家作り成功失敗記

一戸建ての家造りを決意した4人家族の物語です。

Tag: ダイニングテーブル

完成見学会と 我が家の受け渡し

本日2月19日は我が家の受け渡しの日である。
ついに、この日がやってきた。(感慨深い)

さて、受け渡しとは工務店と設計事務所と施主で家の各所を見て回り、最終的にOKですと言うことで署名捺印を行い、鍵を受け取ることをいう。

この日、家内は午後3時過ぎまで仕事だったため、受け渡しの時間は午後4時とした。

あさ、9時30分頃だろうか、住まいの伏見の電気屋さんから電話があり、ポストの位置を決めるので来て欲しいという。

早速子供2人をつれて我が家に向かう。

現場では電気屋さん一人と大工さん一人が最終的な工事を行っていた。

しばらく話をしていると「住まいの伏見」営業の西川さんも合流、プレゼント価格で作って頂いた「ダイニングテーブル」を持って来てくれていた。

話にはちょっと聞いていたが、実物を見るのはこれが初めて、ちょっと濃い茶色の雰囲気のある無垢のダイニングテーブルで、かなり重く、電気屋さんと大工さんと西川さんでヤット搬入、リビングの中央にで~~んと置かれた。

「これが神代桂(じんだいかつら)のテーブルです。」と西川さん

「これが神代桂ですか」と僕

神代桂とは数百年から数千年土の中に埋もれていた桂の木で、とにかく堅く、とにかく珍しいらしい。

大きさは2m×1.4mくらい。

チャームポイントにテーブルの中央部に「なすのマーク」が!

なんでもこのなすの部分はちょうど朽ち果てて腐っていた部分らしい。

住まいの伏見の凄腕職人集団の中でも最長老の方の作品というのでさらにありがたい!

「これでご飯食べるのなんかもったいないようですね~」と僕

そんな事を聞いていると電気屋さんが、「ポストの位置きめてくれるかな」とのことなので、「ポストはこのあたりにお願いします」と玄関の手前一メートルくらいのところをお願いする、やおら作業開始、あっという間にポストは設置完了した。

そこで電気屋さん「インターホンはどうします?このポストの横に付ける?」と質問

僕としては現在のポストの位置は外構工事の終わるまでの暫定のつもりなので、
「あの~インターホンはポストとは独立したポールに付けたいんですが・・・」

「ああそう 」と電気やさん

「じゃぁぼく、ちょっとよさそうなポールをホームセンター行って買ってきますね~」

と電気屋さんを残しインターホンの買い出しに出かける。

最初は「枕木」みたいなのにインターホンを付けるとかっこいいなぁ~と思ったが、実際ホームセンターに行ってみると売っている枕木は本物では無く、それもかなりでかい、・・・
ちょっとイメージ違うなぁ~といろいろ物色した結果、焼きの入った「木の杭」を一本購入して家路についた。

現地に帰るとかなりの人数になっている。

この日は我が家の「完成見学会」で「上平設計室」「住まいの伏見」各社のこれから家を建てるお客さんが我が家を参考に見学に訪れている。
上平設計室の上平さんもやってこられ、見学のお客さんにいろいろと説明、言葉にも力が入っている(かな?)

こんな田舎までご苦労様です、と思いつつお客さんを眺める、夫婦で来られた方、おじいさんやおばあさんと来られた方、小さな子連れの方・・・様々である、隅々まで我が家を見てもらえるものうれしいような、恥ずかしいような・・・

そんな人がいっぱいの中、インターホン設置作業はつづき、10分くらいだろうか?
インターホンの設置も完了。

パナソニックのカメラ付きインターホンで試しに押してみると「ピンポーン」となる。
インターホンを押しただけでテンションが上がるのもの今だけか!

さてそんな状況下でも見学のお客さんはいろいろと我が家を見て回っている。

そんな方々のコメントも気になりながらも「聞きたいような・・聞きたくないような・・」

そんなこんなで、あっという間にお昼に突入。

この頃になると、近所の「我が家が気になっていた方々」もイベントに気がついて見学に来られる。

近所のひとには今後のつきあいもあるのでやおら接待も気をつかう。

「どんな家になるのか、興味津々だったんよ~」とお言葉を頂く
今日の16時までです、とつたえると、ご主人がどうしてもみたいと行っていたと言いながら連絡を取っている方なんかもいる。

13時前くらいだろうか、住まいの伏見の大久保社長もご婦人と一緒にあらわれて、上平さんと3人でいろいろと確認、キッチンのIHヒーターの奥に小さなガラスの壁(?)見たいのをお願いしていたものが、どうやらついていないと言うことで設置をお願いした。

