住宅ローンの本申込、本気で焦った

週末、労金にて住宅ローンの本申請を行った。
プランナーの大倉さんの言うことには、だいたい一週間位で最終的にローンが可能か否かの連絡がくるという。権利書紛失の件でそうでなくとも進行が遅れ気味のため、ちょっとでも早くと気が焦る。

そして一週間経過、何の音沙汰もない。

一週間と2日、連絡なし

一週間と3日、連絡なし・・・・

たまらずに大倉さんに電話。

「どうなってるですかねぇ?」

「遅いですね~」

と、何の不安解消にもならない会話を交わす。

一週間と4日、連絡なし

一週間と5日、連絡なし

・・・・・・・・・・・・・

まさか、ここにきて、今更やっぱりだめでしたなんてのは、いくら何でも無いだろう。
とは思いつつも、遅い連絡に胃に穴があきそうだ・・

そして週末、結局今週は連絡はなかった。
気が重い・・

と、陰気な週末を送っていると、いつの間にか一通のメールが入っていた。

「大倉さんからだ!」

メールには

「お待たせしましたが、ようやくろうきんより連絡がありました。審査OKです。
早速、来週にでも、土地のつなぎ融資・・・・・・」・・

やった~

というよりも、良かった~
と、がっくり力が抜けた。

本当に遅かった、いったいなににそんなに手間取っていたのかと思いつつも安堵の土曜日となった。

地主が権利書を紛失!

土地の売り主が、土地も権利書をどうやらなくしているらしい、というショッキングな情報が、入ってきた。

(※権利書とは、所有している土地を登記所に登記したときに発行される登記証明書で、土地取引をする際には必要な書類。なくした場合も再発行はされない。)

購入予定の土地は、もう売れずに10年近くほったらかしになっていた場所だけに、権利書の管理もおざなりになっていたのだろう。

さらに、売り主さんはかなりのご高齢で、仮契約の時も、娘さんが代理で来られたらほどだった。

大倉さんに、対処方について伺うと、「来週にでも、司法書士の先生と共に、売り主さんの自宅である神戸に行き、直接面談調査をしてきます、とのこと。

土地の権利書をなくした場合、金利所の再発行派でされないので代わりに「保証書」なるものを作成しての土地取引となるらしい。

保証書というのは、金利所をなくした本人がこの土地の持ち主であると言うことを証明するための書類で、「登記を受けたことのある成年者2名が権利書をなくした本人がこの土地の所有者であることを保証する書類」ということらしい。

また、書類作成には面談が不可避で当然司法書士の先生も出張っていくことになる。

で、実際の作業に僕の出番はないためとりあえずはつつがなく終了した様だった。
費用がどうなったのかは現時点では不明・・・

このことで銀行が権利確定まで決済できない状態となってしまい15日ほど進行が押してしまった。

ついに工務店と契約、「材木オタク」社長との出会い!

本日「住まいの伏見」さんと本契約をする運びとなった。
伏見さんの事務所は「早島」と言うところに有り、我が家からは50分くらい車で行った場所にある。
住まいの伏見
若干わかりにくく迷ったが、何とか到着、設計士の上平さんが先に到着していて待っていてくれた。

事務所に入るとなかは「木」の美しい柱組で超おしゃれな感じ、社長様と奥様、営業の西川さん、設計士の上平さん、そして我が家の家族4人というメンツである。

しばらくは雑談、子供たちはいつの間にかジュースやお菓子をいただき、むしゃむしゃ食べている。

そこでまず、伏見の社長の大久保さんが見せてくれたのが、木と木の継ぎ目の工法について。
伏見さんの建てる家ではこの木の継ぎ目はすべて「手刻み」と言う工法を使うという。
通常の木造建築の場合、「プレカット」と呼ばれる工場で機械加工された仕様のものを使うのがほとんどと言うが、伏見さんでは伝統工法である「手刻み」にこだわり、すべて現場で切り出しているのだという。

さらに伏見さんの職人は全員社員、これは伝統工法を伝承するための職人を養成したいという大久保さんのポリシーで、職人にいい仕事をしてもらうためにも必須なことという。

あつい!、暮らしの伏見の大久保社長!本当に熱い人だ!!!!!!!!!!!!!

