デベロッパーになりたい

「家」に関するアクションがほとんどなくなって、だいぶ時間がたった。

その間にも、土地の話などいくらかの事はあった。
一番の大きいトピックは、知り合いが土地を見つけてきてくれた。

なんと、希望の地域ながら坪単価4万円!!!!!!!!!!!!!

激安である!

現在田んぼで、400坪あるそうだ・・・orz 

「1600万円か・・・この立地ならば激安だが、先立つものがない・」

この土地のもう一つの困りものが、入り口がないのだ。

この田んぼは、四方を他の地主の田んぼに囲まれており、個個に何かをたてる場合には、3メートル以上の道をつけなければならない、しかし、幹線道路と面している田んぼに地主は、道に関しては全く良い顔をしていないらしい。

この土地は、ちょっと前途多難だなぁ・・と僕

確かに立地条件は非常にいい場所で、ちゃんと造成されていたら坪15万円はくだらない場所だと思う。

「いっそ、買っちゃってうちで造成して売るか!」と妻に相談したら一蹴された。

ちょっと調べてみると、田んぼから造成すると、100坪あたり100万円~150万円程度でできるらしい、400坪と言うことは、5~600万くらいで造成地にできる。

土地代と併せて原価は2000万円、60坪の土地を5つ造成して売れば4500万円、2000万円の儲けが出るんだけどなぁ~~と思いつつも想像で終わってしまった。

迷い・・・・・

この日、家内は仕事だったため、子供と3人のお出かけ、郊外の大型ショッピングモールに子供をつれて遊びに行った帰り、通りすがらの道にTVCMでよく見るハウスメーカーの展示場があるのに気づいた。

このメーカーのイメージキャラクターをうちの子供が大好きなので、気にはなっていたが、集合住宅展示場にはここのメーカーのモデルハウスがなかったため、今までは選択肢には入っていなかった。

「おっ、こんなところに○○○○あるが、ちょっよよっていくか?」と僕。

「○○○○のキャラクターグッズもらえるかなぁ」と子供。

「なんかもらえるんじゃないの」と僕。

下心ありありでモデルルームへ

この日は日曜日だったことも有り、何かのキャンペーン中なのか駐車場にテントを出して賑やかにやっている。

駐車場の壁には大きな文字で「坪25.3万円より!」と書いてある。

「ここも安いなぁ~」と言いつつテントに近づき一言、
「すみませーん、家見せてもらえますか~」

中堅っぽい40十代半ばの営業さんが対応してくれたが、何となく愛想が悪い。
やはり飛び込みはあまり歓迎されないのかな?
と思いつつも、こちらから積極的に質問を繰り出してみた。
その後、とりあえずモデルルームの中へ・・・

建坪48坪と結構大きめの家(モデルルームだから当然だが)、まだたって間もないらしく、中に入ると新築のにおいが・・・と言うより接着剤の何ともいえないにおいが・・・・

このモデルルーム、まだあまり装飾されておらず、設備各種も雑然と配置されている。

なにげに洗面台を除くと、4.5畳ほどの大きめの真新しい洗面所内に、ホームセンターで売ってそうな、既製品の洗面台がぽつりっと置いてある。

「・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あっ広くていいですね~」などと営業さんと話してはいたが、正直心の中では
「なんだか、全く無個性の家だなぁ・・・」と

結局、キャラクターのノベルティーももらえず、大して盛り上がることもなくその場を後にした・・・

そして、帰り道道すがら

「安いのはいいけれど、俺がたてたい家はあんなものなのか?」
 
「俺が欲しいのは、あんな家なのか?」
 
「本当にあんな家でいいのか・・・・・・」

各社ともに、営業の電話が全くかかってこなくなった。

各社ともに、営業の電話が全くかかってこなくなった。

非常に寂しい感じだけれど、当然と言えば当然であろう。

土地探しで完全に暗礁に乗り上げて、早数ヶ月

途中、親に探してもらったり、友達に探してもらったりもしたが一切進展無し、家を建てようとしていることすら忘れそうである。
その間、家造りや庭作りの雑誌だけは増えてゆき、余計に虚しさが漂う。

