家作り成功失敗記

一戸建ての家造りを決意した4人家族の物語です。

Category: 製品レビュー

ルンバ560を購入

前々から気になっている機械があります、ルンバ ロボット掃除機のルンバです。

ふつうの量販店の店頭価格は7-9万円くらいとかなり高価ですが、ネット上では29800円くらいの激安ルンバが数多く売っています。

どうやらアメリカからの並行輸入品らしく、円高も手伝ってかなりお買い得のようです。

そんなことを考えていた4月のはじめ、自民党に政権が交代したかと思うや、急激な円安が!
みるみるルンバが値上がりしてゆく!

焦った僕は、早急に購入計画に入りました。

まず、機種選定ですが3万円台前半で購入可能なルンバはルンバ560とルンバ530の2機種、530は新品の並行輸入もので、560は返品などで販売元に帰ってきた新古品らしいです。

2機種での大きな違いはスケジュール機能の有る無しで、560の方がちょっと性能が良さそうです。

日に日に安くなる円におびえながら、ポチットナと安心ショップというところでルンバ560を購入しました、この時の価格は送料込みで31800円でした。

では、早速使ってみましょう。
フル充電の後、クリーンボタンでスタートします。

音は掃除機というよりラジコンみたいな音がします。
音量はそれなりにでかく、静かではありません・・というよりかなりうるさいです

912673_510826402299344_2010623738_n

我が家の22畳くらいのフローリングのリビングをいったりきたり、最終的にドックにもどるまで1時間30分掃除してくれました。

仕上がりですが、さすがに1時間30分もウロウロしただけあって部屋中央付近はいうことなしです。
部屋の隅も角はさすがにゴミがとりきれてないぶぶんもありますが、ほぼきれいです。

部屋の中央に2メーター角の絨毯がありますが、問題なく乗り越えてゆきます。

我が家はリビングから土間につながっていますが、落ちることもなく掃除しています(置いているものを押し出して落とすことはあります)

スケジュール機能は大変便利!
ルンバを買う場合、スケジュール機能は絶対あった方がいいでしょう。
我が家では、毎日10時に児童にルンバが掃除を始めます。

勝手に動き出して、勝手に帰って行くのは本当にロボットって感じで満足度高いです。

ルンバ560のおうちですが、我が家ではキッチン下の奥行き1メートルくらいのくぼんだデッドスペースにセットしました。

本当にこんなところに変えるのかな?と観察しましたが、帰ってゆきますね~
感心です。
その日から毎日うごかしていますが、毎日驚くほどゴミをとってくれます。

ロボットが掃除してくれる優越感もさることながら、掃除機をかける回数がほんとに減りました、最近のかいものの中ではベストバイです。

我が家の反省点

ちょっと反省点も書いておこう

上平設計室さんで設計し、住まいの伏見さんで施工した我が家、非常に満足度が高い。

ハウスメーカーの家にはない雰囲気と間取り、造り付け家具の安心感に、木の匂い。

毎日家に帰るのが楽しくなる。

しかし、流石に反省点もあるので、書いておこう。

おしい第1位は、「朝ちょっと暗い」のである。

キッチンの横に大きな3mのサッシがあり、光ははいってくるが、さすがに20畳ものリビング空間では全体を照らすことは出来ない。

元々の設計では土間とリビングの間には遮るものは何もなく、土間の大開口のガラス戸から日が入るはずだったと思うが、目隠しのために土間とリビングとの間に大きな障子戸を設置したため、これが朝日を遮ることになった。

さらに現在土間のガラス戸に設置しているニトリで購入した竹のロールカーテンは思いの外遮光性が高く両方閉めているとかなりくらい。

開けとけば問題はないのだが、それだと外から丸見えなのでそういうわけにもいかない。
(現在生垣育成中なので、2~3年で生垣が大きくなると開けておけるとは思うが・・・)

そんなわけで、今のところちょっとくらいままでいる。

大きい天井があるので、天窓を付ければ良かったなぁ~と時々思う。
まぁ、これは今後の課題だな。

もう一点、雨の音がうるさい。

僕は雨が好きなのであまり気にならないが、それでもかなりの音が聞こえる。
これは我が家の大きな屋根と、梁の下に天井がない構造、屋根の素材(ガルバリウム鋼板)などが相まって起こることで、人によっては気になるかもしてないので一応かいておこう。

洗濯機のドラムから異臭がする

洗濯機から異臭がするようになった。

我が家発の縦型洗濯機パナソニック洗濯乾燥機「NA-VX3001L」を使い出してから2ヶ月あまりが経過したが、使用後、数週間が立ってからドラム内から異臭がするようになった。

