ニトリのカーテンのお話

ニトリで買ったカーテンを新居に付けた。
普通新築だとカーテンもオーダーメイドが普通だろうが、そうはいかない!
カーテンなんて消耗品はニトリだぜ!

問うことでカーテンは購入済み

いよいよ引っ越しも完了し、カーテンを取り付けた。

取り付け工事はもちろん自分で行わなければならない、とはいえカーテンレールをビスで留めるだけなので特に難しいことは何もない。

あえて難しいのは、ピカピカの窓枠や柱に穴を開けるのに勇気がいること!
せっかくの美しい木枠に穴を開けるのはかなり勇気がいる。

しかしそうも言っていられないので、まずは夫婦の寝室から作業開始!
電動ドライバーに2.3mmのドリルを取り付け、数法を計って鉛筆でマークした後に下穴を開ける。

全部開いたら今度は電動ドライバーをプラスに差し替えてビス留め!
カーテンレールは前の家から外して持って来たものだが、サイズは2mピッタリである。

次に娘の部屋へ

ここにも外して持って来たカーテンレールを付けようとすると、押し入れとエアコンに挟まれた窓枠が190cmくらいでカーテンレールがちょっと長い、これは困ったぞ!と思ったが、金ノコで15cmほど切ったらピッタリになった。

つづいては長男の部屋。
ここは寝室同様問題なく装着完了。

あとは3mあるファミリールームとリビングの2カ所である。
ニトリで探したが長さが108mmくらいで横幅が1.5m×2という普通のカーテンが見つからなかったので、「カフェカーテン」という1.5mのものを2つと3mのカーテンレールを1本購入している。

合うかな?と思いながら付けたが、仕上がりはこんな感じ

まあまあの仕上がりではないだろうか。

さて次はリビングだが、リビングのガラスはでかく縦2m横3mの横綱クラスである。
このサイズもニトリで探したが見つからず、2.33mと言うドレープとレースカーテンを購入している。
カーテンの下を裁断しても良いが、今回はカーテンレールを33cm上の取り付けて縦の長さを調整してみた。
こんな感じ、かなりい感じ!

最後は入り口のすだれブラインドだが、これも苦労した。
2本並べると、ちょっと長すぎて土間に収まりきらない!

困った結果、こちらも一本を端から15cmくらい切断して調整することにした。
ちなみにこのすだれブラインドは在庫主文で3900円が1480円になっていたお買い得品!

付け終わってみると左右の長さはピッタリ!だが、長さが30cm程足りなかったorz
まぁしょうがない。

このブラインドは結構重く、取り付けの金具が一本に付き4個のあり、それぞれにねじ穴が4個もあって、穴を開ける方がびびったので、ねじは2本づつ使うことにした

それでも玄関の木枠に穴を開けるのはカーテンレールの穴以上に抵抗感があった・・・・

そして完成!
どのカーテンも遮光性は問題なし
お値段以上かどうかはわからないは、お値段レベルの効果は間違いなくあるだろう。
とくにリブイングの長いカーテンは高級感もありいい買い物だった。

最後に一つ、「カーテンのふさ掛け(タッセルかけ)」を買い忘れていた!

また、ニトリに言ったときに買おう!

 

 

ニトリでカーテン購入
ニトリのカーテンその2

引っ越し3日目、会社は有給とった

2月27日(月曜日)
平日だが、会社に無理を言って一日休みをもらっている。
今日は平日でないと出来ない手続きの日である。

本日のメインイベントは「これまで14年間住んでいたアパートの引き渡し」である。
しみじみしている場合ではなく、14年も済んでいただけに各所に民が相当は激しいため修繕費がいったい幾らかかるのかが最大の関心事である。

ネットで「雇用促進住宅 退去費」あたりのキーワードで検索すると、安いものだと「ほとんどかからない」高いものだと「10万円くらいかかった!」とかなり開きが大きい。

朝一でアパートに乗り込み、最後の掃除に取りかかる。
本日10時に管理人さんが査定にやってくる予定なので、最後の悪あがきだ!

そして10時、管理人さん到着。
2人で一部屋ずつ見て行く。

たたみの査定は「家具などを置いていてへこんでいたり片がついていたら交換で一枚3980円」「かべは汚れていたら塗り直しで1平方メートル単位で査定される、1平方メートルあたり価格は1500円~1000円で場所のよって値段が違うらしい」木の床の部分は経年劣化(築40年)と言うこともあり、かなり痛んではいるが査定の対象外と言うことだった。

なんやかんや合計で67000円!チーン!

