濡れ縁(ウッドデッキ)をDIYで制作してみた

庭いじりが楽しくて、いろいろと画策している最近ですが、庭といえばぜひとも欲しいのがウッドデッキです。
image

我が家は和モダンな外観なので洋風のウッドデッキではなく、濡れ縁的なウッドデッキがあれば家の雰囲気にばっちりと合うはずです。

ホームセンターに半坪で19800円程度の半完成品のウッドデッキが売っていますが、自転車置き場の制作で自信を深めた僕は濡れ縁もDIYで作成することにしました。

さて、当初SPF材でお手軽に考えていましたが、ちょっと調べてみるとSPF材は耐久性に乏しく、エクステリア用の大工には向かないとあるではないですか、ググってみたところウッドデッキの一番人気はレッドシダーらしく、各所でおすすめしています。

そうかぁレッドシダーね~と材料を探しにホームセンターに行きましたが、さすがは田舎のホームセンター!レッドシダーなんてしゃれたものは置いていません。

そこで、今回は昔から日本建築の外構に使われている「杉」で制作することにしました。

制作する濡れ縁は100cm×340cm 高さは50cm、結構な大きさです。
基礎はブロック塀でもいいかな、と思いましたが、外見を考えて束石を使用することに。

早速購入です、

買ったのは
4000mmの90×90mmの杉一本
4000mm 45×45mm 杉4本
2000mm 35×30mm 杉50本

防虫防腐塗料1.6l 一缶
釘、ねじ 金具など 計15000円くらい

ホームセンターで軽トラをかりて家まで運びます。

荷物を下ろしたら、まずは材料の切り分けです。
image
image

図面は引いておらず、設計図は頭の中なので、数を確認しながら丸のこで裁断してゆきます。

切り終わりました。
次は塗装です。
image

ものが濡れ縁だけに、しっかりと防虫防腐対策をしなければいけません、で・・・
1.6lの塗料では全然足りません(涙)

一缶2500円(それでも自転車置き場の時使ったキリラデコールよりだいぶ安いですが・・)と結構な値段ですが、もう一缶買いにホームセンターに走ります。

この日は天気が良く、2度塗りしても2時間で程度で完了しました。

さて、塗装が乾くのを待つ間に、今度は土木工事です。

今回はコンクリは打たずに地面に束石を乗せるだけなのですが、それでも水平をとるのは結構大変です。
image

水平器は、自転車置き場作成時にダイソーにて購入、全然問題なく使えています。

あっちを掘ったり、こっちも盛ったりして水平とり作業も何とか完了。

束石に足をボルトで留め、周りの縁をねじで留めてゆきます。
image

ここで問題が、天板用に買った棒が(予算をけちったせいで)ちょっと細かったらしく、剛性感が足りません。
急遽横棒をたして強度アップを図ります。

土台が出来たので、天板の棒を張ってゆきます。
ここには釘を使用、何でもビスを使うとめり込んでしまい、くぼみに雨水が入るのがまずいそうなので、アドバイスに従い、釘打ちにしました。

約100本の100cmの棒を、ひたすら釘で打ち付けてゆきます。

一通り出来たらサンダーをかけて表面をなめらかに磨きます。

最後にもう一度上から塗料をぬってできあがりです!
image

どうでしょう。和風の家にはかなりマッチしています。
image

DIY!木造自転車置き場をつくる その4

やっと週末、キシラデコールもやってきました。

あさから「塗るぞ!」と気合い入りまくりです。
そしてひたすらぬりぬり、ぬりぬり

いい感じで白くなってゆきます。
198
午前中で一通り完了!

さぁ、いよいよ上棟です。自転車置き場作りもクライマックスに入ってきました。

基礎はすでにがっちり固まっています。
柱の下部に基礎と柱をつなぐボルト穴を開けてボルトで密着です。
207

6本すべて立て終えると横柱を入れて木槌でぶち殴ります!

あとは梁、腰を言わせながらも4メートルの9cm×9cmの杉棒を何とか持ち上げてほぞ穴を合体!!!!

骨組み完成!!!!!!!!!!!!!!!!
203
かっこいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかし自分のほぞ穴は今ひとつ信用できないので、雪接合部にねじをねじ込みます。

この時点で骨組みを押してみても結構しっかりしています、しかしまだ自分を信用しない僕は当然筋交いを入れて補強を行います。

材料はツーバイフィーを4等分した木材を現場あわせでカットしてねじで接合!

DSC_0010

再び押してみると今度はびくともしません!
いい感じです。

DSC_0011

完成しました!結構いいかんじです!