2回の本棚も真ん中に支えが無くちょっとたわんでくるかな?と個人的には思ったが、大久保社長、上平さん共にたぶん木が厚いから大丈夫とのことなので、取りあえず様子を見ることにした。

2階の杉板の床のメンテナンスについて訪ねたところ、大久保社長が「水性樹脂をぬればいい」的なことをおっしゃっていたのだが、その後忙しくて詳しく聞きそびれてしまった・・・・これはおいおい聞かなくてはいけないなぁ

あと、外構工事もお願いしているが、これまた超低予算のため「4月までちょっとまって」とのこと、外構に関してはまたレポートしよう。

昼過ぎにも第2陣のお客さんが来訪、近所の方も含めると思いの外多い来客となった。

そして夕方、仕事おわりの家内が合流して最終的な話し合い。

ここでの話は主にお金のこと、銀行からの振込がいくら、それ以外に伏見さんに立て替えて頂いている建築費以外のお金の明細の説明(システムキッチンのグレードアップ差額分、ユニットバスのグレードアップ差額分、テーブル代、水道の負担金、建物登記の司法書士への代金、税金など)総額120万円くらいかな・・・(働かねば・・)

そして捺印

日も暮れてきた。

挨拶をして、大久保さんも 上平さんも 西川さんも 家路へと変える

家族だけになって改めて家を見る。

すごく素敵だ。

このブログの前半部分にもあるように、途方に暮れていたのが嘘のようだ

予算的にも、満足感的にも、品質的にも
すべてにおいて上平さんにお願いして、伏見さんにお願いして 本当に良かったとおもう。

ブログはまだまだ続きます。

新築 建具の打ち合わせ

最近は車のネタばっかりで申し訳なかったですが、今回はようやくおうちの話。
我が家もが意見はすっかりとできあがってきました。
本日は設計士の上平さんと伏見の大久保社長と現地で会って建具の打ち合わせです。

建具というのはドアとか、ふすまとか、障子といったもので、本日の打ち合わせで色や形を具体的に詰めてゆきます。

土曜日でしたが現地に着くとすでに大工さんたちが作業中です。
今年の節分までに何とか形にして欲しいという無理なお願いに伏見さんに答えていただいていて、本当に頭が下がります。

地元の大工さんと話をする機会があったのですが、「あそこの職人は本当によく働く!」と褒めてましたよ、伏見さん!

さて、現地にはすでに大久保社長、営業の西川さんほか建具屋さんやふすまやさんが待ち構えていて、いつもにもまして大人数です、事前に設計士の上平さんに「手作りポスト」持って来てください。と言われていたので、ついに初お目見えです(職人さんの前では恥ずかしい!)

名前がばれるなぁ

上平さんはまだ到着していなかったため、大久保社長と雑談をしていたところ、「ポストの足の部分をちょっと焼いてやると長持ちするよ」とアドバイスをもらいました。

しばらく話をして上平さんの悪口(笑)を言っていると遅れていた上平さんも到着、早速ポストをお披露目した後、建具の打ち合わせに入ります。

まずはふすまについて。
ふすまと言えば和風で何となくダサいと感じることもありますが、最近のふすまはそんなことないようです。枠は昔ながらの黒色の枠ではなく、家の雰囲気に合わせた白木の枠で、ふすま紙は数百種類のサンプルの中から、居間和室のふすまは「辛子色」で統一することにしました。ちなみに持ち手も白木です。

あと、2階の子供部屋の押し入れにもふすまがありますが、我が家には男の子と女の子がいるので部屋ごとにふすまの色を変えることにしました。男の子はスタイリッシュなブルーグレーみたいな色、女の子の部屋は朱色です。

この日の打ち合わせには家内も子供たちもおらず、僕一人でしたので独断で決めてしまいました。きっと喜ぶでしょう(笑)

さて、ふすまの次は障子です。
新しい我が家には2カ所障子が入ります。それも一カ所は3メーター以上のでっかい開口なので迫力があります。この部分の障子にはあまり装飾のない、骨が太めのダイナミックなデザインのものをお願いしました。雪見窓にも障子が入りますが、こちらもデザインを統一してもらうようお願いしました。