症状としては、洗濯直後はあまり臭わないが、洗濯後20時間くらい経緯かした洗濯直前にはかなり匂う、ネットで異臭について調べたところ、配管の排水側の水を貯める部分の水を吹き飛ばして下水の匂いが上がってくることがあると書いてある。

とにかくサービスに連絡して、みてもらうことにした。

数日後、サービスのお兄さん到着、ドラム内を匂ってすぐに
「カビですね」とひとこと

えっ、まだ買ってすぐですよ
というと、洗濯後、ドラムのドアを閉めたままにしておくと、カビが発生してしまうとのこと、さらに乾燥まで頻繁に使うといいが、我が家の場合、乾燥機能は全く使わないのでカビが発生したとのことだった。

まじかぁ。。。洗濯後、ドアあけとけって書いてあったかぁ~と思いつつも、なってしまったものは仕方が無い。

対処法としては、サービスのお兄さんが持ってきたドラム洗浄用の洗剤(もしくは市販の洗剤)2000円を使用して所要時間11時間!のドラム洗浄コースモードで動かすといいらしい。

渋々購入して洗浄開始。

11時間後、とりあえず匂いはなくなった様子だ。
洗濯後はドアを開けとけというがでかいんだよなぁ~~

ちなみにこれまで使用していた縦型の洗濯時間は30分少々であったが、この機種は50分くらいかかる。
最新型の7100何かは30分で洗うらしいが、次に買うときは縦型かな・・・

リンナイの食洗機、落ちない!!!!

家内が「この食洗機、なんか落ちが悪い」という

なんでも、いつも食器を出したあと、2度洗いが必要な食器があるという。
ちなみに食洗機に食器を入れるのは僕の担当で、出すのが家内の担当である。

実際に検証してみると、シャワーがよく当たる部分は問題ないが、端の方はぬるっとした感触が残っていたり、丈夫にセットしたコップや弁当箱の中が白くなっていたりする。

アパート時代はパナソニックの卓上食洗機を使っていた、十年前の機械だが、これまではこんなことは一度もなかっただけに10万円もする、最新のビルトイン食洗機のオチが悪いというのは大ショックである。

打開策はないものかとネットを調べると、我が家で使っているリンナイの食洗機がいかにオチが悪いかという怒りのページが大量に出てきた。

まじで、リンナイの食洗機ってそうなの。。。。。

しばらく某然とする、高い買い物なのでじゃあと買い換えるわけにもいかない、こんな高いものなのに単品で買う時には必ず調べる口コミを調べなかったのが最大の敗因である。

しかし、まさか10年前の食洗機より落ちないとは。。。。

でもである、食洗機を使わないという選択肢は我が家にはないので、どんなに本国でも使わなければならない。

で、しらべた。

まず、食器のヌルヌルであるが、これは食洗機用洗剤の特徴ですすぎきれていないために食器に洗剤が残っているのではないかと推理、さらに今までは深夜電力を使用するために食器洗いのスタートをタイマーで深夜にしていたが、食後すぐ洗うに変更、さらに食後汚れた皿は水につけておくことにする。

洗剤の残り対策として、今まで使っていた粉末の食洗機用ジョイの使用をやめて、クリスタという花王の液体洗剤を使ってみた。

ライオンCHARMY クリスタ ジェル 本体 480g

ライオンCHARMY クリスタ ジェル 本体 480g
価格:541円(税込、送料別)

結果は。。。。。落ちてる。

2~3日、このパターンで使ってみたが、ここまですればなんとか実用に耐えそう。

でも、パナソニックに、すれば良かった。

2012/9/7 追記

その後も毎日食洗機を使い続けた結果、なぜ洗剤が残るのか判明した。
リンナイの食洗機に限った話かどうかわからないが、我が家の食洗機は、お皿をセットする金属フレームの台(カゴ?)の下の部分が非常に広く、広い編み目から頻度に弁当箱やお皿、お玉などが下にずり落ちて水の出るノズルと接触し、ノズルがうまく回っていないことが判明した。

対策としては受け網の下に物が落ちないように注意して入れる、という感じ。

原因がわかってからは問題なく汚れも落ちている。

しかし今でもたまに引っかかっているのでこの形状の改善を望むなぁ

カバザクラフローリングのお話。

我が家発の一部畳4。5畳をのぞいてトイレ、脱衣所、クローゼット、パントリーなどもすべて仕切りなしのフローリングになっている。
一階部分の素材はカバザクラ、2階は杉板である。