敷金として59700円入っていたので差引7300円の支払いとなった。
まぁ、思ったよりも安かったので一安心である。

ちなみにマスターキーを14年前に3本あづかっていて一本でもなくしていたら、シリンダー交換費が6300円かかるのだが、奇跡的に3本なくさずにもっていた(良かった)

支払はニコニコ現金払いで引き渡し終了。

この家であったいろいろなことが、ふっとよみがえる。


楽しいこと、悲しいこと、いろいろとあった。
あらためて見ると、ちっちゃな・ちっちゃなこのスペースで子供も2人も生まれ、いろいろな思い出を作ってきた。


さらば。もうここに来ることもないだろう。
そしてありがとう

さて、感傷にばかり浸っているわけにはいかない
まだまだやることはいっぱいあるのだ。

まずは確定申告の書類をもって税務署に!
ついでに事業所の住所変更も行おうとすると、はんこを家に忘れていることに気づく

取りに行く(時間ロスだ!)

再び税務署にいくも、車がいっぱい、時期が時期だけに確定申告をしに来た人でごった解しており住所変更に戸惑う。

つづいて市役所に行き、住民票を一枚請求。

その足で警察署に行って住所変更、さらに銀行に行って住所変更、さらにAUに行って住所変更、docomoに言って住所変更、ソフトバンクに行って住所変更!(なぜか全キャリアあり・僕AU/かみさん・docomo・そしてipad2)

時刻は3時前となる。
今日は初の小学校から新しい通学路での下校のためm、下の子を迎えに行ってくれと下記さんに頼まれていた。
急いで家に帰ると車を置いて自慢の自転車で娘を探す!

きょろきょろしながらついに小学校までついたが娘はおらず、仕方なく超坂道を自転車を押しながら帰宅すると娘が庭で待っていた。どうやら決められた通学路を通らずにショートカットして帰ってきたらしい。

はぁはぁ言いながらも、無事に帰ってきて良かった。

その後、娘を連れてホームセンター&ダイソーでショッピング。
家が広くなったので各所にゴミ箱の絶対数が足りずに買い出し、さらに分別用の大きめのゴミ箱980円も購入、途中マクドナルドによるとポテトのLが150円だったので子供のおやつ用にLを2つ買って帰宅。

かなり疲れ切っているので本日のメニューはカレーだ。

新居もちょっとづつなじんできた。
エコキュートの喋るお風呂でリラックスタイム♪
また明日がんばろう

引っ越し翌日

26日。

本日は日曜日ながら家内は仕事のため朝早く出勤。

僕の方は朝から全身筋肉痛だ。

まだ家の中じゅう「0123」の段ボールだらけであるが、本日最初の仕事は「ニッセン」から届いたテレビボード「スクエアボードN144」の組み立てである。

きのうの「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」ほどではないがこれも相当にでかい。

梱包をはずし、材料を取り出す。
説明書をみながら組み立てスタート。

我が家にはインパクトドライバがあるので、ねじ締めは別段苦にならない。
(というか、こういった組み立て家具にはインパクトドライバ(電動ドライバー)は必須であろう。)
いよいよあとは天板を乗せてほぼ完成と言うところで、なぜか天板が入らない。

ゴムハンマーでねじ込もうとしてもなぜか入らない。

一度外してよくよく見ると、天板の右側に切ってある「背面パネル」の頭がはまる溝が、実際必要な溝の位置より5mmほどずれている・・・

原因はこれか!

仕方なくカッターナイフで正しい位置に溝を掘り直す。

何とかはまったが、溝が大きくなったせいでがたがたする。

気を取り直して、最後にドアを取り付け、テレビとHDDレコーダーを設置してみた。

「あれ?」

商品写真ではHDDレコーダーの前のガラス戸は透明だったが、実際の商品は曇りガラスになっている。見栄えはいいのだがこれではHDDレコーダーのリモコンがきかない!

当初、「カントリースタイル」というかっこいいデザインのものにしようと思っていたが、口コミを読んでいると「飾りガラスでリモコンが聞かない」と言う記事をよんで透明ガラスのものに変更しただけにこの相違はどうにもならない

「返品じゃぁ~~~~~~~~」(後日返品)

気を取り直して「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」の組み立てに入る。
こちらは組み立て所要時間15分と書いてあり、パーツ数も少ないがとにかくでかい。
説明書には2人で作業をしてください。と書いてあるがこちらは一人しかいない。

とにかく組み立て開始。

とはいえこちらはほぼ問題なく組み立て完了。
実際15分くらいで組み上がった。

別途購入していた「ブリジストンのマット」を引いてみると、おや?
サイズが合わない・・・・・・・

ロフトベッドって、ちょっと短いのね・・・
ブリジストンのマットの口コミに「ロフトベットに最適」って書いてあったのに(涙)