さらに階段部分の手すりや2階吹き抜けから階段に続く部分のデザイン、各作り付けの棚の枚数や高さ、さらには固定棚にするか可動棚にするかなどいろいろと細かいです。

基本的にはすべて設計士の上平さんの頭の中にはすべて入っていて、大工さんがそれを確認する作業、僕はその横で見守り役です。

職人さんと上平さんの話を聞いていると、これらの工事にには細かい設計図はなく、上平さんがだいたいのイメージを図や言葉で説明し、それを職人さんが長年の経験で組み立ててゆくと言ったイメージを感じました。

各部屋をまわって細かく打ち合わせしてゆきますが、子供部屋、脱衣所、キッチンカウンターなど日に日に形になって行っています。

 

外装はほぼ完了です

 

子供部屋も杉板&漆喰の自然素材です

システムキッチンのカウンターもほぼ完成

一階リビングから2階が見えます

この日は他にもいろいろな話がありました
まずは、伏見さんが無垢材一枚板のダイニングテーブル(6人掛け)を格安でこしらえてくれると言うこと!
もともと我が家で使っていたものをもってゆこうと思っていましたが、デザイン的に新しい家には栄えないなぁ~と思っていました。

大久保社長の言うには「水の中に沈んでいたなんとかというすごくいい板があるから、それで作ってあげる!」とのこと!
うれしいです!これで家の雰囲気もバッチ、お客に自慢できる一品になりそう!
板をみにおいでといわれましたが、出来てからのお楽しみにすることにしました。
もう一つは外構です。
我が家の建つ場所はもともと段々畑でその上10年近く放置されていた事もあり、家以外の場所はがたがたで根っ子や切り株だらけです。これをある程度平たい土地に造成する必要があるため大久保社長に相談してみたところ、こちらも何とかなりそうな感じです。

細かい事はこれ方打ち合わせですがこれで家全体のプランが完了です。

さあ!引っ越しは2月22日の予定!
いよいよ佳境です。

ずいぶんと家ができてきた。

毎週週末になると差し入れをもってわくわくしながらどのくらいできているのかを見に行く。

今週は壁が張ってある、今週は階段ができていた、今週は床が張ってあると、日々進化してゆく我が家を見るのはとても楽しい。

さて細かく見てゆくと、細部細部で職人の技が光っている。
梁の結合部、複雑に木が組み込んである。

大久保社長に聞いたところでは、集成材(合板)は使わずに、無垢材を使用して作っている!すごい!さらにこのあと塗られるであろう壁も”漆喰”をつかった体と自然に優しい仕様だ。その上財布にも優しい伏見さんと上平さんには感謝である。

天井中央部には大きな丸太が2本。

雪見窓の外のひさし部分。職人の技が光っている!大久保社長の好みかな?
隣が駐車場の予定なので、家の中から車を長めながらいっぱいなんかも可能!

窓は全部ペアガラス、巨大な吹き抜けのある大きなリビングなので高気密高断熱の性能は気になるところ。
一応8KWのエアコンを設置予定だが、冬の寒さはどんなモンだろうか

外から見たところ上棟式から2ヶ月ちょっとでここまでできました!

外装は岡山県伝統の焼杉を使用、我が地元は町屋の家が多くあまり見られないが、県南の倉敷市や岡山市では古い家にはよく見かける。

暮らしの伏見の大久保社長によると「下手なサイディングの外壁よりも火にも強いし、80年くらいはもつ」とのこと、さらに焼杉板には「手焼き」と「機械焼き」があるそうだが、我が家にはこだわりの「手焼き」を使用!(あの予算でここまでやってもらえるとは本当に感謝!)

家の白い部分は残念ながらサイディングを使用、(本当は漆喰壁がいいだろうけれど、まぁ、それはそれ大人の事情で・・・orz)

ところどことに丸いFIX窓が取り付けられています。

構造的には一階が25坪、二階が10坪、二階は子供部屋のみで2階中央部には6畳ほどのファミリースペースがある。
ここには大きなカウンターができる予定(by上平設計室)ですでに設置済み!
なんとカウンターの天板は無垢の一枚板らしい!すごい

一階は寝室とアイランドキッチンのあるリビングダイニング。
システムキッチンはタカラスタンダード製(しかもホーローじゃないやつ!orz)だ!

どんどんと家が形になってくると、どんどんと夢が膨らんでくる。
ホームシアターシステムが欲しいなぁ、とか薪ストーブが欲しいなぁとか、
まぁ、それはおいおいに・・・・・

絶対に必要なものとして、ダイニングテーブルがある。
いまのところ、現在使用中のものを使おうと思っているが、新しい家のなかで、ぼろいし雰囲気が合わない感じがするので考え物だ。

本当はこんな感じの無垢材のテーブルがかっこいいんだけどなぁ~