中でもいいのが、カバザクラである。
施工前、住まいの伏見さんの説明を聞いていた時には、そもそも違いはよくわからなかったため、ふ~んという感じだったが、実際に使用してみると、このカバザクラのフローリングがとてもいいのである。

結構硬い木のようで、食卓の椅子をずらそうが何をしようがきいいいいいい図がつく気配は全くない、踏んだ感じはしっとりとしているし、おそらく夏場は涼しんじゃないかと思う。

2階の杉板のフローリングも悪くはないが、柔らかいので、椅子のあとがついてしまったりする、カバザクラの場合、こんな心配はしなっくてもよさそうなのだ。

もう一つ気に入っているのが、木目の感じである。
とても細かい木目がはいっていて、光の射し方によって印象が変わる。

とても良いので、ぜひおすすめです。

ニトリのソファー”ミリア”を購入

お値段以上!ニトリ

本当にお値段以上か!?

と言うことで今回はソファー購入作戦である。

ソファーの価格というのは本当にピンキリで19800円のものから100万円のものなで千差万別十人十色である。

ネットを調べると19800円から29800円という安いソファーがごろごろと売られているし、ヤフオクでは数十万円というソファーの中古が数万円で売られていたりする。

そんなこんなのものたちをいろいろと検証していたが、そんな中、家内がニトリの「ミリア」というカウチソファーに一目惚れし、結果これを買うことにした。

ニトリ ミリア


ニトリのサイトで「ミリア」の情報をみると価格59800円 送料無料(一部地域を除く)現在在庫無し取り寄せ中 となっている。

う~ん、在庫なしか~と他のページもチェックすると「アウトレットページ」でおなじソファーが39800円で売られているのを発見、しかしよくよく見ると、アウトレットコーナーは販売地域に縛りがあり、今見つけたソファーは関東地域限定販売となっている、残念なので電話で問い合わせてみたがやはり中国地方には売れないという。

けちんぼ!

と思いながらも仕方ないので数日中国地方で「ミリア」のアウトレットがでないかなぁと観察するが、いっこうに出品される気配無し。

こうなると岡山県に3店舗ある店舗に電話で聞いてみようと、実際に聞いてみると、新たな驚きが!!!

まず在庫はあるが取り寄せになるらしい。納期は3日くらい
さらに送料は無料だが、それは実店舗の半径30KMくらいまでで、我が町は有料配送になるのだという。送料は8000円!高い!

というはそんなんだと一部地域有料と言うより、ほとんどの地域は有料じゃん!と思いつつ、岡山市と倉敷市の各店舗に納期と送料を聞いてみた。

おんなじだった。

結局定価で「ミリア」を購入することに、倉敷の店舗までトラックを借りて取りに行くことにした。

当日ニトリにつくとサービスカウンターで支払いし、商品を受け取りに搬出口に向かう。

重さは約60キロ、一人で下げるにはちょっと厳しいが仕方ない。

その後我が町まで約40キロの旅路をおえ、ヤット搬入である。

まとまった状態だと60キロであるが、いろいろとばらしてはこぶと何とか小学5年生でももてるくらいまで軽くなるので息子に手伝わせて搬入完了した。


こんな感じです。
ついにだいたい思い描いていたリビングか完成です。♪

パナソニックのエアコンも2台購入

子供が2人いるので子供部屋は2つ、空気清浄機も2台だが、当然エアコンも2台必要となる。
子供部屋は5.8畳と広さは平均的なので子供部屋のエアコンに関してはカカクコムの最安値の品を買うことにした。

しかしそれに至るまでには、ちょろちょろとある。
毎週のように入る家電量販店のチラシには「基本工事費込みでエアコンが39800円!」とか「29800円!」とかでている。

当初はタイミングを見計らってこういう奴を買おうと思い、最安値だった岡山市のKs電気に電話で聞いてみた。

「あの~チラシのエアコンですが○○市(我が町)もエリア内ですか?」

「申し訳ございまっせん、この料金で可能名のは岡山市だけです」

「・・・・・・・・あぁそうですか」

仕方なく地元の量販店のチラシに絞ると「パナソニックエアコン6畳用39800円(基本工事コミ)」が最安値のようだ。

ここでわからないのが「基本工事」なのだが、どのあたりまでが無料の範囲でどうしたら追加料金がかかるのかよくわからない。
そういえば以前アパートにエアコンを付けたとき、こういったプランで頼んで追加料金を12000円くらい取られたことがある。

