家作り成功失敗記

一戸建ての家造りを決意した4人家族の物語です。

Tag: ロフトベッド

ニッセンのロフトベッド

ニッセンのロフトベットを息子が使い始めて数日。

ロフトベットの宿命かもしれないが、結構ぐらぐらする。

上に上がるとギーギー音が鳴るし、壁にひっつっけてはいるが、ぐらぐらすると壁にこんこんと当たってやかましい。

困ったなぁと思ったが、せっかく購入したのでホームセンターで水道菅用の壁にビス留めするパーツを購入してロフトベットを柱にビス留めしてみた。

さすがにぐらぐらしなくなって、寝ているときの安心感も高まった感じ。

しかし、最近家に穴を開けまくってるなぁ~~

引っ越し翌日

26日。

本日は日曜日ながら家内は仕事のため朝早く出勤。

僕の方は朝から全身筋肉痛だ。

まだ家の中じゅう「0123」の段ボールだらけであるが、本日最初の仕事は「ニッセン」から届いたテレビボード「スクエアボードN144」の組み立てである。

きのうの「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」ほどではないがこれも相当にでかい。

梱包をはずし、材料を取り出す。
説明書をみながら組み立てスタート。

我が家にはインパクトドライバがあるので、ねじ締めは別段苦にならない。
(というか、こういった組み立て家具にはインパクトドライバ(電動ドライバー)は必須であろう。)
いよいよあとは天板を乗せてほぼ完成と言うところで、なぜか天板が入らない。

ゴムハンマーでねじ込もうとしてもなぜか入らない。

一度外してよくよく見ると、天板の右側に切ってある「背面パネル」の頭がはまる溝が、実際必要な溝の位置より5mmほどずれている・・・

原因はこれか!

仕方なくカッターナイフで正しい位置に溝を掘り直す。

何とかはまったが、溝が大きくなったせいでがたがたする。

気を取り直して、最後にドアを取り付け、テレビとHDDレコーダーを設置してみた。

「あれ?」

商品写真ではHDDレコーダーの前のガラス戸は透明だったが、実際の商品は曇りガラスになっている。見栄えはいいのだがこれではHDDレコーダーのリモコンがきかない!

当初、「カントリースタイル」というかっこいいデザインのものにしようと思っていたが、口コミを読んでいると「飾りガラスでリモコンが聞かない」と言う記事をよんで透明ガラスのものに変更しただけにこの相違はどうにもならない

「返品じゃぁ~~~~~~~~」(後日返品)

気を取り直して「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」の組み立てに入る。
こちらは組み立て所要時間15分と書いてあり、パーツ数も少ないがとにかくでかい。
説明書には2人で作業をしてください。と書いてあるがこちらは一人しかいない。

とにかく組み立て開始。

とはいえこちらはほぼ問題なく組み立て完了。
実際15分くらいで組み上がった。

別途購入していた「ブリジストンのマット」を引いてみると、おや?
サイズが合わない・・・・・・・

ロフトベッドって、ちょっと短いのね・・・
ブリジストンのマットの口コミに「ロフトベットに最適」って書いてあったのに(涙)

どうやら、ぼくはニッセンとは相性が悪いらしい

その後は段ボールから荷物出し。

あっというまにお昼になったので近所のドラッグストアでUFOを買ってきて昼食。

昼からはリサイクル業者がアパートの方に食器棚やら下駄箱やらを取りに来る予定である。

そう思っているとリサイクル業者より「これから伺います」とTEL

僕も急いでアパートに向かう。

現地に着くと業者さんはすでに待ち構えていて、鍵を開けると早速作業開始、20~30分で搬出は終わった。

アパートに残ったのは、上げる予定のテーブル(椅子はない)、ガスレンジ、捨てる予定の絨毯、照明器具、米びつである。



ここの掃除もしておかないと、明日は引き渡しで各所のチェックがある。

リサイクル業者大型家具を持ってかえり何もなくなった壁には、真っ黒なカビが!!!!

