クローバーによる雑草対策

クローバーを使った雑草対策をはじめて約2年、1年目はいい感じでクリーバーが雑草を覆い、かなり効果的だった。

そして2年目。。。。

クローバー、まけましたorz

元の雑草がしげしげと生え、クローバーが駆逐されている!
雑草の生命力、恐ろしや!!

と言うことで、定期的に種をまいてやる必要があるかも・・・

マリーゴールドが満開

 

DSC_0253 - コピー

庭先に植えていたマリーゴールドとニチニチソウが満開です!

DSC_0255 - コピー

外に植えているハーブも大膨張しています

DSC_0257 - コピー

4月に植えた玄関前階段の芝生もふっさふさです

DSC_0258

芝生 育成日記 2013年夏

DSC_02492013/6/8、

ホームセンターで入荷したての青々とした芝生を見つけ、衝動買いしました。

使用したのは20束、青々として生きがいいです。ひとくくり498円で20くくりで約1万円です。

DSC_02572013/6/8、

芝生の敷き方をネットで検索したところ、耕してから敷く方法と耕さずに敷く方法があるようです、「まあ、耕す方が無難だろうと、最初1メートル四方耕したところでギブアップ、とてもじゃないけれど、庭全部を耕すなんて一人では絶対無理!」ということで、耕さない理論を採用して何もせずに庭の上に並べ、目土を芝生様の砂で埋めました。

ちなみに目土の砂は5袋を使用しました。

DSC_03192013/6/15

購入後、1週間が経過、なんだか全体的に枯れてきています。。。。。。。。orz

このまま枯れてしまうのか!!!!!!!!!!!!!!!!!

やはり、耕さなければ行けなかったか!!!

ちなみに今年の6月は異常気象で連日35度を超える猛暑が続いています。

朝晩、水をやっていますが、連日枯れてゆきます。。。

DSC_03392013/6/25、

10日たちました。芝生にちょっと緑が戻ってきています。

DSC_03872013/7/1

写真右半分は何となく復活してきています。

左半分はm枯れ葉治まったものの、今ひとつ元気が無いようです。

DSC_04372013/7/14

14日たちました。写真右半分は芝生と芝生の間隔がずいぶん埋まって目立たなくなってきました。

左半分はあまり変化なしです。

DSC_04802013/7/23

7月ももうすぐおわりです。

最初にくらべると、すっかり芝生の庭になりました。

ここまで約2ヶ月です。

DSC_02532013/8/21

約1ヶ月が経過しました。

右半分は一度刈り込みを終了。

左は相変わらずあまり元気がありません。

右半分は完全に埋まりました。左半分は元気が無いため、芝生の土を追加して補強しました。

結論・・・

芝生は耕さなくてもOKですが、メドの土をしっかり入れないとうまく育ちません。

土をしっかり入れるといい感じですくすくと育つようです。

 

 

クローバー大作戦

我が家の敷地内には土地購入後全く造成もされず、雑草ぼうぼうの暗黒スポットがある。

家を立てるに当たり、手を入れる必要のなかった部分で、土地購入直後の混沌とした部分だ。

しかしながら、いつまでもこのままにしておくわけにもいかないので、まずは草刈りをしてみた。

とにかく雑草がみっちり生えている。
草刈りをしたところで一週間もすればすぐに雑草だらけになるので、なんとかしたいところではあるが、コンクリを敷くなんていう無粋なことはしたくない。

雑草対策として調べてみると、どうやらクローバーがいいらしい、クローバーによってその場所が占有されると、他の雑草をクローバーの大きな葉が隠して成長を阻害し、雑草を生えにくくしてくれるらしい。

早速ホームセンターにクローバーの種を買いに出かける。

2坪用というのを購入し10センチほど耕したのちに蒔いてみた。

現在一週間が経過、クローバーの赤ちゃんがいっぱい発芽してきた。

これからが楽しみだ

高梁の賃貸マンション

シンボルツリー購入

以前ブログに書いたとおり、我が家のシンボルツリーはカイノキということに決定している。

しかし残念なことにカイノキはほとんど流通しておらず、どこでも取り寄せになってしまう。

そんななか、タイミング的にそろそろカイノキが欲しいなぁとおもっていたので、たまたま通りかかった会社近くの植木屋に入り、「カイノキありますか」と訪ねてみた。案の定在庫はなかったが、すぐに何処かに電話して、6000円のと8000円のと1万円の3種類があります。とのこと、。