その上今回の取り付けは2階なので室外機を1階に設置すると5m近く配管を伸ばさなくてはならない。

参考までにネットで「持ち込みOK・エアコン一台15000円で取り付けます」と歌っている岡山市の業者に電話で費用を聞いてみた。

「基本工事は15000円ですこれには基本的な配管と壁への穴開け工事、エアコンの取り付け工事が含まれています。エアコンの出力によって追加が必要です。また配管の長さは追加メートルあたり○○円で、そこに化粧カバーを付けると○○円くらい、2階に取り付けて5メートル配管を伸ばし、化粧カバーをすると総額でだいたい3~4万円くらいです。」

えっ!そんなにするの?!

と言うのが最初の感想である。

ちなみに本体を電気屋で購入して付けてもらう場合3~4万円から1.5万~2万円引きくらいになるらしい。

リビングの大きいエアコンはカカクコムで購入し住まいの伏見さんに取り付けてもらうことは決定しているのでこうなったら子供部屋のエアコンも伏見さんに付けてもらおう。

最終的にはこんな感じになった。

そしてカカクコムの最安値で購入したのはパナソニック「CS-221CF-W [クリスタルホワイト]」ちなみに、量販店の日替わり品のエアコンもだいたいこれである(よっぽど安いんだろう)購入価格は28000円(送料込み)

そして伏見さんに取り付けをお願いしたところ、一台あたり33000円(化粧カバー込み)
総額61000×2という値段になった。

さて性能はと言うとまだ試していない。
リビングの富士通エアコンが良く効きすぎて、吹き抜けでつながっている子供部屋は、ドアを開けておくだけで暖かくなる。

本格使用は夏かな?

Panasonic空気清浄機を2台購入

子供が花粉症と言うことで我が家では空気清浄機は必須である。

今までは家が狭かったと言うこともありシャープの 【シャープ】加湿空気清浄機 [KC-Y65-W/B]高濃度プラズマクラスター搭載!(kcy65w) 24150(円)と言うの1台で。12畳分ぐらいのスペースで過ごしていた。

この空気清浄機はなかなかの優れもので、魚や肉を焼いたにおいなどはあっという間にとってくれる。ハウスダストや花粉については目に見えないものだけに今ひとつ時間ははかないが、あると無いとでは心理的な効果も違うので24時間体制でフル活用していた。
(この商品は満足度が高い!おすすめです・・もう古いけどね)

しかし新居はこれまでのようには行かず、子供部屋ごとに空気清浄機が必要になった。
エアコンという手もあるが、エアコンを24時間付けっぱなしと言うわけにはいかないので、やはりここは空気清浄機だろう。

早速カカクコムで検索。
空気清浄機は「プラズマクラスター」のあるシャープ製に根強い人気がある。
しかしシャープ製で10畳以上クラスの空気清浄機は21000円くらいからと若干お高い。
いままでシャープ製のオーナーだっただけにシャープの空気清浄機には信頼感もあるが、今回は2台必要なため、もう少し値頃なものを探した。

ちなみにカカクコムの空気清浄機の分類には「プラズマクラスター発生器」と言うちょっとお安いのも含まれているが、主目的は花粉の除去のため、「花粉除去」可能無し品に絞る。

そんな中、レースに踊り出してきたのは「パナソニック 加湿空気清浄機F-VXF35-A(016755-08)」と言う品である。

木の家で、大工さんから「しっかり加湿してくださいね、目安は50%以上です」と言われているので「加湿機能付き」のものにした。
カカクコムでの最安値は15800円!対応の広さは16畳・フィルター寿命はちょっと短めの3年である。「ナノイー」なる「プラズマクラスター対応機能」もついてる。

最終的には「まあ、パナソニックなら大丈夫だろう」というブランドの勝負であった。

使ってみた感想だが、消臭機能はまぁ合格点だろう。加湿用のタンクはすぐに空になるが、これは致し方ないところ、花粉除去機能は、今のところ我が子がへやでグシュグシュしていないので効いているのだろう。

花粉やらハウスダストやらを検知すると、正面のランプが真っ赤に変化し、きれいになるとブルーに変わるのは普通の機能。2台購入したが今のところ順調に動いている。

ナノイーの効果は今のところよくわからない。

富士通のエアコン 使用レポート

我が家に住み始めて4日目、大きな懸念事項であったエアコンの効きであるが、思っていた以上の効きである。

富士通の「as-v71a2w」冷房30畳、暖房20畳の大出力機種ではあるが、我が家のリビングは20畳のうえ、かなり高い吹き抜けがどかんとある。

さらに今はやりの「高気密・高断熱住宅」ではなく、在来工法の普通の木造住宅である。

天井にシーリングファンがあるとは言え、さすがに1台では厳しいかなぁ、と言うのが本音だった。

で、実際は、これが本当に良く効く!
一代で全く問題なくぽっかぽかである。
さらに2階の子供部屋なども、戸を開けておくと各部屋のエアコンは必要がないくらい暖かい!