とにかくカビキラーで掃除、

何もなくなった洗濯パンも真っ黒!

掃除掃除

さらに6畳の大きさのある絨毯をはさみで切り刻み、米びつをドライバーでばらばらに解体する。

誤算はテーブルだ。

人にあげるとは言え、引っ越し屋さんに新居に運んでもらえば良かった・・・・・
でかい、重い、ここはエレベーターなしの4階、僕は一人・・・・

とにかくばらして力一杯持ち上げて運ぶ(明日も筋肉痛だ)
何とか運んで一階まで下ろし、車に積み込み実家に持って行く。

テーブルのあとは粗大ゴミの処分、幸い我が市は個人のゴミは粗大ゴミでも無料で引き取ってもらえるので大量のゴミをもって焼却場へ!

へろへろになって帰還、新居で休もうとするのだが、まだおち筑波syが定まっておらずなんだか落ち着かない。

その後ホームセンターに室内洗濯乾しを買いに行く。
アイリスオーヤマの2480円のと998円のを購入して帰還

そうだ、今日もう一つやらなくてはならないことがある。
土間の大きなガラス引き戸の目隠し用に「ニトリ」で購入した「すだれ型ブラインド」を取り付ける。

気づいたら、もう夜だった。

引っ越しのつづき

カーテンを付けなくてはならない。
オーダーカーテンは2~30万円するためキャンセルして、ニトリにてカーテンを揃えていた。
総額で3万円ほど、実に10分の1だ。
設置箇所は6カ所、このカーテンの話は次回詳しく書く。

取りあえずカーテンを取り付けて、ある商品の到着を待つ。

引っ越し当日に合わせて「ニッセン」にてテレビ台「スクエアボードN144」と「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」を一台着日指定で取り寄せていたのだが、午後6時になってもまだこない、ロフトベッドはかなりの大型商品のため、引っ越し屋さんに運んでもらう予定にしていただけに、引っ越し軍団が帰ってしまった今となってはちょっと困ったことになった。

「ニッセン」に問い合わせの電話を入れるも「申し訳ございません、もう少しでつきます」以外の言葉はない。

午後7時をまわっったころ、母や姉がお祝いに訪れる。

このブログで話したことはないが、母は昨年7月、家の設計がちょうど始まったのとおなじタイミングでがんが再発し入退院を繰り返している。

2月は23日に退院し28日に再入院というタイミングであったため、何とか新しい家を見せることが出来た。本当に良かった。

遅れて父も到着。

みんなでそばを食べていると「ピンポーン」と誰かが来た。

ニッセンだった。

「遅すぎる」と軽く文句を言ったあと、荷物のでかさを見て閉口・・・・
たたみ3畳分くらいある巨大な荷物を持っている。

「あの、これロフトベットで2階に設置予定なんですけど、もって上がってもらえますか?」

ニッセンの品を持って来た人は、30代小太りでスーツ姿一名、運送屋には見えない。

「遅くなって申し訳ございません、配達は玄関までなんです」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あの~こうなることがわかっていたので、わざわざ着日指定にして、引っ越し屋さんに運んでもらう段取りにしていたんですけど・・・・
当然、運んでもらえますよね・・・・・・・(怒)」

結局僕と運送屋さん2人で3畳もある巨大な荷物を2階に運ぶ。

子供は大喜びで、早く作って!と興奮状態だ

「あす、作ってやるから、今日は勘弁して」と僕

その後テレビ台も搬入してもらい、ようやく本日の予定は終了。

楽しかったが・・・・つかれた・・・・・

もう寝よう。

当日は子供も落ち着かないだろうと言うことで、久しぶりに出してきたダブルベッドに子供2人と家内の3人で寝る。

僕はリビングにせんべい布団を引いて就寝。

あすも忙しいぞ!

 

ニトリでカーテン購入
ニトリでカーテン購入その後