住宅ローンのお話 お金のお話

2月4日、節分後の最初の週末です。
この日ろうきんに最後の住宅ローン手続きに向かう。

岡山ろうきんの住宅ローンセンターは土日も営業していて(水曜日定休)仕事中に抜けて行かなくてもいいので助かる。

当日は住まいの伏見の営業西川さんとろうきんで合流の後手続きに入る。

支払についてもちょっと詳しく書いておこう。
我が家の場合住宅ローンは土地建物の合計金額を借りることとなった。(金額は秘密♪)

土地の決済は当て物よりずっと前で銀行決済は僕ら夫婦と、土地の売り主、司法書士さん、(そのときはプランナーの大倉さん)の4者立ち会いで行われ、最初のつなぎ融資の手続き後、ろうきんの職員さんが土地代金を地主に振り込み、残りの費用(登記費用、プランナーの費用など約60万円)を現金でもってこられ、その場で決済した。

建物の支払に関してはまず契約時に伏見さんに100万円、その後上棟式の時に残金の60%、この後控えている家の引き渡しのタイミングで残りの40%がろうきんから伏見さんへ支払われる。

上棟式後の60%の支払の際も事前にろうきんに出向いて2回目のつなぎ融資の手続きを行っている。

そして今回が3回目、これでろうきんでの手続きは終了となる。
ちなみにつなぎ融資の度に団体信用生命手続きが必要みたいで、その都度書類を記入した。

あと、今回は火災保険にもろうきんから加入、当初30年一括支払いも考えたが、一括も年割りもさほど変わりが無いため、初回の楽な年払いとした。

今回は精算となるので、前2回のつなぎ融資の利子も請求され、最終的にろうきんから伏見さんに支払われる金額は(総借入額)-(一回目つなぎ融資額)-(2回目つなぎ融資額)-(2度のつなぎ融資時の利息)※意外なほど安かった!-(諸経費・火災保険代・事務手数料・印紙代など)となる。

足りない分は、後日伏見さんから請求書がやってくるらしい。

今後の伏見さんへの支払は、外構制作費用・造成費用・テーブル代(無垢の一枚板で作ってくれている!)・システムキッチン&ユニットバスで見積もり後にグレードアップした分の差額、エアコンなどの取り付け費用等々(まだあるかなぁ・・・こわい・・)
エアコンは20畳用8.5KWの大容量をNETで購入して伏見の大工さんに取り付けてもらう予定。(でかいエアコンはネットが遙かに安いですよ~~)

外構は当初ほとんど考えていなかったが、やはり必要です。
で、絞り出しました・・・・

あと、ケーブルテレビの初期費用に、テレビ代、ソファー、各種収納(ほとんど作り付けです)
そうそう、上平設計さんへの最後の支払持ちかずいてきた。

冷蔵庫と洗濯機を購入予定だったが、ちょっと厳しいかもしれない・・・
なのでこの2つはちょっと保留。

あっ、米びつも必要、洗濯乾し棒も・・・・まだまだいろいろいるなぁ~

ほとんどメモ書きになってしまったが、ろうきんの話に戻る
ろうきんの現在の金利はめちゃくちゃ安い 平成24年2月時点で0.95%!
やすい!

僕らが使ったプランは3年ごとに見直しがあり、最初の3年は0.95%3年後に金利の見直しがあり、予定金利か、その時の金利の安い方が適応になりその後3年、さらにその3年後にまた見直しがあり・・という感じ、ちなみに3年ごとの見直し時に5年固定・10年固定に変更することも可能らしい。

長期金利・・・この後どうなるかなぁ~~~~~~

と言う具合で、僕的にはかなり緯線行っている住宅ローンだと思う。
あと、繰り上げ返済が1万円から可能で手数料がかからないというものポイントが高い!

そんなこんなで、いよいよ3月から住宅ローン開始
これから30年かぁ~長いなぁ~
がんぼろ

 

家もずいぶん出来てきた

玄関前のアプローチは石です!

11月3日木曜日、文化の日 本日上棟式である。

相変わらず知識のない僕らは、本番の数日前まで、上棟式とは何か良く理解していなかった。「棟上げ」と書いているので、「屋根の梁をあげて、みんなでお祝いするんだろうな~」程度の認識である。

地鎮祭終了後、土地は見る見る間に造成され、立派な基礎ができあがった。
基礎のコンクリートは、見に行く度に立派になってゆく、しかし10月末の段階でもまだ柱は一本も立っていない

「こんなんで、上棟式まにあうの?」と正直思っていた。

そう、完全に勘違いいていた.

上棟式とは、初めて基礎に柱を立てる日なのでした。

以前、住まいの伏見さんの別の物件の上棟式を見学させてもらったとき、見に行った現場にはすでに立派な柱が何本も立っていて、屋根も梁も付いていたから、まさかこれがたった一日でここまでできるとは思わなかった。

その真実を知ったのは、2~3日前だった。

さてそんな事はいいとして、上棟式をするにはそれなりの準備がいる。
上棟式とは、棟上げをお祝いするのと同時に、大工さんたちをねぎらって接待すると言う意味もある。その昔はもち投げをしたあと、大工さんたちを宴会に招待していたらしい。

今となっては、もち投げや宴会をするところは(僕らの住んでいる界隈では)ほとんどなくなり、「ご祝儀」とお土産が主流となってる。

前の週の日曜日、段取りのためスーパーへ。
手土産用の「お酒の小瓶」×職人さんの数、ご祝儀袋×職人さんの数、おつまみ詰め合わせ×職人さんの数、10時のおやつ、3時のおやつなどをセレクトする。