なので心機一転、またもや行ったことのない住宅展示場に出かけてみた。

ここで素敵なメーカーを2つも発見「スエーデンホーム」と「無添加住宅」だ。

どちらも「素敵」と言う言葉がにあう建物だった。

先ずスエーデンホームだが、輸入住宅なのだろうか?
日本のハウスメーカーの真四角な家っぽさが無く、パーツパーツがとてもおしゃれなのだ。
そしてモデルハウスの中央には、男の子なら誰しもあこがれるという「薪ストーブ」が、ドンと鎮座している。
床はすべて無垢材のフローリングで、うちの奥さんが惚れ込んだ。

アンケートを下記ながら

「・・でも、まだ土地がないんですよね~~」などと話をする。
新人っぽい女性の営業さんが担当に付いてくれて、土地の話をした。

もう一つの無添加住宅、これもすごくいい感じだった。
全体的な雰囲気はスエーデンホームとおなじ天然素材っぽい家だが、こちらはどちらかというと和風の雰囲気、このメーカーの売りは、使用する材料すべてが天然素材で体に優しいのだとか。

うちの子供は二人ともアレルギーがあるため、ヘルシーホームを考えていたときから、シックハウス症候群に関しては気にしていたが、ここの建物ならば問題なさそうだ。

しかし、両ハウスとも坪あたり50万円~60万円 めちゃくちゃ高くはないがそこそこはする。1000万円で探していた僕たちにとっては、ちょっと高いなぁ~という感じ。

結局「いい土地がでたら、又連絡します~~」といって、その場は後にした。

この頃になると、かなりいろいろな家を見て回ったせいか、ずいぶんと目が肥えてきたいる気がする。おかげで建物を見るとおおよその坪単価もわかるようになってきた。
そんな状態でいいものを見てしまうと、「一生の買い物だから、やはりちょっと無理してもいいものがいいかなぁ」とも思い出してくる。

さて、本当に我が家は実現するのだろうか?

停滞中・・・・・・・全く進展無し・・・・

相変わらず土地探し中・・・・・

ヘルシーホームに行っても

「○○さん、土地の方はどうですか?」

「はぁ・・・進展無しです・・・」

「・・・そうですか・・・・」

「・・・・・・」

という感じでいやな空気が漂う、こうなると全く会話も弾まなくなる

その後、ヘルシーホームも含め、営業の電話もだんだんと少なくなってきた。

やばいぞ 俺! どうする 俺!

土地がない。

土地がない。
家は何となく何とかなりそうな気がするのだが、土地が全くない。

もともと狭い土地の上、田舎で情報も少ない。新規分譲地もない。

しかし、子供を転校させたくないのが最優先のため、何とか学区内の地元でと探していたのだが、見つかる気配がない。

とは言っても、ゼロではない

1.あるにはあるが、山のてっぺんに二区画ある、しかし55坪で950万円と立地の割にすごく高い、その上何となく豪雨が降ったら裏の山が崩れてきそうな立地条件で、とてもここに一千万円も出す気になれない。

2.ミサワホーム限定の分譲地がある。坪あたりも安くないし、ミサワホームでは完全な予算オーバーである。

3.不動産屋を回りにくい。
前にも書いたが、僕の仕事のクライアントに地元の不動産屋さんがいる。このためおおっぴらに他所の不動産屋を回るのには気が引ける

そんな理由から、なかなかいい物件が見つけられない。

そんな間も、様々なハウスメーカーから営業の電話はじゃんじゃん入る。
営業さんには「いい物件がでたら教えて~」と伝えていたがいっこうにいい情報は入ってこない。

ここで思ったのだが、営業さんによって(会社によってか)営業のスタンスは様々だった。
なかでも一番親切と思った一等賞の会社は

「ひのき住宅」!!ぱちぱち!

ここは、住宅展示場を巡っていたときに何気なく入った一社であるが、営業さんの親切度は断トツのぴかいちだった。メーカーではなくこの展示場のある場所の地元の業者らしい。

ここの展示場から我が家までは小一時間かかるが、なんと地元まで来て地元の数軒の不動産屋を巡り、使えそうな土地を数件ピックアップしてくれた上に、その土地にたつ家の間取りや概算見積もり、建設プランまでも作って持って来てくれた。

あまりの親切さにこちらが恐縮して見しまう感じだが、電話での対応もここがぴかいちだった。

つぎに親切だったのは「TOYOTAホーム」だろうか。
ここも地元まで来て土地物件を探してくれた。

ちなみに、どちらも業者も見つけたのは、「山のてっぺんの二区画」であった・・・・