○○様」的なボードがたっている。

気合いを入れてきた為か、一番乗りだったが、その後30分もしないうちに店内はごった替えするほどの人混みに!

さすがは土日ではあるが、こんなに大勢の人がショールームを訪れるのかと感心した。

さて、本題だが、今日の目的は「ユニットバス」「システムキッチン」「トイレ」の下見である。

まず案内されたのは「ユニットバスコーナー」リクシルのユニットバスは元々はINAXのものらしい、3パターンの松竹梅のユニットバスが展示されており、見るとやはり高いやつはいい・・・・とはいえ予算からベースには中間をチョイス、さらにユニットバスの場合、風呂桶のタイプや蛇口のタイプ、風呂蓋のタイプにタオル掛けなど事細かいオプションを次々とチョイスしてゆく。

その次は便器、便器には希望があって、是非ともタンクレスタイプが欲しい、それで聞いてみると、タンクレスタイプの場合、土地の場所の水圧によっては「ブースター」なるものが必要になるらしい、但しコスト的にはあんまり変わらないと言うことで、希望通りタンクレスタイプをチョイス。

最後はシステムキッチンだ。
リクシルのシステムキッチンは基本的に元「サンウエーブ」の商品らしい。
こちらはいいのと安いのの2タイプあり、とりあえずいいのをチョイス。
さらに換気扇やHIヒーター、食器洗い機、パネルの色、素材など事細かく決めてゆく。

なんやかんやで2時間くらいかかった。
最終的な金額は、リクシルから上平さんのところに連絡が行くというので、我々はカタログをもらって帰宅。

そして数日後、上平さんよりTEL・・・・

「あの~○○さん、完全に予算オーバーなので、工務店の得意なメーカーをつかいましょう・・・・」

「え~~~~やっぱり!!」

実はうすうす感じていた。
本当に予算内でこんなのできるの???って(まぁ、楽しかったしいい経験ができたので、これはこれでいいのですが、基礎知識も付いたし!)

さて、我が家のキッチンはどうなるのか・・
もしかして「お値段以上・・・・ニトリ」

コメントを残す