無垢材の保護のために蜜蝋ワックスを使ってみた感想

神代桂の無垢テーブルを住まいの伏見さんで作って頂き使用していますが、半年も使っていると食べこぼしや輪染み、原因不明のシミでかなり見た目がかわいそうな事になってきました。

早い内からビニールのテーブルクロスでも掛けておけば良かったのですが、見た目が今ひとつになるため、直に使っていたため当然ではありますがちょっと困った感じです。

「シミや汚れも思いでさぁ!~~」と強気でいましたが、直せる物なら直したい・・・・

最初は何気なく中性洗剤をつけたスポンジのたわしでごしごししてみましたが、なんと洗剤が新しいシミを作ってしまいますorz

その後しばらくは、お湯でぬらした布巾でひたすら拭くと言うことでしのいでいました。

そんな折、自然素材で体にも優しく無垢材のコーティングに良いという「蜜蝋ワックス」の存在をキャッチ!早速使ってみることに・・・・

楽天で300ml3150円、説明書を読むと、限りなくうす~~~~く伸ばしてくれとあります。

早速テーブルに塗ってみました。

これはいいです!
神代桂との相性がいいのか、蜜蝋ワックスを塗った場所では、すぐに染みこみ今までより深い感じの色に変わりました。

ちょうど木がぬれて水がしみこんで色が濃くなる感じです。
その上、今まであったシミもほとんど目立たなくなりました!!!!!

乾燥は半日程度と言うことなので半日程度待って見ましたが、色が戻ることもなく、シミもほぼ消えてしまいました!

グッジョブ!蜜蝋ワックス

ちょっと水を垂らしてみると、今まではしみこんでいましたが、ちゃんとはじいています!

これはいい物を購入したということで、脱衣所の洗面台周りの杉板やトイレの壁、トイレの手洗い周りの板などに塗りまくりです。

今のところ全てで水をはじいていい仕事をしています。

さらに特筆すべきは、玄関や土間の外側の柱や建具へのワックスがけ!
雨や外気にさらされ、柱の根元辺りがシミになっています。

この部分を中心に全体に蜜蝋ワックスを塗り込んでみたところ、雨のシミがほとんど目立たなくなり、ちゃんと水をはじいています!

これはほんとにいい買い物をしました。

無垢材の家にお住みの方!蜜蝋ワックスは超おすすめですよ!

ブロック塀に漆喰で白壁に その3

週末がやってきました。
いよいよブロック塀に漆喰を塗ってゆきます。

漆喰はホームセンターで25KG2100円で打っていた「富士かべ」を使用します。
まずは船に漆喰を移し、適量の水で解いてゆきます。

 

いい具合になっった、サラダオイルをコップ一杯入れます。
なんでも外壁を漆喰で塗るとき、サラダオイルを混ぜると長持ちするそうな・・・・

ネットの情報ってすごいですね~

さて練り終わったら一気に塗ってゆきます。

最初は小さなこてで塗っていましたが、らちがあかないので、でっかい板に漆喰を盛って、一気にブロック塀になすりつけてゆきます。

IMAG1596

 

IMAG1605

一通り出来たらここてを使ってでこぼこをならしてゆきます。
職人さんのように、むらなくぴっちりは不可能なので、こて跡を残す感じの「南プロバンス風」で仕上げてゆきます。

ここで注意点、みなさん、漆喰を塗るときにはゴム手袋をはめましょう!
漆喰が爪の中のい入り込み、乾くと大変なことに!とにかくめちゃくちゃ痛いです。
僕の場合、1週間位痛みました。
ゴム手袋は必須です。

漆喰の塗り方は下から上が基本のようなので基本の忠実にぬり進めてゆきます。

さあ、こんな感じ、どうでしょう!

IMAG1612

IMAG1617

無粋なブロック塀がすてきな漆喰かべに生まれ変わりました。
難しかったのはブロックの目地つぶしくらいで、あとは意外と簡単です。それも安上がり
へたにペンキを塗るよりも漆喰の方が安く出来るかもしれません!
お手軽DIYでおすすめです。