ご祝儀の相場は、職人さんは一人5000円、頭領さんには奮発して2万円といったところ。

あとは、天気を祈るばかりとなった。(雨の場合は、形として柱一本たてるくらいらしい。)

そして当日、天気予報は「晴れ時々曇り」の予報でまずまず、気温は熱からず、寒からず。
午前8時に現地に着くと、すでに職人さんが大勢集まっていた。さらに巨大なクレーン車が一台止まっている。

・・・このクレーン車の費用も、払っているのかと思うと、たいしたことをやっている気分になる。・・・

持参したお札(地鎮祭の時にもらった)とお酒と米を渡す。
その後、お酒をもって、基礎の四方を清めて回る。

一呼吸置いたあと、一気に職人さんたちが動き出す。

クレーン車が動き出したと思うやいなや、すでにある程度組み立ててあった北側の壁の柱が一気に持ち上げられ、基礎にドッキング!

その後も瞬く間に柱が立ってゆく。

1時間ほど呆然と作業を見守るが、10じ乃おやつタイムが近づいてきたので、我が家は一時帰宅しておやつの準備。

10時のおやつは「ミスタードーナツ」に決定し、お茶とジュースとコーヒーとドーナツを持って再び現地へ。

現地ではさらに作業は進んでいる。

そしておやつタイム、作業再開後も職人さんたちはてきぱきと柱をくみ上げてゆく。

次は弁当タイムだ。
弁当は近所の仕出し屋に注文していて、お昼前に届けてもらう段取り、11時過ぎに仕出し屋が到着して弁当を受け取る。

今のところ順調だ。

お昼休みは、僕と設計士の上平さん、伏見の職人さんたち、伏見の大久保社長と一緒に基礎の中にビニールシートを引いてわいわいと食べた。(非常に楽しい時間だった。)

弁当終了後、またしばらく作業をみつめて、おやつの段取りのため一時帰宅。
今度はシュークリームを買い込み、ご祝儀袋とお酒が入っている小袋を思って、三度現場へ。

この頃になると、すっかり家の形が現れていて、実感がひしひしとわいてくる。
伏見さんの使う木はとても美しく、柱も太い、なんと言っても「光る職人の技」が随所にちりばめられており、満足度が非常に高い。

3時のおやつがおわり、次第に日が暮れてきた。
家は見事に姿を表し、屋根の形までもが見えかかっている。
今日一日はまるで映画でも見ているような、ディズニーランドにでも来ているような、ふわふわした一日だった。

そして日没とともに作業は終了。
職人さん一人一人にご祝儀を渡し、上棟式の一日は終わった。

ついに工務店決定

設計士の上平さんから施工業者が決定したと言う連絡が入った。

当初、3社程度で相見積もりを行いその中から業者を選定するという予定だったのだが、相見積もりをとるまでもなく、今回あたりをつけた施工業者は何かと「すごい」という。

相見積もりをとる場合、選定となる概算見積もりを作成に、いかにそのラインに近づいてくるかが勝負となるらしいのだが、今回上平さんが絶賛しているこの施工業者は、こちらの出した概算見積もりの額ピッタリで工事を行い、追加はいっさいいらない!と言い切っているらしい。
結局相見積もりをとることもなく、その業者に依頼することになった。

そして、本日その業者に会うべく、出かけてきた。
待ち合わせは岡山の2号線バイパスにあるファミリーレストラン。
その後、設計の上平さんと一緒に、施工業者である「住まいの伏見」の西川さんという方と合流し、まずは本日上棟式を行っているという現場を見せてもらうことにした。

待ち合わせ場所から20分程度走って現場に到着、上棟式だけ合って大工さんがずらりいるほか、施主らしき人もいて、みんなにアイスを配っている。

「どうもはじめまして、お邪魔ですが見学させてください。」と施主さんにご挨拶すると、子供にとアイスをいただいた!

この家について説明を受ける、なんでもこの家の梁には、いままで神社で使われていた一本の巨大な梁が使われていると言うことで、なるほどなんだか立派な梁が付いている。

なんでも「暮らしの伏見」さんは、日本の伝統工法にこだわり、大工さんもすべて社員と言うことらしい。

しばらく見学をしていると、「暮らしの伏見」の社長さん夫婦らしき人が到着したのでかるくご挨拶をして次の現場へ。

次に案内されたおうちは2階建ての和風の家で9割方は完成している感じだった。
外装は岡山県で伝統的に使われている「焼杉」で、内装は床にはカバザクラのフローリング、壁は全室漆喰塗りと言うことだった。

さらに2階に上がると天井は梁の見える勾配天井で、梁の中心に巨大な丸太が家の端から端まで一本通っていた!

「かっこいい!すごい!」と歓声を上げて喜んではいたが、内心我が家の予算でいったいどんなのができるのか(なにぶん少ない!)不安にもなってしまった。

その後、西川さんと雑談をしていたところ、伏見の社長さんの人柄を教えてくれた。

「うちの社長はいい車には乗らないんですね~、そんな金があるなら”木”を買う、それをやすく使ってあげればお客さんが喜ぶからなぁ~ って言ってねぇ~」
(ちなみにTOYOTAのビッツ(旧)に乗られていた様子)

そんな話をきいて、かなり好感度アップな感じだ!

本日はこれにて見学終了、現地解散をして家内、子供とともに帰宅。
希望と不安でいっぱいの一日だった。