本日、引っ越し当日

朝ご飯を食べていると、午前8時頃、「ぴんぽーん」とガス屋さんが閉栓に訪れた。
ガスの閉栓やガス器具の取り外しはガス屋に頼まなくてはならないという決まりがあるらしい。

10分ほどの作業でガスは終了、そのご、しばらくすると、またもや「ぴんぽーん」
さあ!いよいよ引っ越し屋だ!

結構男前のリーダー格の30代男性を筆頭に男性3人、女性1人の4人体制である。
これで2段ベットや婚礼家具、冷蔵庫にダブルのマットレス、無数の箱たちを下ろして行く。

早々かきわすれていたが、我が家は5階建ての4階で、エレベーターはない。これらすべての荷物はすべて人力で運び出さなくてはならない。


そして作業開始。

ビホア-アフターで見るような「養生」を行うとやおら荷物を運び出しはじめる。
その手際の良さはさすがとしか言いようがない。

荷物は次々と運び出され、婚礼家具は分解され、2段ベットも分解される。

外に控えているのは2トン車2台。

その間、僕はケーブルテレビの工事や本日新宅宛に届く荷物を受け取るために一足先に新宅に向かう。

新宅で待っていると、まずやってきたのがケーブルテレビの工事の人、外の配線は事前にしていたらしく、本日は家の中の配線にきちんと信号が来ているかのチェックを行い終了。

そのご、しばらく待っていると、今度は洗濯機が届いた、パナソニックの「NA-VX3001L-W」ヒートポンプ式のにくい奴だ!

洗濯機も最初はカカクコムで激安を購入し自分で配置しようと思っていたが、これは電気屋のお買い得品を見つけて正解だった。

とにかく重そう・・・
屈強な男2人が顔をゆがめながら運び込んでいる。

「重そうですね~」と訪ねると

「めちゃくちゃおもいですよぉ」と帰ってきた。

なんとかトラックから家の玄関前まで運ぶと、家の中の移動は毛布に乗せてフローリングを滑らせて行く。

「soden」さんと言う業者さんであったが、我が家を見るなり、「すごくいい家ですね~、ご主人がこだわられたん?」と褒めてもらえたので、

「いや~僕よりも、設計士さんと工務店さんがこだわられた結果です、ありがたいです」と答えた。(これは本当の話)

その後もやたらと褒められたが、一番うれしかったのは
洗濯機を所定の場所に設置した際、

「わ~きもちいい~~」と業者さん

「どうしたんですか?」と訪ねたところ。

「ぽんと置いただけで、水平が取れましたよ~ 」と驚いている

なんでも洗濯機には「水平器」がついており、洗濯機設置の際には水平をとる必要があるそうだが、ぽんと置いてすぐに水平になることは希、というかほとんどないと言っていた。

「いい仕事、してますね~」とソーデンさん。

こんなところをがきっちりと作ってあるのだと、改めて知った。
(すごいね!伏見さん!)

そんな事をしていると、もうお昼である。

一度アパートに戻ると、義父がお弁当を買ってくれていたので食べる。
引っ越し屋さんも休憩中の様子。

取りあえずは午前の部は終了のようだ。

そして午後の部開始。

大きな荷物はなるべく最後になるらしく、ボスキャラたちを屈強な男や女が下に運んでゆく。

再び僕は新居に戻り、荷物がやってくるまで待機。
電話で2:30分頃到着予定の連絡が入る。

そして来た

2トントラック2台が横付けされると、つぎつぎと荷物が新居に運び込まれて行く
つど「これはどこに入れましょうか?」と聞かれるため、もっと置く場所をしっかり箱に書いておけば良かったと後悔する。

こちらの手際も早く、アパートで分解された家具たちは瞬く間に組み立てられてゆく。


その後数時間、同じような作業が黙々とつづく。

もうへろへろだ、こちらもへろへろだが引っ越し屋さんはもっとへろへろだ。
途中我が家の荷物はことのほか多かったのか、近くで作業をしていて、終了したという部隊も合流して運び込みはつづく。

午後6時頃、ヤット終了。
リーダーの人が確認作業を行い、終わったとの報告をうけた。

「お疲れさまです。」
全員に挨拶をすると、アート軍団は颯爽と去って行った。かっこいい~~

そして我が家には段ボール箱の山が・・・・・

しかし、本日はまだ終わらない・・

完成見学会と 我が家の受け渡し

本日2月19日は我が家の受け渡しの日である。
ついに、この日がやってきた。(感慨深い)

さて、受け渡しとは工務店と設計事務所と施主で家の各所を見て回り、最終的にOKですと言うことで署名捺印を行い、鍵を受け取ることをいう。

この日、家内は午後3時過ぎまで仕事だったため、受け渡しの時間は午後4時とした。

あさ、9時30分頃だろうか、住まいの伏見の電気屋さんから電話があり、ポストの位置を決めるので来て欲しいという。

早速子供2人をつれて我が家に向かう。

現場では電気屋さん一人と大工さん一人が最終的な工事を行っていた。

しばらく話をしていると「住まいの伏見」営業の西川さんも合流、プレゼント価格で作って頂いた「ダイニングテーブル」を持って来てくれていた。

話にはちょっと聞いていたが、実物を見るのはこれが初めて、ちょっと濃い茶色の雰囲気のある無垢のダイニングテーブルで、かなり重く、電気屋さんと大工さんと西川さんでヤット搬入、リビングの中央にで~~んと置かれた。

