家作り成功失敗記

一戸建ての家造りを決意した4人家族の物語です。

Tag: 住宅ローン

住宅ローンのお話 お金のお話

2月4日、節分後の最初の週末です。
この日ろうきんに最後の住宅ローン手続きに向かう。

岡山ろうきんの住宅ローンセンターは土日も営業していて(水曜日定休)仕事中に抜けて行かなくてもいいので助かる。

当日は住まいの伏見の営業西川さんとろうきんで合流の後手続きに入る。

支払についてもちょっと詳しく書いておこう。
我が家の場合住宅ローンは土地建物の合計金額を借りることとなった。(金額は秘密♪)

土地の決済は当て物よりずっと前で銀行決済は僕ら夫婦と、土地の売り主、司法書士さん、(そのときはプランナーの大倉さん)の4者立ち会いで行われ、最初のつなぎ融資の手続き後、ろうきんの職員さんが土地代金を地主に振り込み、残りの費用(登記費用、プランナーの費用など約60万円)を現金でもってこられ、その場で決済した。

建物の支払に関してはまず契約時に伏見さんに100万円、その後上棟式の時に残金の60%、この後控えている家の引き渡しのタイミングで残りの40%がろうきんから伏見さんへ支払われる。

上棟式後の60%の支払の際も事前にろうきんに出向いて2回目のつなぎ融資の手続きを行っている。

そして今回が3回目、これでろうきんでの手続きは終了となる。
ちなみにつなぎ融資の度に団体信用生命手続きが必要みたいで、その都度書類を記入した。

あと、今回は火災保険にもろうきんから加入、当初30年一括支払いも考えたが、一括も年割りもさほど変わりが無いため、初回の楽な年払いとした。

今回は精算となるので、前2回のつなぎ融資の利子も請求され、最終的にろうきんから伏見さんに支払われる金額は(総借入額)-(一回目つなぎ融資額)-(2回目つなぎ融資額)-(2度のつなぎ融資時の利息)※意外なほど安かった!-(諸経費・火災保険代・事務手数料・印紙代など)となる。

足りない分は、後日伏見さんから請求書がやってくるらしい。

今後の伏見さんへの支払は、外構制作費用・造成費用・テーブル代(無垢の一枚板で作ってくれている!)・システムキッチン&ユニットバスで見積もり後にグレードアップした分の差額、エアコンなどの取り付け費用等々(まだあるかなぁ・・・こわい・・)
エアコンは20畳用8.5KWの大容量をNETで購入して伏見の大工さんに取り付けてもらう予定。(でかいエアコンはネットが遙かに安いですよ~~)

外構は当初ほとんど考えていなかったが、やはり必要です。
で、絞り出しました・・・・

あと、ケーブルテレビの初期費用に、テレビ代、ソファー、各種収納(ほとんど作り付けです)
そうそう、上平設計さんへの最後の支払持ちかずいてきた。

冷蔵庫と洗濯機を購入予定だったが、ちょっと厳しいかもしれない・・・
なのでこの2つはちょっと保留。

あっ、米びつも必要、洗濯乾し棒も・・・・まだまだいろいろいるなぁ~

ほとんどメモ書きになってしまったが、ろうきんの話に戻る
ろうきんの現在の金利はめちゃくちゃ安い 平成24年2月時点で0.95%!
やすい!

僕らが使ったプランは3年ごとに見直しがあり、最初の3年は0.95%3年後に金利の見直しがあり、予定金利か、その時の金利の安い方が適応になりその後3年、さらにその3年後にまた見直しがあり・・という感じ、ちなみに3年ごとの見直し時に5年固定・10年固定に変更することも可能らしい。

長期金利・・・この後どうなるかなぁ~~~~~~

と言う具合で、僕的にはかなり緯線行っている住宅ローンだと思う。
あと、繰り上げ返済が1万円から可能で手数料がかからないというものポイントが高い!

そんなこんなで、いよいよ3月から住宅ローン開始
これから30年かぁ~長いなぁ~
がんぼろ

 

家もずいぶん出来てきた

玄関前のアプローチは石です!