社長の話はまだまだ続く、伏見さんでは「集成材」はほとんど使わずに無垢材を使用する。

(※:集成材(しゅうせいざい;Laminated wood)とは、断面寸法の小さい木材(板材)を接着 剤で再構成して作られる木質材料である。構造用と造作用に分類され、主に建材や テーブルの天板などの家具素材として用いられる。)

子供にアレルギーのある我が家では天然木である無垢材を使ってもらえるのは非常にうれしいが、コストの面や「人工乾燥」という過程を経ないとひずんで使い物にならないという話を聞いていたため、眼中になかった。

さらに伏見さんで使用する無垢材は、自社倉庫で自然乾燥を長期間行っているため、ひずみがでない!と言うのである。

通常、木造の新築の場合、工務店はオーダーがあってから建築用の木を仕入れるが、伏見さんではあらかじめ膨大な乾燥された無垢材を大量にストックしており、家をオーダーすると、在庫のなかから材料を選び使用するため、コストも集成材と変わらないと言う。

驚いた、これには本当に驚いた。

社長さんの人柄にも惚れてしまった、これは本当に良い出会いだったのではないだろうか。

そして、本契約ははんこをついて終了。

その後、大久保社長自慢の材木倉庫を見学させてもらう。

「こりゃすごいなぁ~、製材所でもこんなに木を持ってないよ~」と上平氏まで驚いている。

社長さんに一つ一つ解説してもらう

「これは栗だよ~とか、これは○○だよ~」など、教えてもらうが(悪く言えば材木オタクともいえるが、本当にすごい、ほとんどすべての種類の木が、それも大量にストックされている。)なにぶん素人なので、今ひとつぴんとこないが、同行している上平氏がかなり興奮状態なのをみると、相当すごいのだと思う。

解散後の感想、いい出会いをした。
どんな家ができるのか、本当に楽しみになった。

ついに工務店決定

設計士の上平さんから施工業者が決定したと言う連絡が入った。

当初、3社程度で相見積もりを行いその中から業者を選定するという予定だったのだが、相見積もりをとるまでもなく、今回あたりをつけた施工業者は何かと「すごい」という。

相見積もりをとる場合、選定となる概算見積もりを作成に、いかにそのラインに近づいてくるかが勝負となるらしいのだが、今回上平さんが絶賛しているこの施工業者は、こちらの出した概算見積もりの額ピッタリで工事を行い、追加はいっさいいらない!と言い切っているらしい。
結局相見積もりをとることもなく、その業者に依頼することになった。

そして、本日その業者に会うべく、出かけてきた。
待ち合わせは岡山の2号線バイパスにあるファミリーレストラン。
その後、設計の上平さんと一緒に、施工業者である「住まいの伏見」の西川さんという方と合流し、まずは本日上棟式を行っているという現場を見せてもらうことにした。

待ち合わせ場所から20分程度走って現場に到着、上棟式だけ合って大工さんがずらりいるほか、施主らしき人もいて、みんなにアイスを配っている。

「どうもはじめまして、お邪魔ですが見学させてください。」と施主さんにご挨拶すると、子供にとアイスをいただいた!

この家について説明を受ける、なんでもこの家の梁には、いままで神社で使われていた一本の巨大な梁が使われていると言うことで、なるほどなんだか立派な梁が付いている。

なんでも「暮らしの伏見」さんは、日本の伝統工法にこだわり、大工さんもすべて社員と言うことらしい。

しばらく見学をしていると、「暮らしの伏見」の社長さん夫婦らしき人が到着したのでかるくご挨拶をして次の現場へ。

次に案内されたおうちは2階建ての和風の家で9割方は完成している感じだった。
外装は岡山県で伝統的に使われている「焼杉」で、内装は床にはカバザクラのフローリング、壁は全室漆喰塗りと言うことだった。

さらに2階に上がると天井は梁の見える勾配天井で、梁の中心に巨大な丸太が家の端から端まで一本通っていた!