DSC_0007

 

 

DIY!木造自転車置き場をつくる その3

やっと週末、塗料もやってきたので早速塗装開始だったのですが、少ない!
0.7リットルでは少なすぎでした。

キシリデコールは最低2度塗りしてください。という注意書きがありますが、0.7リットルでぬれたのは6本の柱と梁2本、それも一回のみです。

仕方なく速攻4リットル缶を追加注文、こんなことなら最初から4リットルを買えばよかったです。(涙)

仕方なく横に張る板や屋根の板の加工をします。
これは簡単、サイズを切りそろえるだけ。

そのご、またまたホームセンターで今度は屋根に使う波板を買いに行きます。
駐輪場の前後幅は180cmなので勾配も考えて使用する波板の寸法は7尺、7枚使用です。

さて波板にはいろんな種類があります。

一番安いのはビニール製の波板で7尺×60cmのものが1枚800円位。

他にもガルバリウム製の金属板で同寸が1000円くらい、ガラス繊維のものとポリカーボネート製のものが1600円くらいでした。

ネットで調べたところ、人気はポリカーボネートに集中しているみたい、耐久性はポリカーボネートだと15年くらい、ビニール製だと4~5年ということでした。
4~5年で屋根を葺き替えることを考えると、やっぱりポリカーボネート製かなぁ~

と、かなり悩みながらもポリカーボネート製をチョイスしました。
費用は約11200円

ちなみに現在までの材料費は

杉角材4m 6本 @1500円 9000円
ポリカーボネート波板7尺×60cm 7枚 11200円
キシラデコール0.7リットル 1缶 2300円
キシラデコール4リットル 1缶 7500円
杉板16枚セット 12cm×200cm 2500円
ツーバイフォー角材3本 @250円 750円
基礎 7kg6個  @800円 5600円
セメント25KG 1袋 400円
砂利20KG 3袋 600円
砂20KG 3袋 600円
ねじ ボルトなど 2000円くらい
天井用縦梁・横木材 計10本 3000円

合計 45450円

DIY!木造自転車置き場をつくる その2

本日は日曜日。
昨日に続き柱の加工です。

仮組をしてみようとほぞをほぞ穴に挿してみましたが。入りません・・・・
寸法は(だいたい)あっているのですが、入らない!
木槌でどついてみますが、入らない!!

仕方なくホームセンターにいって巨大なやすりを購入、微調整を行います。
大工さんの仕事の精度の高さはすごいですねぇ

削りに削って何とか入るようなったので、今度は塗装です。

最低10年は保ってほしいので、塗料には防虫防腐作用のあるステイン系のものを使おうと再びホームセンターに出かけます。

ここでのこだわりは”白色”白い木造のオシャレッティーな自転車置き場に仕上げる予定です。

で、探しますが、無いです、白色のステイン塗料・・・・・

一度退却してネットで調べてみると、どうやら”キシリデコール”という塗料の”ワイス”というのが良さそうなのですが、地元のホームセンターにはおいていません(キシラデコールの他の色はあるのに ・・)仕方なく楽天で買い物ですが、キシラデコールって高いです。

0.7リットルのもので2300円、4リットルが7500円。
とりあえずお試しで0.7リットルのものを買ってみることに(後で後悔しましたが。)

塗料もないので本日の作業は終了です。

DIY!木造自転車置き場をつくる その1

今年我が子はついに中学生になります。
我が町の中学校への通学は自転車通学となるので自転車を購入しなくてはなりません。

息子にきくと友達はみんな「アルベルトロイヤル」なる自転車を購入しているそうです。

中学生にして「ロイヤル」はいかがなものか・・・ともおもいますが、ちなみにお値段は8万円。
けっこうするね~~~~~

まぁ僕の使っているGAIANT RX3もその位したから、ちゃんとした自転車ならばそのくらいするかなぁ~と自分を納得させます。

さて、本題はそれではありません。
自転車をかうと必要なのが自転車置き場です。

そこで今回はDIYで自転車置き場を作って見ることにしました。
構想としては180×360メートル、木造で母屋の横の駐車場スペースに建築します。

そして週末、まずは材料の品定めです。
「ジュンテンドー」では90cm角×3Mの杉材が1280円、柱が6本、梁に4本角材が必要なのでこれだと柱だけで1万円をオーバーしてしまいます。

「ナフコ」へ、ここではなんと90cm角4メートルの杉材が1480円というのを発見!
これだと杉材1本で柱が2本取れるのでお得!