高血圧が生命保険に入る。

生命保険のお話

住宅ローンの手続きも完了し、土地代・及び建物の最初の決済が完了した。
最後の支払は建物の引き渡し後となるが、それもあと2ヶ月程度、そしていよいよ住宅ローンの返済がスタートするわけだが、住宅ローンと言えばかならず入らなければならないのが団体信用生命保険と火災保険である。

さて、今回はその生命保険のお話、我が家の場合主債務者が家内(僕は自営業者のため主債務者にはなれなかった)のため、当然団体信用生命保険も家内が入ることになる。ろうきんの場合団信の保険料は毎月の返済額の中に含まれているらしく、保険だけの料金が表に出てこないため何となくお得感がある。(実際のところ普通に保険料は必要なのだが)

しかしここで問題なのは僕が死んだ場合となる。家内にもしもの事があった場合、保険で事が終わるために僕的には問題ないが、僕が死んだ場合、大変な重圧が家内にのしかかることになる。

このため僕が「死亡保険」に加入する必要が出てきた。
ところがである、実の僕は血圧が高い、その上昔痛風歴がある。このため現在加入している「全労済」の共済保険は今となってはプランアップさえできない状態となっている。

症状はごく軽いもので、入院歴もなく健康診断で何度か血圧が高かったため、医者が「血圧の薬をはじめましょう!」と言うのりではじめたものだった。
あと、痛風に関しても数年前に一度発作が出て、それ以来何年も薬を飲み続けているが、それ以降発作は出ていない。

という感じの症状ではあるが、残念ながら「高血圧」も「痛風」も生命保険の告知義務に該当すると言うことで全労済ではアウトとなっていた。

これまで生命保険についてはかなりおざなりにしてきたが、実際に入ろうとするとこれらの症状により如何にハードルが高いものになっていたことか・・と言うぐあいだ。

と言うことでまずはNETで調べる。
調べてみると、こういった「持病・既往症」があっても加入できる保険はいろいろとあるがどの保険も一応に普通の保険よりも保険料が高いのに、普通の保険よりも保証が薄い!その上「死亡保険」ともなると本当になくて、あっても死亡時の保険料が最高でも数百万円しかないものがほとんど。

これには本当に焦った。

しかし、最近はちゃんと告知さえすれば普通には入れるとか、いろいろな書き込みを発見する。実際のところその人それぞれという感じのようだ。

最初にチャレンジしたのは「ネクスティア生命」と言うWEB専業生命保険、何でも満足度がTOPと言う触れ込みが踊っている。
NETの申込オンリーのため早速入力してみる、まずは住所や名前、年収や仕事などを入力、その後「告知画面」正直に高血圧と痛風の事を入力して「次に」ボタンを推したところ
「お客差な情報を弊社基準にて審査致しましたところ、残念ながらお申し込みいただけません」と言う画面が表示され、それ以上進めなくなってしまった。

「が~~~~~ん!」
基準も何も告知したら全部アウトかよ!!!
と思いつつ、今度は一括申請サイトを使って片っ端から資料請求してみる。

ちなみにいろいろと試してみると「DIY生命」が妙に保険料が安い。
これは魅力的だな~と思っていたが、どうやらここは毎年更新で保険料も毎年更新となるみたいだ、ここはやはり終身保険的なものがいいのではと思った。

一括資料請求後は電話の嵐と、大量の資料が届く。
特に「アフラック」などはプランごとに一つの封筒で大量の資料が届く、あまりの多さに見るのが面倒くさくなる。

ここで頭一つ抜けたのが「三井生命」だった。
2日後、直接営業さんが訪れ、「持病持ちでも加入できる保険」や「普通の保険」など、いろいろと説明してくれた。
なかでも「たとえ既往症があったとしても、きちんと治療されていて現在問題がなければ加入できる可能性が高い」と教えてくれたのには喜んだ。

営業さんの話では、最近はきちんと告知さえしてくれれば、普通の保険に入れる可能性が非常に高くなっていると言うことだった。

ただし、「現在飲んでいる薬」「健康診断の結果の紙」などは必要らしい。
全く門前払いだったどこかの生命保険とは大違いだ。

既往症がある人は営業さんにとりあえず相談してみることをお奨めする。

ちなみに日本生命さんもOKだったが最終的に保険料的に割安だった三井生命の「ベクトルX」に決定した。

しまし、まさか生命保険に入るのにこんなに苦労するとは思わなかった。
健康な皆さんは健康なうちに加入しておくことを心からおすすめする。



住宅ローンの本申込、本気で焦った

週末、労金にて住宅ローンの本申請を行った。
プランナーの大倉さんの言うことには、だいたい一週間位で最終的にローンが可能か否かの連絡がくるという。権利書紛失の件でそうでなくとも進行が遅れ気味のため、ちょっとでも早くと気が焦る。

