庭でバーベキュー

ゴールデンウイーク初日、家内の友達が家をみにくるというので庭でバーベキューをすることにした。

庭でバーベキュー。。。憧れていたことがついに実現する。
庭付き一戸建ての醍醐味だよね~と一人ご満悦だ。

お客様は家内の友達2人と子供がそれぞれ2人づつ、6名来客予定である。

当日、肉とおやつを買い込んで、バーベキューコンロをセット、さらに庭に簡易テントと、アウトドア用のテーブルを出して準備完了。

しばらく待っていると、電話で近くまできたよ、と連絡があった。
我が家はかなりわかりにくい場所にあるので、電話でナビゲーション、すると、ほどなく到着。

わぁ~きれい!和モダン、うちもリフォームしたい!
など、お褒めの言葉をもらい、かなり嬉しい。

そして庭でバーベキュー。。。。。

お腹いっぱいになると、子供達6名は家の中や外で大騒ぎだ。
アパートと違い、ドタバタしても怒らなくて良い。


その日は日がくれるまでいろいろとして遊んだ。
とても楽しい一日であった。

縁台をお手軽DIY

庭である佇むために、ぜひとも縁台が欲しいと思っていた。
しかし、ホームセンターなどでみると、縁台は意外と高くその上小さい。

多くは120センチくらいで3980円くらい。
僕の欲しい180センチクラスは7000円くらいする。

そこで今回はDIYで縁台の制作である。

ホームセンターに材料の買い出しにゆくと、180センチのツーバイフォー材がなんと一本198円、5本購入、さらに今回は、お手軽にツーバイフォー材ようの足取り付け金具を2個購入、これにはビスもおまけでついている、あとは外ようのニスを買って総額2500円で材料は揃った。

あとは、ホームセンターで足となる木を45センチ感覚で切断してもらい準備完了。

自宅に帰り、ビスどめのみなので10分ほどで縁台が完成した。

ニスをぬりぬり

超お手軽でなかなかの使い心地でオススメです。

家庭菜園スタート

我が家の庭は広い、80坪の土地に一回部分25坪の家が立っているのだから、残りの55坪は庭である。

そんなわけで、ありあまる(笑)土地に家庭菜園用のはたけを作ってみた。

幸い、土地の一部は家が立つ前の状態のママ全くの手つかずでもともと畑だったため、土がこんもりと積んである。

この土を利用して畑をつくる。

という感じで土を掘り出すと、出るは出るは大量の根っこが次々と出土し、あっという間にゴミ袋いっぱいになる。

さらには木の切り株や大きな石もゴロゴロと出てきた。

とにかく不要なものをよけつつ土だけを畑予定地ん運び込む。

予定としては1。5坪程度の畑で、わ庭との境界に先ほど出土した石を使って石垣を作った。

そして、こんな感じになりました。

現在、トマト、ピーマン、キュウリ、ナス、トウモロコシ、長ネギの苗を買ってきて栽培中。

美味しく育ってくれよ

庭にレッドロビンの生垣を作って一週間

順調にすくすくと伸びている
反面、一緒に買った階段側のツツジの方はというと、心なしか元気がない。

マサドに直接植えているので栄養不足なのかな?
と肥料をいれて見ることにした。

早速できたばかりのナフコで油粕なる肥料を一袋購入、植えている気の横に穴をほって油粕を埋めろと書いてあったので、指示通り作業を行う。

その後一週間、気のせいか、ツツジはちょっとだけ元気が出た気がする、レッドロビンは相変わらず元気いっぱいだ。

リンナイの食洗機、落ちない!!!!

家内が「この食洗機、なんか落ちが悪い」という

なんでも、いつも食器を出したあと、2度洗いが必要な食器があるという。
ちなみに食洗機に食器を入れるのは僕の担当で、出すのが家内の担当である。

実際に検証してみると、シャワーがよく当たる部分は問題ないが、端の方はぬるっとした感触が残っていたり、丈夫にセットしたコップや弁当箱の中が白くなっていたりする。

アパート時代はパナソニックの卓上食洗機を使っていた、十年前の機械だが、これまではこんなことは一度もなかっただけに10万円もする、最新のビルトイン食洗機のオチが悪いというのは大ショックである。

打開策はないものかとネットを調べると、我が家で使っているリンナイの食洗機がいかにオチが悪いかという怒りのページが大量に出てきた。

まじで、リンナイの食洗機ってそうなの。。。。。

しばらく某然とする、高い買い物なのでじゃあと買い換えるわけにもいかない、こんな高いものなのに単品で買う時には必ず調べる口コミを調べなかったのが最大の敗因である。

しかし、まさか10年前の食洗機より落ちないとは。。。。

でもである、食洗機を使わないという選択肢は我が家にはないので、どんなに本国でも使わなければならない。

で、しらべた。

まず、食器のヌルヌルであるが、これは食洗機用洗剤の特徴ですすぎきれていないために食器に洗剤が残っているのではないかと推理、さらに今までは深夜電力を使用するために食器洗いのスタートをタイマーで深夜にしていたが、食後すぐ洗うに変更、さらに食後汚れた皿は水につけておくことにする。

洗剤の残り対策として、今まで使っていた粉末の食洗機用ジョイの使用をやめて、クリスタという花王の液体洗剤を使ってみた。

ライオンCHARMY クリスタ ジェル 本体 480g

ライオンCHARMY クリスタ ジェル 本体 480g
価格:541円(税込、送料別)