結局ナフコで4mの杉材6本を購入、ナフコの無料で科してくれる軽トラックで角材を自宅に搬送します。

196

ナフコの店員さんに「何を作られるんですか?」と聞かれたのでハニカミながら「自転車置き場を・・・」しかし、いままでこんなで買い物を作ったことは一度もないため、自分でも本当に作れるのかちょっと不安です。

さぁ、柱は用意しました。柱を立てるには基礎が必要です。
当初は穴を掘って柱を立ててコンクリートを流し込んで終いにしようか、とおもっていましたが、この工法だと4~5年で柱が朽ちてくる可能性が高いことが判明、仕方なく?普通にコンクリの束石を使うことにしました。

柱は6本なので、6カ所にアナを掘って束石を起きます。

201
その後、角材を使って水平取り、平衡器はダイソーで購入!もちろん105円。

200

きっちりと水平が取れたつもりで束石の周りをモルタルで固めます。
これで基礎は完成。
207
いよいよ柱の加工です。
組み立て方法はいろいろで角材を金具で固定するのが一番手っ取り早いですが、強度と見た目の両方がほしいので、ほぞ継ぎに挑戦です。

194

とはいってもいままで一度もそんなことはしたことがありません。
まずは見よう見まねで柱の先にほぞを作ります。
これは簡単、丸のこを使って一発完了でした。

問題はほぞ穴の方です。
ノミを使って掘り進めていくのですが、なれないため全く進みません・・・・
目標の5cmの深さまで掘り進めるのに所要時間2時間!

10カ所もアナをあけないといけないのに・・・と途方に暮れながらも
2つめのアナに挑戦、やはりかなりめんどくさい。

ここで一服、ほぞには止めほぞと通しほぞの2種類があって、止めほぞはほぞが見えないようアナを途中で止めます。通しほぞはその名の通り向こうまで抜いてしまいます。

いっそのことドリルでがんがん抜いちゃおう!と考えた僕はそれまでの止めほぞから通しほぞに計画変更です。
ちなみに強度は大して変わらないみたいです。

そうと決まれば迷いなく穴を開ける予定の枠内にドリルで無数にアタック!

そして大まかに穴を開けた後、角材を裏返して見ると、オーマイガー!!!
ドリルがまっすぐ入っておらず、枠の外に脱走しまくっています(涙)
しかし開けた穴はもう塞がりません。
とにかくノミで穴の中をきれいに成型してゆきます。

なんやかんやで8時間一心不乱に作業をやって本日は終了。
もうふらふらです。

ブロック塀に漆喰で白壁に その3

週末がやってきました。
いよいよブロック塀に漆喰を塗ってゆきます。

漆喰はホームセンターで25KG2100円で打っていた「富士かべ」を使用します。
まずは船に漆喰を移し、適量の水で解いてゆきます。

 

いい具合になっった、サラダオイルをコップ一杯入れます。
なんでも外壁を漆喰で塗るとき、サラダオイルを混ぜると長持ちするそうな・・・・

ネットの情報ってすごいですね~

さて練り終わったら一気に塗ってゆきます。

最初は小さなこてで塗っていましたが、らちがあかないので、でっかい板に漆喰を盛って、一気にブロック塀になすりつけてゆきます。

IMAG1596

 

IMAG1605

一通り出来たらここてを使ってでこぼこをならしてゆきます。
職人さんのように、むらなくぴっちりは不可能なので、こて跡を残す感じの「南プロバンス風」で仕上げてゆきます。

ここで注意点、みなさん、漆喰を塗るときにはゴム手袋をはめましょう!
漆喰が爪の中のい入り込み、乾くと大変なことに!とにかくめちゃくちゃ痛いです。
僕の場合、1週間位痛みました。
ゴム手袋は必須です。

漆喰の塗り方は下から上が基本のようなので基本の忠実にぬり進めてゆきます。

さあ、こんな感じ、どうでしょう!

IMAG1612

IMAG1617

無粋なブロック塀がすてきな漆喰かべに生まれ変わりました。
難しかったのはブロックの目地つぶしくらいで、あとは意外と簡単です。それも安上がり
へたにペンキを塗るよりも漆喰の方が安く出来るかもしれません!
お手軽DIYでおすすめです。

ブロック塀を漆喰で白壁に その2

待ちわびた週末がやってきました。
現在、家入り口の正面がモルタルを付けなっぐった見た目もバッドなことになっています。

まずは一刻も早くこの見た目を直さなくてはいけません。
先週は普通のモルタルでブロック塀の目地つぶしをしたため失敗でした。
今週はなんと「ノロ」で目地をつぶしてゆきます。
IMAG1589
ノロとはセメントを水を練ったもの。
年度よりちょっと柔らかい感じでノロを作りこてで目地に入れてゆくと、なんということでしょう!先週の苦労が嘘のようにきれいに目地が詰まってゆくではないですか!

調子に乗って一気に仕上げます。

作業は2時間ほどで終了。乾燥を待ちます。

なんとここで問題が!
ノロはもろい!

ちょっと勢いよく水をかけたりすると、ポロポロとはがれてくるではありませんか!!!!