そして一週間経過、何の音沙汰もない。

一週間と2日、連絡なし

一週間と3日、連絡なし・・・・

たまらずに大倉さんに電話。

「どうなってるですかねぇ?」

「遅いですね~」

と、何の不安解消にもならない会話を交わす。

一週間と4日、連絡なし

一週間と5日、連絡なし

・・・・・・・・・・・・・

まさか、ここにきて、今更やっぱりだめでしたなんてのは、いくら何でも無いだろう。
とは思いつつも、遅い連絡に胃に穴があきそうだ・・

そして週末、結局今週は連絡はなかった。
気が重い・・

と、陰気な週末を送っていると、いつの間にか一通のメールが入っていた。

「大倉さんからだ!」

メールには

「お待たせしましたが、ようやくろうきんより連絡がありました。審査OKです。
早速、来週にでも、土地のつなぎ融資・・・・・・」・・

やった~

というよりも、良かった~
と、がっくり力が抜けた。

本当に遅かった、いったいなににそんなに手間取っていたのかと思いつつも安堵の土曜日となった。

新築と確定申告

今回は確定申告のお話。
現在開業して2年目の僕は銀行にたいしてほとんど信用力がない。
しかし、昨年から何とか住宅ローンを通すために昨年の確定申告では本来掛かったはずの経費のほとんどを事業主貸しに計上し、遜色のない利益を上げてみた、実にその前の年の2倍!

そして、その行為が恐ろしいことに・・・・・

まず、実際に申請した住宅ローンに関しては、信用力の僕では難しい(涙)というアドバイザーの意見から、家内の名義でろうぎんより借りることとなった、それに先駆けて、一応僕の確定申告の書類(3年分)を提出したところ、ろうぎんでは「借り主の収入を見る際は3年分の収入の一番少ない!額を参考にする」という。その上自営業であっても、あくまで見られるのは年収であって年商ではない。

・・・・ということは、今年の収入増額、何の意味も無いじゃん(涙)・・・・と思っていたら、全然他の場面で意味がアリアリだった。

そう、払わなければならない税金が倍増してしまった!
これはもう泣くに泣けない事態であるが、今後こんなことを考えている人には参考にして欲しい。

まず所得税だが、これはもう間違いなく上がる。
まぁ、これは確定申告の書類を作った時点でわかることなので織り込み済みだが、半年ほど遅れて奴らはやってきた。

まずは、市県民税、昨年より倍増・・・

その1ヶ月後、健康保険税、昨年より倍増、さらに扶養している2人の子供の分も倍増、つまり3倍になってしまった。

さらに、数週間後、見慣れない封筒が・・・「個人事業税」と言うのがやってきた。
どうやら一定額以上の利益が出ている個人事業主のところにくるらしい・・・

結局、住宅ローンの審査に真全く関係なく、単なる増税を招いてしまった。
勉強不足のための大失敗である。

来年は、普通に戻すぞ!!!と息巻きながら、もう少し確定申告の勉強をすると、
見逃すことのできない重大な規則を発見!!

現在の借家は50:50の比率で事務所として使っているため、家賃の半分を経費に計上しているが、持ち家の場合、自分名義以外の持ち家では経費の計上ができない。

さらに土地の取得に関しては自分名義であっても経費扱いにはならない(資産の取得のためらしい)。

さらに住宅ローン減税だが、ローンを共同名義で借りている場合、名義人両方ともローンの控除が可能となるようだ。

ローンを家内が借りるため、当初すべて家内名義にするつもりだったが、このまま進むとえらいことになるところだった。

ということで、プランナーの大倉氏と相談し、家・土地・ローン・すべて僕と家内の共同名義とすることにした。
比率は50:50でローンの主債務者は家内・僕は共同債務者と言うことに変更、ローンの仮審査後の変更ではあったが、主債務者は変わらないため、手続きは問題無く終了した。

このあたりのことは自分で調べないとなかなか誰も教えてくれない。
これから家を検討している自営業者さんはよく調べて行動しよう!