「かっこいい!すごい!」と歓声を上げて喜んではいたが、内心我が家の予算でいったいどんなのができるのか(なにぶん少ない!)不安にもなってしまった。

その後、西川さんと雑談をしていたところ、伏見の社長さんの人柄を教えてくれた。

「うちの社長はいい車には乗らないんですね~、そんな金があるなら”木”を買う、それをやすく使ってあげればお客さんが喜ぶからなぁ~ って言ってねぇ~」
(ちなみにTOYOTAのビッツ(旧)に乗られていた様子)

そんな話をきいて、かなり好感度アップな感じだ!

本日はこれにて見学終了、現地解散をして家内、子供とともに帰宅。
希望と不安でいっぱいの一日だった。

新築と確定申告

今回は確定申告のお話。
現在開業して2年目の僕は銀行にたいしてほとんど信用力がない。
しかし、昨年から何とか住宅ローンを通すために昨年の確定申告では本来掛かったはずの経費のほとんどを事業主貸しに計上し、遜色のない利益を上げてみた、実にその前の年の2倍!

そして、その行為が恐ろしいことに・・・・・

まず、実際に申請した住宅ローンに関しては、信用力の僕では難しい(涙)というアドバイザーの意見から、家内の名義でろうぎんより借りることとなった、それに先駆けて、一応僕の確定申告の書類(3年分)を提出したところ、ろうぎんでは「借り主の収入を見る際は3年分の収入の一番少ない!額を参考にする」という。その上自営業であっても、あくまで見られるのは年収であって年商ではない。

・・・・ということは、今年の収入増額、何の意味も無いじゃん(涙)・・・・と思っていたら、全然他の場面で意味がアリアリだった。

そう、払わなければならない税金が倍増してしまった!
これはもう泣くに泣けない事態であるが、今後こんなことを考えている人には参考にして欲しい。

まず所得税だが、これはもう間違いなく上がる。
まぁ、これは確定申告の書類を作った時点でわかることなので織り込み済みだが、半年ほど遅れて奴らはやってきた。

まずは、市県民税、昨年より倍増・・・

その1ヶ月後、健康保険税、昨年より倍増、さらに扶養している2人の子供の分も倍増、つまり3倍になってしまった。

さらに、数週間後、見慣れない封筒が・・・「個人事業税」と言うのがやってきた。
どうやら一定額以上の利益が出ている個人事業主のところにくるらしい・・・

結局、住宅ローンの審査に真全く関係なく、単なる増税を招いてしまった。
勉強不足のための大失敗である。

来年は、普通に戻すぞ!!!と息巻きながら、もう少し確定申告の勉強をすると、
見逃すことのできない重大な規則を発見!!

現在の借家は50:50の比率で事務所として使っているため、家賃の半分を経費に計上しているが、持ち家の場合、自分名義以外の持ち家では経費の計上ができない。

さらに土地の取得に関しては自分名義であっても経費扱いにはならない(資産の取得のためらしい)。

さらに住宅ローン減税だが、ローンを共同名義で借りている場合、名義人両方ともローンの控除が可能となるようだ。

ローンを家内が借りるため、当初すべて家内名義にするつもりだったが、このまま進むとえらいことになるところだった。

ということで、プランナーの大倉氏と相談し、家・土地・ローン・すべて僕と家内の共同名義とすることにした。
比率は50:50でローンの主債務者は家内・僕は共同債務者と言うことに変更、ローンの仮審査後の変更ではあったが、主債務者は変わらないため、手続きは問題無く終了した。

このあたりのことは自分で調べないとなかなか誰も教えてくれない。
これから家を検討している自営業者さんはよく調べて行動しよう!