「その値段のちがいはなんですか」ときくと主には枝ぶりと幹の太さによるらしい、高さはこちらの指定で2メートルくらいをチョイス、残念ながら、あらかじめ商品を見ることはできないという。

まぁ、これも縁なので真ん中の8000円のを注文してその日は帰宅した。

数日後、植木屋からカイノキが入荷したという連絡があったので早速鳥にゆく。

思っていたのよりもひょろひょろではあるが、確かにカイノキだ。

6800円におまけしてくれたので気分良く購入して帰宅。

翌日早速植えることに。
当初道ぎわに植えるつもりだったが、落葉樹で大きくなることもあり、庭中央にちかい畑の横に植えることにした。

まずは根っこが丸々はいって、さらに10センチくらい埋まるまでの穴を鍬で掘る。

穴にカイノキを入れると、園芸用の土を周りにいれて、ジャバジャバに水を入れる。

水が入ると木をグリグリ回して空気抜きを繰り返し、さらに土いれ水いれを繰り返す。

だいたい隙間なく土が入ると、根の周りをぐるりと土の土手を作り、中に水を貯める。

あとはあらかじめ切り出していた竹3本で支えを作って作業完了。

こんな感じになりました。

ちなみにこちらは岡山市、柳川交差点のカイノキ、でかい!

植木市に出かけた。

ゴールデンウイークに突入したので、気になっていた例の場所に出かけることにした。

植木市である。

なんでも我が岡山県には金光町という超有名な植木の産地があり、毎年ゴールデンウイークと、11月ごろの2回、大規模な植木市が開かれるのである。

今日も家内は仕事なので、子供達に「いいところいこ」と(植木市というとテンションが下がる)騙して出かけてみた。

金光町間では車で50分くらい、この日はあいにくの雨模様だったが客足は割と多いようだ。

いつまでも目的地を言わない訳もいかないので、
子供達に、これから行くのは植木市だよ、というと、案の定テンションダウン、仕方ないので「じゃあ、それぞれ欲しい木を一本買っちゃる、」となんとかテンション維持に務める。

リクエストでは上の子はデコポン、したの子はキウイということで話がついた。

我が家の庭にはすでにシンボルツリーのカイノキも生垣のツツジやレッドロビンも導入済みではあるが、最近園芸に目覚めた僕は興味津々である。

会場に着くとまずはデコポンとキウイさがし。

デコポンはスクに見つかり、1500円、その後いろいろとみていると、トキワマンサクの実物を初めて見た、かなり綺麗、その上この会場では1メートルくらいの大きなトキワマンサクガーランド700円と破格の値段で売られていた。

しまった、早まった。。。。
と思ったが、時すでに遅しである。

正直、最近意識してよその家の生垣をみているが、10軒中7軒はレッドロビンなのでありがちすぎて。。。。とおもっっていたところだっったのだ、さらに追い打ちをかけることが。。。。

ホームセンターで購入した我が家のレッドロビンの3倍はあろうかという枝ぶりの良いレッドロビンがいたるところで300円未満で売られているではないか。。。。

焦り過ぎは禁物である。

さらにいうと、餅は餅屋、植木は植木屋で買えということであった。

気を取り直して、キウイの気を探す、

あった、ふとみるとメス、と書いてありその横にオスと書いてある、
どうやらキウイにはオスとメスがあり、2本ないと実がならない、さらに木ではなく、ツルであることも判明、こりゃ、うちに植えるのはちょっと難しいぞ、ということでデコポンのみ購入した。

