ブロック塀に漆喰で白壁に その3

週末がやってきました。
いよいよブロック塀に漆喰を塗ってゆきます。

漆喰はホームセンターで25KG2100円で打っていた「富士かべ」を使用します。
まずは船に漆喰を移し、適量の水で解いてゆきます。

 

いい具合になっった、サラダオイルをコップ一杯入れます。
なんでも外壁を漆喰で塗るとき、サラダオイルを混ぜると長持ちするそうな・・・・

ネットの情報ってすごいですね~

さて練り終わったら一気に塗ってゆきます。

最初は小さなこてで塗っていましたが、らちがあかないので、でっかい板に漆喰を盛って、一気にブロック塀になすりつけてゆきます。

IMAG1596

 

IMAG1605

一通り出来たらここてを使ってでこぼこをならしてゆきます。
職人さんのように、むらなくぴっちりは不可能なので、こて跡を残す感じの「南プロバンス風」で仕上げてゆきます。

ここで注意点、みなさん、漆喰を塗るときにはゴム手袋をはめましょう!
漆喰が爪の中のい入り込み、乾くと大変なことに!とにかくめちゃくちゃ痛いです。
僕の場合、1週間位痛みました。
ゴム手袋は必須です。

漆喰の塗り方は下から上が基本のようなので基本の忠実にぬり進めてゆきます。

さあ、こんな感じ、どうでしょう!

IMAG1612

IMAG1617

無粋なブロック塀がすてきな漆喰かべに生まれ変わりました。
難しかったのはブロックの目地つぶしくらいで、あとは意外と簡単です。それも安上がり
へたにペンキを塗るよりも漆喰の方が安く出来るかもしれません!
お手軽DIYでおすすめです。

“ブロック塀に漆喰で白壁に その3” への1件の返信

  1. ブロック壁に漆喰塗りで検索して、ブログ拝見させていただきました。 いろいろと参考にしています!
    今、自分もブロック壁に漆喰塗りを計画していて、
    ちょっとお聞き出来ればと思っているのですが、ノロでブロックの目地を埋めて、その後、漆喰壁からブロックの目地が浮かび上がってくることはないでしょうか?  大丈夫であれば自分のその方法でいければと考えています。下地のシーラー塗りとかも必要ないでしょうか?? ブロックと漆喰の剥離も大丈夫でしょうか?
    質問ばかりで恐縮ですが、ご教授いただければ嬉しく思います。

コメントを残す