上平設計室の事なんかもちょっとかいておこう。

上平設計室の事なんかもちょっとかいておこう。

設計士の上平さんとは、全く面識はなかった、ハウスメーカーのつれない態度にいやけがさしていたたタイミングで偶然見つけたのが上平設計室のホームページだった。

そのホームページを見た僕は、翌日には直接事務所に話を聞きにいっていた。
上平さんは一級建築士で僕より十歳くらい年上?だろうか。
ご自分で設計された自宅兼事務所で美人の奥さまと暮らされている。
氏のブログをみると、音楽(特にロック)がすきで、あと映画も好きで、スポーツジムなんかにも通われているらしい。

家の他にも、老人ホームのリフォームや、集合住宅何かも手掛けられているらしい。

そんな上平さんだが、会いにいった当日に、家の設計を依頼してしまった。
勢いというか、タイミングでというか、巡り合わせというか、不思議なことに今までまるで決まらなかったことが、ジグソーパズルのピースがスコンとはまるような感じでしっくりとはまった感じがした。

ちなみに、ホームページを見て直接やって来て、その場で決めたのは、僕がはじめてらしい。

その後は、上平さんに様々な案の図面を作っていただいた。
どれもよかったが、建築士さんだけに本当に自由に設計をしてもらえる、プランを立てている段階では、「本当にこれが予算内でおさまるの?だろうか
」と不安になるほどだった。

さらに特筆すべきは、打ち合わせ中に変更があったり、アイデアが浮かんで、仕様を変更してもすぐにその場で新しい図面を何度でも書いてくれる。

とても頼れる感じなのだ。

さて、そんな上平さんとの打ち合わせも、初期段階を終え、いよいよ家を実際にたててもらう工務店の決定段階に移る。

現在三社程度の候補があるらしく、選定中とのことらしい。
次もいい出会いができるといいなぁ。

家族4人で神戸のIKEAに行ってきた。

夏休みと言うこともあり、ちょっと足を伸ばして家族4人で神戸のIKEAに行ってきた。

IKEAと言えば言わずと知れた世界最大の家具屋さんだが、実は行くのは初めて。
通常岡山から神戸までは2時間程度のだが、この日は夏休みの日曜日と言うことも有り、3時間30分もかかってしまった。

神戸IKEAはポートアイランド内にある。神戸は大学時代に暮らしていた場所で土地勘があるため迷うことなく到着、しかしでかい!何ともでかい家具屋だ!

立体駐車場に車を止めたことにはおひつの12時を過ぎていたため、まずは腹ごしらえをしようと周りを見回すとフードコートコーナーを発見、しかしメニューがホットドック1種類のみ!?こんなにでかい店なのにこれだけ?と軽い疑問を持ちながらも、家族でホットドックを頂いた。

ちなみに一個100円と激安のため、家計にはとても優しい。

お腹いっぱいになった後、では店内を見ようと2階に上がると巨大なレストランが!!!!!!!!!!

あ~レストランあったのね~~(そりゃそうだろう!)

そしていよいよ店内へ。
今回の目的は有名な「部屋のサンプル」を見ることと「システムキッチン」で素敵なのがないかチェック&チェックすること。

2階の最初の展示はソファーからで、そりゃ大量のソファーが置いてある。

どれもいいなぁ~ 

それにしてもIKEAでかい!地元のでかいニトリの倍はゆうにある、目的の「部屋のサンプル」も大量で、どんどんと夢が膨らむ。

そしてシステムキッチンコーナーだが、ココは残念ながら思ったほどのサンプルはなかった。(とはいえ大量にあるが)IKEAのシステムキッチンはほとんどオーダーメイドに近い形で制作されるため、これ!といったサンプルはなく、ユーザーが自分自身でくみ上げてゆく感じらしい。