設計打ち合わせ&ローン仮申請

家内と子供の四人で、上平さんの事務所に向かう。

上平設計の事務所は岡山自動車道のインターを降りてすぐの場所なので、我が家からなんとなく近く車で45分くらい。

途中下の子が車酔いでコンビニで休憩したこと以外は滞りなく設計事務所に到着した。
そう、家造りはぼちぼちと進んでいるが、家内と上平さんがまだ会っていなかったため、本日は初顔合わせとなる。

当然、ショールームである上平さんの自宅も家内にとっては初お披露目だ。

到着後、まずは事務所で打ち合わせ、こちらの要望や予算が厳しいことなどぶっちゃけトーク・・・。

また、家内は以前祈祷師に言われた、来年の節分までの引っ越しがたまらなく気になるらしく、工事期間や風水的な事なんかも聞いていた。

祈祷師に言われた事とは、僕が厄年を迎えることから、家を作るのであれば、来年の節分までに決着をつけろ、と言うものなのだが、上平さんの言うには、こんなことはよくあるはなしで、住所のみを移して、家具を何かひとついれて、その場で火を使う、などなど色々な方法があるらしい。

過去の上平さんの手がけた家の写真なんかも見せてもらった。
なかにはコストダウンのために、休日は施主がペンキで自宅の壁を塗ったとかいろいろと聞かせてもらった。

かなり楽しそうなので、我が家もそんな感じで行きたいものだ。

こちらの要望を大体伝えたあと、家内ともに上平さんの自宅を見学させてもらう。

自宅だけあり、上平氏の奥さん(美人)もおられ、使用感など色々と聞いた。

そうそう、上平氏の自宅のキッチンはアイランドタイプでとてもかっこいいのだが、吾が家内はどうしてもこの目隠しのないタイプが嫌らしく、段差をつけて手元が隠れるタイプにしたいらしい(フラットの方がかっこいいのになぁ~~~)

本日の設計打ち合わせはこれにて終了、かなり具体的に家の形が見えてきた。

近くの丸亀製麺でうどんを食った後、本日もう一つの山、金融機関への仮申込に向かう。

ターゲットは”ろうきん”、ちなみに残念ながら「僕」の信用力(独立2年目、収入普通)では住宅ローンの申請は無理との結論にいたり、主債務者は家内(勤務14年)でゆくことにした。

食事後岡山のろうきん住宅ローンセンターに向かう。
このたびはプランナーの大倉氏、そして朝から引き続き上平氏も同席してくれた。

ローンセンターにて概要を聞き、その後仮申込・・・・とりあえず反応は良さそうだ。
この申込の後、予備審査が有り、一週間後くらいに結果がわかるらしい

ココが登竜門だ! お願いします!!!とおして!!

住宅ローン 通るかな?

会社の近くのスタバでお昼休みに上平さんと打ち合わせ。

本日の打ち合わせは、家造りのための予算や現在の我が家の資金状況のすりあわせがメインとなる。

あと「ホームトータルプランナー」という今回の家作りをトータルでサポートしてくれる人物、大倉さんを紹介していただいた。

大倉さんは中肉中背で僕より数才年上?の物静かな方で、合うなり各金融機関の住宅ローンの状況について、事細かく説明してくれた。

そうかぁ、たしかに設計士さんは設計がメインでハウスメーカーの「営業さん」的な役回りの人が必要だよなぁ、と妙に納得した。

この打ち合わせのために、事前に家内と現在の我が家の資金状況についてまとめていたものを大倉さんに見てもらう・・・どきどきだ・・・

「そうですね~~特に問題は無いんじゃないでしょうか

これならば、おそらくどこの金融機関でも借りられると思いますよ」!!

心強いお言葉をもらった。
と言うのも、我が家の家作りで最大の懸念事項は「ローンが通る否か」である。

僕と言えば2年前に独立したばかりで、まだ実績がまるで無い。
その上、収入もたいしたことは無い、上のホームプランナーの大倉氏との話のなかでも、ローンに関しては僕と家内の両方で申請してみて、通りやすい方で借りようという作戦だった。

ちなみにターゲットの金融機関は「ろうきん」と「農協」
さて本当にローンは通るのか!?