住宅ローンの本申込、本気で焦った

週末、労金にて住宅ローンの本申請を行った。
プランナーの大倉さんの言うことには、だいたい一週間位で最終的にローンが可能か否かの連絡がくるという。権利書紛失の件でそうでなくとも進行が遅れ気味のため、ちょっとでも早くと気が焦る。

そして一週間経過、何の音沙汰もない。

一週間と2日、連絡なし

一週間と3日、連絡なし・・・・

たまらずに大倉さんに電話。

「どうなってるですかねぇ?」

「遅いですね~」

と、何の不安解消にもならない会話を交わす。

一週間と4日、連絡なし

一週間と5日、連絡なし

・・・・・・・・・・・・・

まさか、ここにきて、今更やっぱりだめでしたなんてのは、いくら何でも無いだろう。
とは思いつつも、遅い連絡に胃に穴があきそうだ・・

そして週末、結局今週は連絡はなかった。
気が重い・・

と、陰気な週末を送っていると、いつの間にか一通のメールが入っていた。

「大倉さんからだ!」

メールには

「お待たせしましたが、ようやくろうきんより連絡がありました。審査OKです。
早速、来週にでも、土地のつなぎ融資・・・・・・」・・

やった~

というよりも、良かった~
と、がっくり力が抜けた。

本当に遅かった、いったいなににそんなに手間取っていたのかと思いつつも安堵の土曜日となった。

コメントを残す