無垢材のカウンターテーブルに柿渋を塗布

無垢材のキッチンのカウンターテーブル、濡れた鍋やらヤカンやら皿やらを置いていたところ、輪染みがいっぱい出来てしまいました。。。。

これはちょっと。。。ということで、いろいろと策をねります。

近所のホームセンターに出かけて、いい手はないかな~

テーブルで使っている蜜蝋もいいですが、ホームセンターの塗料売り場を物色中、いいものを発見しました。

「柿渋」です。

柿渋は柿を発酵させたもので、昔から日本で木材の防虫、防水用に使用されてきたそうです。

ウィキペディアを引用すると、下記のとおり

「文献で最初に記載されているのは10世紀頃であり、漆の下塗りに使用された記録が残っている。また、衣類に使用したのは、平安時代の下級の侍が着ていた「柿衣」(柿渋色は時に桧皮色とも混同され桧皮着:ひわだぎとも呼ばれた)がその始まりとされる。また民間薬として、火傷や霜焼、血圧降下や解毒などに効くとして盛んに利用された。

カキタンニンには防腐作用があるため、即身仏(ミイラ)に塗布したり、水中で用いる魚網や釣り糸の防腐と、強度を増すために古くから用いられてきた。また、木工品や木材建築の塗装の下地塗りにも用いる。縄灰と混ぜて外壁の塗装にも使用された。更に紙に塗って乾燥させると硬く頑丈になり防水機能も有するようになるため、かつてはうちわや傘、紙衣の材料として用いられ[1]、現在でも染色の型紙などの紙工芸の素材としても重要である。」

塗ると木材の色も次第にオークになるらしく楽しみです。

そして購入。

まずは下地づくりにと、カウンターを280番のペーパーを付けたサンダーで削り、輪染みや汚れを削り取りました。

そして塗装です。
刷毛で一気に塗っていきます。

水性塗料なので塗布に難しいところはありません。

一点問題は、非常にくさいです、ぎんなんの腐ったにおいがします。

作業は30分ほどで終了。

乾燥を待ちます。

しかし臭いです。塗布後3日、まだまだ臭いです。家族には大ひんしゅくです!
色はちょっとずつ濃くなっている気がします。

1週間経過、まだ臭いです。
家族には相変わらず大ひんしゅくです。
本来は2度塗りですが、1度しか濡れそうにありません。

2014年8月追記

塗布から1年以上たちました。
完全に水を弾くという感じではありませんが、輪染みも出来にくく、色もよい感じでついていい感じです。

新築我が家、2階はほぼ完成

日曜日、だいぶんできたかなぁと建築中の我が家に行ってみる。
すると、なんと言うことでしょう。

キッチンがついているではありませんか。

さらに、2階部分は養生ボードもはずれて、杉板のフローリングが顔を出しているではありませんか!
わお!かなりできあがってきたなぁ~~~~
2階、1階ともに漆喰の左官作業も終了していて、あとは建具を入れるのみ


それではちょっとだけ紹介しましょう!

冷蔵庫が入るスペース、なんと裏まで漆喰塗りです

キッチン後ろは大容量のパントリーです

アイランドキッチンのよこは細かいタイル張りです

キッチンから2階を見たところ、ファミリールームが見えます

階段も無垢板です

一階の脱衣所、ここも大容量の作り付け棚があります

一階の登り梁の付け根、職人技を感じます

リビング全景、かなり広いです

2階ファミリールーム、一枚板の大きなカウンターがかっこいい

子供部屋は総板張り

子供部屋の押し入れ、押し入れの奥の板まで杉板です

エアコンがとどきました。まだ未装着

トイレも総板張りです
で、月曜日上平さんより入電「25日の土曜日に引っ越しあとに引き渡しになっていましたが、19日に変更した方がいいと思いますがいかがですか?」
とのこと

「えっ本当ですか!」
これはありがたい。
正直引っ越しの日に引き渡しというのはかなりばたばたしてちゃんと出来るのか不安だった。
さらに、銀行の最後の支払が21日の予定なので、引き渡し前の支払に関してもちょっと「??」だったので2重でありがたい。

ちなみに19日というはこの記事を書いている日より6日後、いよいよあと一週間で完成だ~~~~~~~~

外構はまだ工事中

玄関前の階段は玉砂利洗い出し
まだ外構の工事は残っているけど、それは引き渡しのあとかな?