「これが神代桂(じんだいかつら)のテーブルです。」と西川さん

「これが神代桂ですか」と僕

神代桂とは数百年から数千年土の中に埋もれていた桂の木で、とにかく堅く、とにかく珍しいらしい。

大きさは2m×1.4mくらい。

チャームポイントにテーブルの中央部に「なすのマーク」が!

なんでもこのなすの部分はちょうど朽ち果てて腐っていた部分らしい。

住まいの伏見の凄腕職人集団の中でも最長老の方の作品というのでさらにありがたい!

「これでご飯食べるのなんかもったいないようですね~」と僕

そんな事を聞いていると電気屋さんが、「ポストの位置きめてくれるかな」とのことなので、「ポストはこのあたりにお願いします」と玄関の手前一メートルくらいのところをお願いする、やおら作業開始、あっという間にポストは設置完了した。

そこで電気屋さん「インターホンはどうします?このポストの横に付ける?」と質問

僕としては現在のポストの位置は外構工事の終わるまでの暫定のつもりなので、
「あの~インターホンはポストとは独立したポールに付けたいんですが・・・」

「ああそう 」と電気やさん

「じゃぁぼく、ちょっとよさそうなポールをホームセンター行って買ってきますね~」

と電気屋さんを残しインターホンの買い出しに出かける。

最初は「枕木」みたいなのにインターホンを付けるとかっこいいなぁ~と思ったが、実際ホームセンターに行ってみると売っている枕木は本物では無く、それもかなりでかい、・・・
ちょっとイメージ違うなぁ~といろいろ物色した結果、焼きの入った「木の杭」を一本購入して家路についた。

現地に帰るとかなりの人数になっている。

この日は我が家の「完成見学会」で「上平設計室」「住まいの伏見」各社のこれから家を建てるお客さんが我が家を参考に見学に訪れている。
上平設計室の上平さんもやってこられ、見学のお客さんにいろいろと説明、言葉にも力が入っている(かな?)

こんな田舎までご苦労様です、と思いつつお客さんを眺める、夫婦で来られた方、おじいさんやおばあさんと来られた方、小さな子連れの方・・・様々である、隅々まで我が家を見てもらえるものうれしいような、恥ずかしいような・・・

そんな人がいっぱいの中、インターホン設置作業はつづき、10分くらいだろうか?
インターホンの設置も完了。

パナソニックのカメラ付きインターホンで試しに押してみると「ピンポーン」となる。
インターホンを押しただけでテンションが上がるのもの今だけか!

さてそんな状況下でも見学のお客さんはいろいろと我が家を見て回っている。

そんな方々のコメントも気になりながらも「聞きたいような・・聞きたくないような・・」

そんなこんなで、あっという間にお昼に突入。

この頃になると、近所の「我が家が気になっていた方々」もイベントに気がついて見学に来られる。

近所のひとには今後のつきあいもあるのでやおら接待も気をつかう。

「どんな家になるのか、興味津々だったんよ~」とお言葉を頂く
今日の16時までです、とつたえると、ご主人がどうしてもみたいと行っていたと言いながら連絡を取っている方なんかもいる。

13時前くらいだろうか、住まいの伏見の大久保社長もご婦人と一緒にあらわれて、上平さんと3人でいろいろと確認、キッチンのIHヒーターの奥に小さなガラスの壁(?)見たいのをお願いしていたものが、どうやらついていないと言うことで設置をお願いした。

2回の本棚も真ん中に支えが無くちょっとたわんでくるかな?と個人的には思ったが、大久保社長、上平さん共にたぶん木が厚いから大丈夫とのことなので、取りあえず様子を見ることにした。

2階の杉板の床のメンテナンスについて訪ねたところ、大久保社長が「水性樹脂をぬればいい」的なことをおっしゃっていたのだが、その後忙しくて詳しく聞きそびれてしまった・・・・これはおいおい聞かなくてはいけないなぁ

あと、外構工事もお願いしているが、これまた超低予算のため「4月までちょっとまって」とのこと、外構に関してはまたレポートしよう。

昼過ぎにも第2陣のお客さんが来訪、近所の方も含めると思いの外多い来客となった。

そして夕方、仕事おわりの家内が合流して最終的な話し合い。

ここでの話は主にお金のこと、銀行からの振込がいくら、それ以外に伏見さんに立て替えて頂いている建築費以外のお金の明細の説明(システムキッチンのグレードアップ差額分、ユニットバスのグレードアップ差額分、テーブル代、水道の負担金、建物登記の司法書士への代金、税金など)総額120万円くらいかな・・・(働かねば・・)

