植木市に出かけた。

ゴールデンウイークに突入したので、気になっていた例の場所に出かけることにした。

植木市である。

なんでも我が岡山県には金光町という超有名な植木の産地があり、毎年ゴールデンウイークと、11月ごろの2回、大規模な植木市が開かれるのである。

今日も家内は仕事なので、子供達に「いいところいこ」と(植木市というとテンションが下がる)騙して出かけてみた。

金光町間では車で50分くらい、この日はあいにくの雨模様だったが客足は割と多いようだ。

いつまでも目的地を言わない訳もいかないので、
子供達に、これから行くのは植木市だよ、というと、案の定テンションダウン、仕方ないので「じゃあ、それぞれ欲しい木を一本買っちゃる、」となんとかテンション維持に務める。

リクエストでは上の子はデコポン、したの子はキウイということで話がついた。

我が家の庭にはすでにシンボルツリーのカイノキも生垣のツツジやレッドロビンも導入済みではあるが、最近園芸に目覚めた僕は興味津々である。

会場に着くとまずはデコポンとキウイさがし。

デコポンはスクに見つかり、1500円、その後いろいろとみていると、トキワマンサクの実物を初めて見た、かなり綺麗、その上この会場では1メートルくらいの大きなトキワマンサクガーランド700円と破格の値段で売られていた。

しまった、早まった。。。。
と思ったが、時すでに遅しである。

正直、最近意識してよその家の生垣をみているが、10軒中7軒はレッドロビンなのでありがちすぎて。。。。とおもっっていたところだっったのだ、さらに追い打ちをかけることが。。。。

ホームセンターで購入した我が家のレッドロビンの3倍はあろうかという枝ぶりの良いレッドロビンがいたるところで300円未満で売られているではないか。。。。

焦り過ぎは禁物である。

さらにいうと、餅は餅屋、植木は植木屋で買えということであった。

気を取り直して、キウイの気を探す、

あった、ふとみるとメス、と書いてありその横にオスと書いてある、
どうやらキウイにはオスとメスがあり、2本ないと実がならない、さらに木ではなく、ツルであることも判明、こりゃ、うちに植えるのはちょっと難しいぞ、ということでデコポンのみ購入した。

1500円だったが、1000円にまけてくれた、ラッキー

コメントを残す