濡れ縁(ウッドデッキ)をDIYで制作してみた

庭いじりが楽しくて、いろいろと画策している最近ですが、庭といえばぜひとも欲しいのがウッドデッキです。
image

我が家は和モダンな外観なので洋風のウッドデッキではなく、濡れ縁的なウッドデッキがあれば家の雰囲気にばっちりと合うはずです。

ホームセンターに半坪で19800円程度の半完成品のウッドデッキが売っていますが、自転車置き場の制作で自信を深めた僕は濡れ縁もDIYで作成することにしました。

さて、当初SPF材でお手軽に考えていましたが、ちょっと調べてみるとSPF材は耐久性に乏しく、エクステリア用の大工には向かないとあるではないですか、ググってみたところウッドデッキの一番人気はレッドシダーらしく、各所でおすすめしています。

そうかぁレッドシダーね~と材料を探しにホームセンターに行きましたが、さすがは田舎のホームセンター!レッドシダーなんてしゃれたものは置いていません。

そこで、今回は昔から日本建築の外構に使われている「杉」で制作することにしました。

制作する濡れ縁は100cm×340cm 高さは50cm、結構な大きさです。
基礎はブロック塀でもいいかな、と思いましたが、外見を考えて束石を使用することに。

早速購入です、

買ったのは
4000mmの90×90mmの杉一本
4000mm 45×45mm 杉4本
2000mm 35×30mm 杉50本

防虫防腐塗料1.6l 一缶
釘、ねじ 金具など 計15000円くらい

ホームセンターで軽トラをかりて家まで運びます。

荷物を下ろしたら、まずは材料の切り分けです。
image
image

図面は引いておらず、設計図は頭の中なので、数を確認しながら丸のこで裁断してゆきます。

切り終わりました。
次は塗装です。
image

ものが濡れ縁だけに、しっかりと防虫防腐対策をしなければいけません、で・・・
1.6lの塗料では全然足りません(涙)

一缶2500円(それでも自転車置き場の時使ったキリラデコールよりだいぶ安いですが・・)と結構な値段ですが、もう一缶買いにホームセンターに走ります。

この日は天気が良く、2度塗りしても2時間で程度で完了しました。

さて、塗装が乾くのを待つ間に、今度は土木工事です。

今回はコンクリは打たずに地面に束石を乗せるだけなのですが、それでも水平をとるのは結構大変です。
image

水平器は、自転車置き場作成時にダイソーにて購入、全然問題なく使えています。

あっちを掘ったり、こっちも盛ったりして水平とり作業も何とか完了。

束石に足をボルトで留め、周りの縁をねじで留めてゆきます。
image

ここで問題が、天板用に買った棒が(予算をけちったせいで)ちょっと細かったらしく、剛性感が足りません。
急遽横棒をたして強度アップを図ります。

土台が出来たので、天板の棒を張ってゆきます。
ここには釘を使用、何でもビスを使うとめり込んでしまい、くぼみに雨水が入るのがまずいそうなので、アドバイスに従い、釘打ちにしました。

約100本の100cmの棒を、ひたすら釘で打ち付けてゆきます。

一通り出来たらサンダーをかけて表面をなめらかに磨きます。

最後にもう一度上から塗料をぬってできあがりです!
image

どうでしょう。和風の家にはかなりマッチしています。
image

ルンバ560を購入

前々から気になっている機械があります、ルンバ ロボット掃除機のルンバです。

ふつうの量販店の店頭価格は7-9万円くらいとかなり高価ですが、ネット上では29800円くらいの激安ルンバが数多く売っています。

どうやらアメリカからの並行輸入品らしく、円高も手伝ってかなりお買い得のようです。

そんなことを考えていた4月のはじめ、自民党に政権が交代したかと思うや、急激な円安が!
みるみるルンバが値上がりしてゆく!

焦った僕は、早急に購入計画に入りました。

まず、機種選定ですが3万円台前半で購入可能なルンバはルンバ560とルンバ530の2機種、530は新品の並行輸入もので、560は返品などで販売元に帰ってきた新古品らしいです。

2機種での大きな違いはスケジュール機能の有る無しで、560の方がちょっと性能が良さそうです。

日に日に安くなる円におびえながら、ポチットナと安心ショップというところでルンバ560を購入しました、この時の価格は送料込みで31800円でした。

では、早速使ってみましょう。
フル充電の後、クリーンボタンでスタートします。

音は掃除機というよりラジコンみたいな音がします。
音量はそれなりにでかく、静かではありません・・というよりかなりうるさいです

912673_510826402299344_2010623738_n

我が家の22畳くらいのフローリングのリビングをいったりきたり、最終的にドックにもどるまで1時間30分掃除してくれました。

仕上がりですが、さすがに1時間30分もウロウロしただけあって部屋中央付近はいうことなしです。
部屋の隅も角はさすがにゴミがとりきれてないぶぶんもありますが、ほぼきれいです。

部屋の中央に2メーター角の絨毯がありますが、問題なく乗り越えてゆきます。

我が家はリビングから土間につながっていますが、落ちることもなく掃除しています(置いているものを押し出して落とすことはあります)

スケジュール機能は大変便利!
ルンバを買う場合、スケジュール機能は絶対あった方がいいでしょう。
我が家では、毎日10時に児童にルンバが掃除を始めます。

勝手に動き出して、勝手に帰って行くのは本当にロボットって感じで満足度高いです。

ルンバ560のおうちですが、我が家ではキッチン下の奥行き1メートルくらいのくぼんだデッドスペースにセットしました。

本当にこんなところに変えるのかな?と観察しましたが、帰ってゆきますね~
感心です。
その日から毎日うごかしていますが、毎日驚くほどゴミをとってくれます。

ロボットが掃除してくれる優越感もさることながら、掃除機をかける回数がほんとに減りました、最近のかいものの中ではベストバイです。