ちなみにフルパワーで運転時は結構な音と主に暖かい風が吹き込む、さすがは8.5KWだけあって5分もすれば全体的になったかくなる。
フルパワー時は室外機もフル稼働だが、防音がしっかりしているのか、それもと静かなのか(外にでてみるとそれなりに音はしているが)室内ではほとんど気にならない。

最近の家は、普通の家でも断熱効果が高いんだろうなぁ~と関心するばかりで、こんなんならば子供部屋のエアコンは不要だったかな?とも思う(まぁ夏は必須だろうけれど)

カカクコムで118000円、取り付けは伏見さんで27000円でしてもらい、合計145000円の仕事だが、これはすごくいい感じだった。
(ただし、電気代はこれからである・・・ちょっと怖い)

ニトリのカーテンのお話

ニトリで買ったカーテンを新居に付けた。
普通新築だとカーテンもオーダーメイドが普通だろうが、そうはいかない!
カーテンなんて消耗品はニトリだぜ!

問うことでカーテンは購入済み

いよいよ引っ越しも完了し、カーテンを取り付けた。

取り付け工事はもちろん自分で行わなければならない、とはいえカーテンレールをビスで留めるだけなので特に難しいことは何もない。

あえて難しいのは、ピカピカの窓枠や柱に穴を開けるのに勇気がいること!
せっかくの美しい木枠に穴を開けるのはかなり勇気がいる。

しかしそうも言っていられないので、まずは夫婦の寝室から作業開始!
電動ドライバーに2.3mmのドリルを取り付け、数法を計って鉛筆でマークした後に下穴を開ける。

全部開いたら今度は電動ドライバーをプラスに差し替えてビス留め!
カーテンレールは前の家から外して持って来たものだが、サイズは2mピッタリである。

次に娘の部屋へ

ここにも外して持って来たカーテンレールを付けようとすると、押し入れとエアコンに挟まれた窓枠が190cmくらいでカーテンレールがちょっと長い、これは困ったぞ!と思ったが、金ノコで15cmほど切ったらピッタリになった。

つづいては長男の部屋。
ここは寝室同様問題なく装着完了。

あとは3mあるファミリールームとリビングの2カ所である。
ニトリで探したが長さが108mmくらいで横幅が1.5m×2という普通のカーテンが見つからなかったので、「カフェカーテン」という1.5mのものを2つと3mのカーテンレールを1本購入している。

合うかな?と思いながら付けたが、仕上がりはこんな感じ

まあまあの仕上がりではないだろうか。

さて次はリビングだが、リビングのガラスはでかく縦2m横3mの横綱クラスである。
このサイズもニトリで探したが見つからず、2.33mと言うドレープとレースカーテンを購入している。
カーテンの下を裁断しても良いが、今回はカーテンレールを33cm上の取り付けて縦の長さを調整してみた。
こんな感じ、かなりい感じ!

最後は入り口のすだれブラインドだが、これも苦労した。
2本並べると、ちょっと長すぎて土間に収まりきらない!

困った結果、こちらも一本を端から15cmくらい切断して調整することにした。
ちなみにこのすだれブラインドは在庫主文で3900円が1480円になっていたお買い得品!

付け終わってみると左右の長さはピッタリ!だが、長さが30cm程足りなかったorz
まぁしょうがない。

このブラインドは結構重く、取り付けの金具が一本に付き4個のあり、それぞれにねじ穴が4個もあって、穴を開ける方がびびったので、ねじは2本づつ使うことにした

それでも玄関の木枠に穴を開けるのはカーテンレールの穴以上に抵抗感があった・・・・

そして完成!
どのカーテンも遮光性は問題なし
お値段以上かどうかはわからないは、お値段レベルの効果は間違いなくあるだろう。
とくにリブイングの長いカーテンは高級感もありいい買い物だった。

最後に一つ、「カーテンのふさ掛け(タッセルかけ)」を買い忘れていた!

また、ニトリに言ったときに買おう!

 

 

ニトリでカーテン購入
ニトリのカーテンその2