そして捺印

日も暮れてきた。

挨拶をして、大久保さんも 上平さんも 西川さんも 家路へと変える

家族だけになって改めて家を見る。

すごく素敵だ。

このブログの前半部分にもあるように、途方に暮れていたのが嘘のようだ

予算的にも、満足感的にも、品質的にも
すべてにおいて上平さんにお願いして、伏見さんにお願いして 本当に良かったとおもう。

ブログはまだまだ続きます。

ついに工務店決定

設計士の上平さんから施工業者が決定したと言う連絡が入った。

当初、3社程度で相見積もりを行いその中から業者を選定するという予定だったのだが、相見積もりをとるまでもなく、今回あたりをつけた施工業者は何かと「すごい」という。

相見積もりをとる場合、選定となる概算見積もりを作成に、いかにそのラインに近づいてくるかが勝負となるらしいのだが、今回上平さんが絶賛しているこの施工業者は、こちらの出した概算見積もりの額ピッタリで工事を行い、追加はいっさいいらない!と言い切っているらしい。
結局相見積もりをとることもなく、その業者に依頼することになった。

そして、本日その業者に会うべく、出かけてきた。
待ち合わせは岡山の2号線バイパスにあるファミリーレストラン。
その後、設計の上平さんと一緒に、施工業者である「住まいの伏見」の西川さんという方と合流し、まずは本日上棟式を行っているという現場を見せてもらうことにした。

待ち合わせ場所から20分程度走って現場に到着、上棟式だけ合って大工さんがずらりいるほか、施主らしき人もいて、みんなにアイスを配っている。

「どうもはじめまして、お邪魔ですが見学させてください。」と施主さんにご挨拶すると、子供にとアイスをいただいた!

この家について説明を受ける、なんでもこの家の梁には、いままで神社で使われていた一本の巨大な梁が使われていると言うことで、なるほどなんだか立派な梁が付いている。

なんでも「暮らしの伏見」さんは、日本の伝統工法にこだわり、大工さんもすべて社員と言うことらしい。

しばらく見学をしていると、「暮らしの伏見」の社長さん夫婦らしき人が到着したのでかるくご挨拶をして次の現場へ。

次に案内されたおうちは2階建ての和風の家で9割方は完成している感じだった。
外装は岡山県で伝統的に使われている「焼杉」で、内装は床にはカバザクラのフローリング、壁は全室漆喰塗りと言うことだった。

さらに2階に上がると天井は梁の見える勾配天井で、梁の中心に巨大な丸太が家の端から端まで一本通っていた!

「かっこいい!すごい!」と歓声を上げて喜んではいたが、内心我が家の予算でいったいどんなのができるのか(なにぶん少ない!)不安にもなってしまった。

その後、西川さんと雑談をしていたところ、伏見の社長さんの人柄を教えてくれた。

「うちの社長はいい車には乗らないんですね~、そんな金があるなら”木”を買う、それをやすく使ってあげればお客さんが喜ぶからなぁ~ って言ってねぇ~」
(ちなみにTOYOTAのビッツ(旧)に乗られていた様子)

そんな話をきいて、かなり好感度アップな感じだ!

本日はこれにて見学終了、現地解散をして家内、子供とともに帰宅。
希望と不安でいっぱいの一日だった。

上平設計室の事なんかもちょっとかいておこう。

上平設計室の事なんかもちょっとかいておこう。

設計士の上平さんとは、全く面識はなかった、ハウスメーカーのつれない態度にいやけがさしていたたタイミングで偶然見つけたのが上平設計室のホームページだった。

そのホームページを見た僕は、翌日には直接事務所に話を聞きにいっていた。
上平さんは一級建築士で僕より十歳くらい年上?だろうか。
ご自分で設計された自宅兼事務所で美人の奥さまと暮らされている。
氏のブログをみると、音楽(特にロック)がすきで、あと映画も好きで、スポーツジムなんかにも通われているらしい。

家の他にも、老人ホームのリフォームや、集合住宅何かも手掛けられているらしい。

そんな上平さんだが、会いにいった当日に、家の設計を依頼してしまった。
勢いというか、タイミングでというか、巡り合わせというか、不思議なことに今までまるで決まらなかったことが、ジグソーパズルのピースがスコンとはまるような感じでしっくりとはまった感じがした。

ちなみに、ホームページを見て直接やって来て、その場で決めたのは、僕がはじめてらしい。

その後は、上平さんに様々な案の図面を作っていただいた。
どれもよかったが、建築士さんだけに本当に自由に設計をしてもらえる、プランを立てている段階では、「本当にこれが予算内でおさまるの?だろうか
」と不安になるほどだった。

さらに特筆すべきは、打ち合わせ中に変更があったり、アイデアが浮かんで、仕様を変更してもすぐにその場で新しい図面を何度でも書いてくれる。

とても頼れる感じなのだ。

さて、そんな上平さんとの打ち合わせも、初期段階を終え、いよいよ家を実際にたててもらう工務店の決定段階に移る。

現在三社程度の候補があるらしく、選定中とのことらしい。
次もいい出会いができるといいなぁ。