その後、いろいろ回った後一回のマーケットプレイスへ。

ここは雑貨や食器、布団やカーテンなどが大量に販売されている。

マーケットプレイスを抜けるとIKEA最大の見せ場(個人的な感想ですが)である、家具の倉庫がドーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!と現れる。

この倉庫の巨大さには圧倒された。
まるで自分がアリエッティー(小人)になった様な錯覚に陥る。

で、結局買ったのは犬のしっぽ形をしたのフックを2個と、ポールにつり下げるタイプの物入れ2個・・・しょぼい

IKEAを出た後、子供2人をつれて神戸の震災博物館に寄った後帰路についた。
あんな素敵な部屋に早く住みたい。

リクシル見に行こう!

設計士の上平さんから、リクシル見に行こう!と提案があったので早速出かけた。

リクシルとは最近設立された会社でよく「リクシルって知ってる?」と言うCMが流れている例のやつだ。
「トステム」・「INAX」・「新日軽」・「サンウエーブ」・「TOEX」が合併してできたらしいが、この業界も競争が激しいのだなぁ~と実感する。

され、リクシルのショールームは岡山市の問屋等付近、朝10時に上平氏とショールームで待ち合わせて店内へ、入り口にはホテルや旅館のような「本日のお客様 ○○様」的なボードがたっている。

気合いを入れてきた為か、一番乗りだったが、その後30分もしないうちに店内はごった替えするほどの人混みに!

さすがは土日ではあるが、こんなに大勢の人がショールームを訪れるのかと感心した。

さて、本題だが、今日の目的は「ユニットバス」「システムキッチン」「トイレ」の下見である。

まず案内されたのは「ユニットバスコーナー」リクシルのユニットバスは元々はINAXのものらしい、3パターンの松竹梅のユニットバスが展示されており、見るとやはり高いやつはいい・・・・とはいえ予算からベースには中間をチョイス、さらにユニットバスの場合、風呂桶のタイプや蛇口のタイプ、風呂蓋のタイプにタオル掛けなど事細かいオプションを次々とチョイスしてゆく。

その次は便器、便器には希望があって、是非ともタンクレスタイプが欲しい、それで聞いてみると、タンクレスタイプの場合、土地の場所の水圧によっては「ブースター」なるものが必要になるらしい、但しコスト的にはあんまり変わらないと言うことで、希望通りタンクレスタイプをチョイス。

最後はシステムキッチンだ。
リクシルのシステムキッチンは基本的に元「サンウエーブ」の商品らしい。
こちらはいいのと安いのの2タイプあり、とりあえずいいのをチョイス。
さらに換気扇やHIヒーター、食器洗い機、パネルの色、素材など事細かく決めてゆく。

なんやかんやで2時間くらいかかった。
最終的な金額は、リクシルから上平さんのところに連絡が行くというので、我々はカタログをもらって帰宅。

そして数日後、上平さんよりTEL・・・・

「あの~○○さん、完全に予算オーバーなので、工務店の得意なメーカーをつかいましょう・・・・」

「え~~~~やっぱり!!」

実はうすうす感じていた。
本当に予算内でこんなのできるの???って(まぁ、楽しかったしいい経験ができたので、これはこれでいいのですが、基礎知識も付いたし!)

さて、我が家のキッチンはどうなるのか・・
もしかして「お値段以上・・・・ニトリ」

土地の契約完了 着々と進む

大倉氏より数日前に電話があり、ローンの借り審査がっとった!とのこと!