1500円だったが、1000円にまけてくれた、ラッキー

家庭菜園スタート

我が家の庭は広い、80坪の土地に一回部分25坪の家が立っているのだから、残りの55坪は庭である。

そんなわけで、ありあまる(笑)土地に家庭菜園用のはたけを作ってみた。

幸い、土地の一部は家が立つ前の状態のママ全くの手つかずでもともと畑だったため、土がこんもりと積んである。

この土を利用して畑をつくる。

という感じで土を掘り出すと、出るは出るは大量の根っこが次々と出土し、あっという間にゴミ袋いっぱいになる。

さらには木の切り株や大きな石もゴロゴロと出てきた。

とにかく不要なものをよけつつ土だけを畑予定地ん運び込む。

予定としては1。5坪程度の畑で、わ庭との境界に先ほど出土した石を使って石垣を作った。

そして、こんな感じになりました。

現在、トマト、ピーマン、キュウリ、ナス、トウモロコシ、長ネギの苗を買ってきて栽培中。

美味しく育ってくれよ

庭にレッドロビンの生垣を作って一週間

順調にすくすくと伸びている
反面、一緒に買った階段側のツツジの方はというと、心なしか元気がない。

マサドに直接植えているので栄養不足なのかな?
と肥料をいれて見ることにした。

早速できたばかりのナフコで油粕なる肥料を一袋購入、植えている気の横に穴をほって油粕を埋めろと書いてあったので、指示通り作業を行う。

その後一週間、気のせいか、ツツジはちょっとだけ元気が出た気がする、レッドロビンは相変わらず元気いっぱいだ。

入り口の花壇 その2

住まいの伏見さんによって、外構は完成した。

かなりいい感じではあるが、コスト的にケチったので、コンクリートブロックむき出しである。

ここに関しては、ちかいうちにDIYで漆喰を塗ってみようと企んでいる。
さらに壁の上には丸瓦をおいて和風にしたらお城みたいで多分かっこいいと思う。

しかし今のところ、時間も予算もないので、まづは壁の手前を飾ることにした。

ブロック塀の擁壁の基礎はコンクリであるが、そこには土は入らず、コンクリがむきだしとなっている。

この部分にツーバイフォー材をおいて竹の杭で止め、余っている土をいてれ花壇を作ってみた。

こんな感じ。

いんじゃない~~

あとは、ブロック塀に漆喰だなぁ

生垣のDIY

我が家には大きな土間がある。
土間の周りは大きなガラス窓になっており、景色がよく見える。

だ景色がよく見えるのはいいことなのだが、外から我が家の中が丸見えになってしまうという問題が発生、もともと塀をする予定ではあったが、予算との兼ね合いからまだ塀は作っていない。

そこで今回は個人でも簡単に作ることのできる、生垣を作ることにした。

生垣をつくるとなると、重要なのは木の選別である。
候補としてはツツジ、ベニカナメ(レッドロビン)、トキワマンサク、コニファーなど、ネットで調べるといまの人気はトキワマンサクのようだ。

しかしトキワマンサクは人株おおよそ980円くらい、ツツジは500円から680円、ベニカナメは300円から680円480円といったところ。

トキワマンサク、魅力的だけど、ちょっと高いなぁ

ちなみに今回生垣を制作するのは家の正面の10mくらいの部分と、入り口の階段横6m 合わせて16m、ふつう30センチ間隔で苗を植えると50苗くらい必要な計算、トキワマンサクだと5万円だ

どちらにしてもまずは苗を支えるために竹の四つ目垣が必要なので、四つ目垣から制作開始だ。

ホームセンターで杭を7本買ってきて生垣予定地に1。5m間隔で木槌で打ち込んでゆく。

後日、知人の山から竹を10本くらいもらってきて適当な長さに切りそろえる。

固定はホームセンターで買ってきた荒縄、見よう見まねのため正しい締め付け方などはわからずに適当に閉めてゆく。

出来上がったのがこれ。

おっと、いい感じじゃないか!

この日はこれで作業終了

数日後、我が家の近くにでっかいホームセンター(ナフコ)がたまたまでっかくオープンした。

いいでものはないかなぁ~と見にゆくと、ベニカナメがひと苗248円で販売中を発見!

もう買うっきゃないでしょう!と正面の四つ目垣を作った部分ように30苗購入、7500円なり、ついでにツツジの苗も10苗(498円)を購入して帰宅。


早速植えてみった。


こんな感じ、


まだスカスカだが成長が楽しみだ。