皆さん、くれぐれもハイモルを使いましょう。

とはいえもう後の祭りなので、乾くまで細心の注意をこめてなるべく触らずに硬化を待ちましょう。

ブロック塀を漆喰で白壁にする

IMAG1592

重い腰を上げてようやく外構の階段に芝生を植えたことで、何かに火がついたようです。

やろうやろうと思いつつも、めんどくさくってなかなか手をつけていなかったあれ!
あれについに手をつけます。

そうです。あれとは外構のブロック塀です。
焼き杉のすてきな外装に反してアプローチ部分がブロック塀むき出しというのは、やはり落ち着きが悪いです。
IMAG1589
そこで完全DIYでこのブロック塀を漆喰で白壁にすることにしたのでした。

一度決めてしまうと先走ってしまうのが僕の悪い癖ですが、今回の工事に関しては全く予備知識がありません。
まずはNETでブロック塀への漆喰の塗り方を検索です。

それによるとこんな感じで進めていくようです。

1.「ハイモル」というモルタルでブロック塀の目地をつぶす。
2.漆喰を塗る。

・・・・こう書くとなんか簡単そうですが・・・

そして実践です。
まず本日は1番のブロックの目地をつぶす作業です。
NETではハイモルを使えと書いていましたが、「不通のモルタルでも何とかなるんじゃねー」とセメントと砂を1:3で作ったモルタルで目地をつぶそうとしますが・・・
IMAG1591
つかん!!モルタルがうまく垂直のブロック塀についてくれません。

その上、砂の粒子がでかくて目地に入ってゆかない!

それでもなんとか目地にモルタルを塗りつけてゆきますが、塗っては落ち、塗っては落ち(涙)皆さん、ハイモルをつかいましょう 。

本日は疲れ果てたため、3メートル×1.2メートル位塗ったところで終了。
続きは次週の週末です。

縁台をお手軽DIY

庭である佇むために、ぜひとも縁台が欲しいと思っていた。
しかし、ホームセンターなどでみると、縁台は意外と高くその上小さい。

多くは120センチくらいで3980円くらい。
僕の欲しい180センチクラスは7000円くらいする。

そこで今回はDIYで縁台の制作である。

ホームセンターに材料の買い出しにゆくと、180センチのツーバイフォー材がなんと一本198円、5本購入、さらに今回は、お手軽にツーバイフォー材ようの足取り付け金具を2個購入、これにはビスもおまけでついている、あとは外ようのニスを買って総額2500円で材料は揃った。

あとは、ホームセンターで足となる木を45センチ感覚で切断してもらい準備完了。

自宅に帰り、ビスどめのみなので10分ほどで縁台が完成した。

ニスをぬりぬり

超お手軽でなかなかの使い心地でオススメです。

生垣のDIY

我が家には大きな土間がある。
土間の周りは大きなガラス窓になっており、景色がよく見える。

だ景色がよく見えるのはいいことなのだが、外から我が家の中が丸見えになってしまうという問題が発生、もともと塀をする予定ではあったが、予算との兼ね合いからまだ塀は作っていない。

そこで今回は個人でも簡単に作ることのできる、生垣を作ることにした。

生垣をつくるとなると、重要なのは木の選別である。
候補としてはツツジ、ベニカナメ(レッドロビン)、トキワマンサク、コニファーなど、ネットで調べるといまの人気はトキワマンサクのようだ。

しかしトキワマンサクは人株おおよそ980円くらい、ツツジは500円から680円、ベニカナメは300円から680円480円といったところ。

トキワマンサク、魅力的だけど、ちょっと高いなぁ

ちなみに今回生垣を制作するのは家の正面の10mくらいの部分と、入り口の階段横6m 合わせて16m、ふつう30センチ間隔で苗を植えると50苗くらい必要な計算、トキワマンサクだと5万円だ

どちらにしてもまずは苗を支えるために竹の四つ目垣が必要なので、四つ目垣から制作開始だ。

ホームセンターで杭を7本買ってきて生垣予定地に1。5m間隔で木槌で打ち込んでゆく。

後日、知人の山から竹を10本くらいもらってきて適当な長さに切りそろえる。

固定はホームセンターで買ってきた荒縄、見よう見まねのため正しい締め付け方などはわからずに適当に閉めてゆく。

出来上がったのがこれ。

おっと、いい感じじゃないか!

この日はこれで作業終了

数日後、我が家の近くにでっかいホームセンター(ナフコ)がたまたまでっかくオープンした。

いいでものはないかなぁ~と見にゆくと、ベニカナメがひと苗248円で販売中を発見!

もう買うっきゃないでしょう!と正面の四つ目垣を作った部分ように30苗購入、7500円なり、ついでにツツジの苗も10苗(498円)を購入して帰宅。


早速植えてみった。


こんな感じ、


まだスカスカだが成長が楽しみだ。