結果は。。。。。落ちてる。

2~3日、このパターンで使ってみたが、ここまですればなんとか実用に耐えそう。

でも、パナソニックに、すれば良かった。

2012/9/7 追記

その後も毎日食洗機を使い続けた結果、なぜ洗剤が残るのか判明した。
リンナイの食洗機に限った話かどうかわからないが、我が家の食洗機は、お皿をセットする金属フレームの台(カゴ?)の下の部分が非常に広く、広い編み目から頻度に弁当箱やお皿、お玉などが下にずり落ちて水の出るノズルと接触し、ノズルがうまく回っていないことが判明した。

対策としては受け網の下に物が落ちないように注意して入れる、という感じ。

原因がわかってからは問題なく汚れも落ちている。

しかし今でもたまに引っかかっているのでこの形状の改善を望むなぁ

カバザクラフローリングのお話。

我が家発の一部畳4。5畳をのぞいてトイレ、脱衣所、クローゼット、パントリーなどもすべて仕切りなしのフローリングになっている。
一階部分の素材はカバザクラ、2階は杉板である。

中でもいいのが、カバザクラである。
施工前、住まいの伏見さんの説明を聞いていた時には、そもそも違いはよくわからなかったため、ふ~んという感じだったが、実際に使用してみると、このカバザクラのフローリングがとてもいいのである。

結構硬い木のようで、食卓の椅子をずらそうが何をしようがきいいいいいい図がつく気配は全くない、踏んだ感じはしっとりとしているし、おそらく夏場は涼しんじゃないかと思う。

2階の杉板のフローリングも悪くはないが、柔らかいので、椅子のあとがついてしまったりする、カバザクラの場合、こんな心配はしなっくてもよさそうなのだ。

もう一つ気に入っているのが、木目の感じである。
とても細かい木目がはいっていて、光の射し方によって印象が変わる。

とても良いので、ぜひおすすめです。

入り口の花壇 その2

住まいの伏見さんによって、外構は完成した。

かなりいい感じではあるが、コスト的にケチったので、コンクリートブロックむき出しである。

ここに関しては、ちかいうちにDIYで漆喰を塗ってみようと企んでいる。
さらに壁の上には丸瓦をおいて和風にしたらお城みたいで多分かっこいいと思う。

しかし今のところ、時間も予算もないので、まづは壁の手前を飾ることにした。

ブロック塀の擁壁の基礎はコンクリであるが、そこには土は入らず、コンクリがむきだしとなっている。

この部分にツーバイフォー材をおいて竹の杭で止め、余っている土をいてれ花壇を作ってみた。

こんな感じ。

いんじゃない~~

あとは、ブロック塀に漆喰だなぁ

生垣のDIY

我が家には大きな土間がある。
土間の周りは大きなガラス窓になっており、景色がよく見える。

だ景色がよく見えるのはいいことなのだが、外から我が家の中が丸見えになってしまうという問題が発生、もともと塀をする予定ではあったが、予算との兼ね合いからまだ塀は作っていない。

そこで今回は個人でも簡単に作ることのできる、生垣を作ることにした。

生垣をつくるとなると、重要なのは木の選別である。
候補としてはツツジ、ベニカナメ(レッドロビン)、トキワマンサク、コニファーなど、ネットで調べるといまの人気はトキワマンサクのようだ。

しかしトキワマンサクは人株おおよそ980円くらい、ツツジは500円から680円、ベニカナメは300円から680円480円といったところ。

トキワマンサク、魅力的だけど、ちょっと高いなぁ

ちなみに今回生垣を制作するのは家の正面の10mくらいの部分と、入り口の階段横6m 合わせて16m、ふつう30センチ間隔で苗を植えると50苗くらい必要な計算、トキワマンサクだと5万円だ

どちらにしてもまずは苗を支えるために竹の四つ目垣が必要なので、四つ目垣から制作開始だ。

ホームセンターで杭を7本買ってきて生垣予定地に1。5m間隔で木槌で打ち込んでゆく。

後日、知人の山から竹を10本くらいもらってきて適当な長さに切りそろえる。

固定はホームセンターで買ってきた荒縄、見よう見まねのため正しい締め付け方などはわからずに適当に閉めてゆく。

出来上がったのがこれ。

おっと、いい感じじゃないか!

この日はこれで作業終了

数日後、我が家の近くにでっかいホームセンター(ナフコ)がたまたまでっかくオープンした。

いいでものはないかなぁ~と見にゆくと、ベニカナメがひと苗248円で販売中を発見!

もう買うっきゃないでしょう!と正面の四つ目垣を作った部分ように30苗購入、7500円なり、ついでにツツジの苗も10苗(498円)を購入して帰宅。


早速植えてみった。


こんな感じ、


まだスカスカだが成長が楽しみだ。

入り口に花壇を作ったよ

外構がほぼ完成したので、階段の外側になる余白部分を花壇にすることにした。

とは言え、我が家には土木作業用の道具が一つもない、最初、ジムニーの後ろにつけていたシャベルで土を掘り起こしていたが、拉致があかないのでホームセンターに鍬を買いに出かけた。

鍬導入の効果は劇的で面白いように耕すことができる。
とは言え、10年以上放置されていた土地だけのことはあり、ちょっとでも掘ると、そこはもう根っこ天国である、大小様々な根っこ複雑に絡み合い、大帝国を築き上げている。

結局2坪ほどを耕すのに一日かかってしまった。

翌日、今度は子供を連れて、花壇に植える花を買い出しにゆく。

近くの産直市場にいくと、20ポット500円と激安で売っていたので購入、家に帰って早速子供立つと植えてみた。

すごく綺麗。

いい感じだ。

殺風景な庭だったが、徐々にいい感じになってきたぞ