外構も住まいの伏見さんにお願いしているのだが、本日時点でまだどんな外構にするのか鶖問い合わせしていない(焦・・・・)

伏見さん、19日に外構の打ち合わせお願いします。

ずいぶんと家ができてきた。

毎週週末になると差し入れをもってわくわくしながらどのくらいできているのかを見に行く。

今週は壁が張ってある、今週は階段ができていた、今週は床が張ってあると、日々進化してゆく我が家を見るのはとても楽しい。

さて細かく見てゆくと、細部細部で職人の技が光っている。
梁の結合部、複雑に木が組み込んである。

大久保社長に聞いたところでは、集成材(合板)は使わずに、無垢材を使用して作っている!すごい!さらにこのあと塗られるであろう壁も”漆喰”をつかった体と自然に優しい仕様だ。その上財布にも優しい伏見さんと上平さんには感謝である。

天井中央部には大きな丸太が2本。

雪見窓の外のひさし部分。職人の技が光っている!大久保社長の好みかな?
隣が駐車場の予定なので、家の中から車を長めながらいっぱいなんかも可能!

窓は全部ペアガラス、巨大な吹き抜けのある大きなリビングなので高気密高断熱の性能は気になるところ。
一応8KWのエアコンを設置予定だが、冬の寒さはどんなモンだろうか

外から見たところ上棟式から2ヶ月ちょっとでここまでできました!

外装は岡山県伝統の焼杉を使用、我が地元は町屋の家が多くあまり見られないが、県南の倉敷市や岡山市では古い家にはよく見かける。

暮らしの伏見の大久保社長によると「下手なサイディングの外壁よりも火にも強いし、80年くらいはもつ」とのこと、さらに焼杉板には「手焼き」と「機械焼き」があるそうだが、我が家にはこだわりの「手焼き」を使用!(あの予算でここまでやってもらえるとは本当に感謝!)

家の白い部分は残念ながらサイディングを使用、(本当は漆喰壁がいいだろうけれど、まぁ、それはそれ大人の事情で・・・orz)

ところどことに丸いFIX窓が取り付けられています。

構造的には一階が25坪、二階が10坪、二階は子供部屋のみで2階中央部には6畳ほどのファミリースペースがある。
ここには大きなカウンターができる予定(by上平設計室)ですでに設置済み!
なんとカウンターの天板は無垢の一枚板らしい!すごい

一階は寝室とアイランドキッチンのあるリビングダイニング。
システムキッチンはタカラスタンダード製(しかもホーローじゃないやつ!orz)だ!

どんどんと家が形になってくると、どんどんと夢が膨らんでくる。
ホームシアターシステムが欲しいなぁ、とか薪ストーブが欲しいなぁとか、
まぁ、それはおいおいに・・・・・

絶対に必要なものとして、ダイニングテーブルがある。
いまのところ、現在使用中のものを使おうと思っているが、新しい家のなかで、ぼろいし雰囲気が合わない感じがするので考え物だ。

本当はこんな感じの無垢材のテーブルがかっこいいんだけどなぁ~

家にて検討会議

夜、上平さんからもらった3枚の平面図を見ながら家内と検討会議。

1枚目は建坪36坪の2階建てで一回には23畳のリビングダイニングや夫婦の寝室、クロークやパントリーなどがある。
特徴的なのは玄関で、むしろ「玄関がない家」である、というのもリビングの横に4畳の大きな土間が有り、その先には大きな開口の引き戸がある。

寝室の奥にはウオークインクリーゼットが有り、そこからバスルームにつながっている。

2回は子供部屋のみで、南向きの大きな屋根が有り、リビングの上は完全な吹き抜けで屋根の梁が美しく見えているという。

2枚目は構成はおなじだが、中央部分に和室が有りL字型のリビングダイニングとなっている。

3枚目は1枚目のちょっと狭い版の33坪という構成だった。

「3枚を比べての結論は1番がとてもいいけど、予算的に3番かなぁ」と僕

その後、妻と二人で3番の図をベースにあれやこれやとこちらの要望を追加してゆく。

それにしても、現在の住み処はアパートなので、クロークやパントリー・ウオークインクリーゼットにアイランドキッチンと、どれも夢が膨らむばかりだ。