やったっ! これは大きな前進だぞ~

と言うことで、マイホームがますます近づいてきた。

と言うことで、本日はいよいよ土地の仮契約の日となった。
仕事を早めに切り上げさせてもらい、地元に不動産屋に向かう、午後3時に約束していたが、ぎりぎりとなってしまった。

不動産屋に着くと、すでに土地の売り主は到着していた。

「どうもはじめまして」と僕

先方さんは本日はるばる神戸からやってきたらしい。
聞くところによると、本当の持ち主はこの日きたおばさんのお父さんで、高齢のため代理で仮契約に訪れたという。住所を聞くと僕が大学時代に住んでいた場所のほど近くで何となく親しみがわいた。

この日売り主に手付け金を支払い、不動産屋には手数料の半額を支払う。
契約内容は事前に不動産屋より説明を受けていたが、改めて契約書を1行ずつ読んでゆくという大変めんどくさいものだが、、まぁこれもお約束なので仕方ない。

契約の特約として、「もしローンが通らなかった場合、この契約は無効になる」という部分では先方に

「大丈夫ですね・・!」と念を押されてしまった。

「ええ・・おそらく大丈夫でしょう・・」とぼく
(本当に大丈夫でありますように祈る)

最後は双方契約書にはんこをついて、手付け金を払って終了。

特に何事もなく仮契約は完了
このあと、最終的に所有者本人と会い、本契約を行い土地代を支払って所有権がこちらに移る段取りとなるらしい。

結構手続きは面倒くさいのだった・・

設計打ち合わせ&ローン仮申請

家内と子供の四人で、上平さんの事務所に向かう。

上平設計の事務所は岡山自動車道のインターを降りてすぐの場所なので、我が家からなんとなく近く車で45分くらい。

途中下の子が車酔いでコンビニで休憩したこと以外は滞りなく設計事務所に到着した。
そう、家造りはぼちぼちと進んでいるが、家内と上平さんがまだ会っていなかったため、本日は初顔合わせとなる。

当然、ショールームである上平さんの自宅も家内にとっては初お披露目だ。

到着後、まずは事務所で打ち合わせ、こちらの要望や予算が厳しいことなどぶっちゃけトーク・・・。

また、家内は以前祈祷師に言われた、来年の節分までの引っ越しがたまらなく気になるらしく、工事期間や風水的な事なんかも聞いていた。

祈祷師に言われた事とは、僕が厄年を迎えることから、家を作るのであれば、来年の節分までに決着をつけろ、と言うものなのだが、上平さんの言うには、こんなことはよくあるはなしで、住所のみを移して、家具を何かひとついれて、その場で火を使う、などなど色々な方法があるらしい。

過去の上平さんの手がけた家の写真なんかも見せてもらった。
なかにはコストダウンのために、休日は施主がペンキで自宅の壁を塗ったとかいろいろと聞かせてもらった。

かなり楽しそうなので、我が家もそんな感じで行きたいものだ。

こちらの要望を大体伝えたあと、家内ともに上平さんの自宅を見学させてもらう。

自宅だけあり、上平氏の奥さん(美人)もおられ、使用感など色々と聞いた。

そうそう、上平氏の自宅のキッチンはアイランドタイプでとてもかっこいいのだが、吾が家内はどうしてもこの目隠しのないタイプが嫌らしく、段差をつけて手元が隠れるタイプにしたいらしい(フラットの方がかっこいいのになぁ~~~)

本日の設計打ち合わせはこれにて終了、かなり具体的に家の形が見えてきた。

近くの丸亀製麺でうどんを食った後、本日もう一つの山、金融機関への仮申込に向かう。

ターゲットは”ろうきん”、ちなみに残念ながら「僕」の信用力(独立2年目、収入普通)では住宅ローンの申請は無理との結論にいたり、主債務者は家内(勤務14年)でゆくことにした。

食事後岡山のろうきん住宅ローンセンターに向かう。
このたびはプランナーの大倉氏、そして朝から引き続き上平氏も同席してくれた。

ローンセンターにて概要を聞き、その後仮申込・・・・とりあえず反応は良さそうだ。
この申込の後、予備審査が有り、一週間後くらいに結果がわかるらしい

ココが登竜門だ! お願いします!!!とおして!!