節分前の引っ越しの儀

最近車ネタばっかりだが、ちゃんと本題の家の建築も着々と進んでいる。

現在家本体の大工工事はほぼ完了し、作り付けの家具の棚製作やサッシレールの工事などが行われているようだ。

そんな感じで転居までにいよいよあと1ヶ月となったが、その前にやらなければならない大事な事がある。

そう、「節分前の引っ越し」だ!

今をさること2年前、まだ家を建てる計画さえなかった時期に地元の良くあたるという祈祷師に今後のことを占ってもらった事がある。

この祈祷師さんには結婚の時もお世話になっていて、言われた通りにしたことで後々考えるとものすごく良かったという経験がある。

そんな事から特に家内は人生の大きな節目の時は参考にこの祈祷師さんの言葉をもらっていた。

そして2年前言われたことは、「夫(つまり僕)が本厄に突入する平成24年の節分までに家に住むか、それ以後家を建てるとしたら僕と家内の厄が明ける7年後かどちらかだ!」と言われていた。

その後、本格的に家を建てることになり、ちょっと節分のタイミングは難しいかもしれないぞ、ということで何とかならないか聞きに行こうとすると、なぜか祈祷師さんは長期不在中、どうやら入院されていたみたいで(90才近いご高齢)なんとそのまま亡くなられてしまった・・・・

それから2年、その節分がいよいよ近づいてきた。
残念ながら完成までには至らなかったが、伏見の大久保社長や上平さんと相談した結果、「形としてのの引っ越し&転居」を行う事にした。

準備第1弾は住民票の移動である。
これは家の登記にも必要であったため、さくっと完了。

引っ越しの定義は「最初に荷物を家に家に入れる日」と言うことのようなので、何を入れたらいいかなぁと家内と相談し、やはり日用品だろうと言うことになった。
そして準備したのは「箸と下着」、さらに引っ越し後食事をして「住んだ」と言うことにするため料理をつくって持って行くことにした。(本当は僕だけ一泊する予定であったが、まだ玄関もついていないためこれはやめた)

そして1月27日金曜日、大安で日取りもいい、「引っ越しの儀?」を執り行う。

ところで当日の昼間、突然タカラスタンダードさんから電話があり「あの~システムキッチンを運んできたんですが、現場に誰もいないんですが・・・・」

えっ?

ちょっと待ってください、といって伏見さんに電話すると
「えっ? わかりました」と言う反応?

その後伏見さんからタカラさんに電話をしてもらったが、何だったのだろう?
もしかしたら今晩もうキッチンがついてるのかな♪

と期待が膨らむ。

そして夜、会社から帰るとメンバー(家族)はすでに準備万端整っていた。
4人で家に向かう。
真っ黒なのでキャンプ用のガスランタンを使うといい感じで家の中が明るくなる。

さらに工事用の蛍光灯をつけて光を確保

おっと、残念ながらシステムキッチンはまだついておらず、今の真ん中にドカーンとでっかい荷物として置いてあった。
まずは引っ越しの荷物をいえにおいて引っ越し完了!
つづいてご飯、キャンプ用のテーブルをだして、作ってきた料理を並べる。
メニューは炊き込みご飯のおにぎりと大根の煮付け、鶏の唐揚げ。

いただきま~す

 

ということで「引っ越しの儀」完了した。
これで運も開けたかな?

家の完成もいよいよ目前です。

 

設計打ち合わせ&ローン仮申請

家内と子供の四人で、上平さんの事務所に向かう。

上平設計の事務所は岡山自動車道のインターを降りてすぐの場所なので、我が家からなんとなく近く車で45分くらい。

途中下の子が車酔いでコンビニで休憩したこと以外は滞りなく設計事務所に到着した。
そう、家造りはぼちぼちと進んでいるが、家内と上平さんがまだ会っていなかったため、本日は初顔合わせとなる。

当然、ショールームである上平さんの自宅も家内にとっては初お披露目だ。

到着後、まずは事務所で打ち合わせ、こちらの要望や予算が厳しいことなどぶっちゃけトーク・・・。

また、家内は以前祈祷師に言われた、来年の節分までの引っ越しがたまらなく気になるらしく、工事期間や風水的な事なんかも聞いていた。

祈祷師に言われた事とは、僕が厄年を迎えることから、家を作るのであれば、来年の節分までに決着をつけろ、と言うものなのだが、上平さんの言うには、こんなことはよくあるはなしで、住所のみを移して、家具を何かひとついれて、その場で火を使う、などなど色々な方法があるらしい。

過去の上平さんの手がけた家の写真なんかも見せてもらった。
なかにはコストダウンのために、休日は施主がペンキで自宅の壁を塗ったとかいろいろと聞かせてもらった。

かなり楽しそうなので、我が家もそんな感じで行きたいものだ。

こちらの要望を大体伝えたあと、家内ともに上平さんの自宅を見学させてもらう。

自宅だけあり、上平氏の奥さん(美人)もおられ、使用感など色々と聞いた。

そうそう、上平氏の自宅のキッチンはアイランドタイプでとてもかっこいいのだが、吾が家内はどうしてもこの目隠しのないタイプが嫌らしく、段差をつけて手元が隠れるタイプにしたいらしい(フラットの方がかっこいいのになぁ~~~)

本日の設計打ち合わせはこれにて終了、かなり具体的に家の形が見えてきた。

近くの丸亀製麺でうどんを食った後、本日もう一つの山、金融機関への仮申込に向かう。

ターゲットは”ろうきん”、ちなみに残念ながら「僕」の信用力(独立2年目、収入普通)では住宅ローンの申請は無理との結論にいたり、主債務者は家内(勤務14年)でゆくことにした。

食事後岡山のろうきん住宅ローンセンターに向かう。
このたびはプランナーの大倉氏、そして朝から引き続き上平氏も同席してくれた。

ローンセンターにて概要を聞き、その後仮申込・・・・とりあえず反応は良さそうだ。
この申込の後、予備審査が有り、一週間後くらいに結果がわかるらしい

ココが登竜門だ! お願いします!!!とおして!!

祈祷師に見てもらう

そんなに信心深い方ではないが、うちのかみさんは結構そう言うところを気にする。
そんなわけで、地元で有名な祈祷師に家を買うタイミングを相談してみることにした。

この祈祷師さん、地元では相当当たる有名な人で、神社は商売っ気のない質素なところ、実は結婚する前に結婚について見てもらったことも有り、まんざら知らないわけでもない。

それでいろいろとみてもらった結果、驚くべき答えが!

「あんた、来年厄じゃから、家建てるなら、来年の節分までに建て、それを超えたら、次に建てられるのは2年後じゃな」

「・・・・・・・・・・・・・・・・。。」

なんということでしょう、期限を切られてしまった!
と言うことはあと1年しかない・・・・

さて、本当にあと一年で家は建つのか?!