どうやら、ぼくはニッセンとは相性が悪いらしい

その後は段ボールから荷物出し。

あっというまにお昼になったので近所のドラッグストアでUFOを買ってきて昼食。

昼からはリサイクル業者がアパートの方に食器棚やら下駄箱やらを取りに来る予定である。

そう思っているとリサイクル業者より「これから伺います」とTEL

僕も急いでアパートに向かう。

現地に着くと業者さんはすでに待ち構えていて、鍵を開けると早速作業開始、20~30分で搬出は終わった。

アパートに残ったのは、上げる予定のテーブル(椅子はない)、ガスレンジ、捨てる予定の絨毯、照明器具、米びつである。



ここの掃除もしておかないと、明日は引き渡しで各所のチェックがある。

リサイクル業者大型家具を持ってかえり何もなくなった壁には、真っ黒なカビが!!!!

とにかくカビキラーで掃除、

何もなくなった洗濯パンも真っ黒!

掃除掃除

さらに6畳の大きさのある絨毯をはさみで切り刻み、米びつをドライバーでばらばらに解体する。

誤算はテーブルだ。

人にあげるとは言え、引っ越し屋さんに新居に運んでもらえば良かった・・・・・
でかい、重い、ここはエレベーターなしの4階、僕は一人・・・・

とにかくばらして力一杯持ち上げて運ぶ(明日も筋肉痛だ)
何とか運んで一階まで下ろし、車に積み込み実家に持って行く。

テーブルのあとは粗大ゴミの処分、幸い我が市は個人のゴミは粗大ゴミでも無料で引き取ってもらえるので大量のゴミをもって焼却場へ!

へろへろになって帰還、新居で休もうとするのだが、まだおち筑波syが定まっておらずなんだか落ち着かない。

その後ホームセンターに室内洗濯乾しを買いに行く。
アイリスオーヤマの2480円のと998円のを購入して帰還

そうだ、今日もう一つやらなくてはならないことがある。
土間の大きなガラス引き戸の目隠し用に「ニトリ」で購入した「すだれ型ブラインド」を取り付ける。

気づいたら、もう夜だった。

引っ越しのつづき

カーテンを付けなくてはならない。
オーダーカーテンは2~30万円するためキャンセルして、ニトリにてカーテンを揃えていた。
総額で3万円ほど、実に10分の1だ。
設置箇所は6カ所、このカーテンの話は次回詳しく書く。

取りあえずカーテンを取り付けて、ある商品の到着を待つ。

引っ越し当日に合わせて「ニッセン」にてテレビ台「スクエアボードN144」と「ロフトベッド(ハイタイプ)商品番号:8430-13901-B-2」を一台着日指定で取り寄せていたのだが、午後6時になってもまだこない、ロフトベッドはかなりの大型商品のため、引っ越し屋さんに運んでもらう予定にしていただけに、引っ越し軍団が帰ってしまった今となってはちょっと困ったことになった。

「ニッセン」に問い合わせの電話を入れるも「申し訳ございません、もう少しでつきます」以外の言葉はない。

午後7時をまわっったころ、母や姉がお祝いに訪れる。

このブログで話したことはないが、母は昨年7月、家の設計がちょうど始まったのとおなじタイミングでがんが再発し入退院を繰り返している。

2月は23日に退院し28日に再入院というタイミングであったため、何とか新しい家を見せることが出来た。本当に良かった。

遅れて父も到着。

みんなでそばを食べていると「ピンポーン」と誰かが来た。

ニッセンだった。

「遅すぎる」と軽く文句を言ったあと、荷物のでかさを見て閉口・・・・
たたみ3畳分くらいある巨大な荷物を持っている。

「あの、これロフトベットで2階に設置予定なんですけど、もって上がってもらえますか?」

ニッセンの品を持って来た人は、30代小太りでスーツ姿一名、運送屋には見えない。

「遅くなって申し訳ございません、配達は玄関までなんです」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あの~こうなることがわかっていたので、わざわざ着日指定にして、引っ越し屋さんに運んでもらう段取りにしていたんですけど・・・・
当然、運んでもらえますよね・・・・・・・(怒)」

結局僕と運送屋さん2人で3畳もある巨大な荷物を2階に運ぶ。

子供は大喜びで、早く作って!と興奮状態だ

「あす、作ってやるから、今日は勘弁して」と僕

その後テレビ台も搬入してもらい、ようやく本日の予定は終了。

楽しかったが・・・・つかれた・・・・・

もう寝よう。

当日は子供も落ち着かないだろうと言うことで、久しぶりに出してきたダブルベッドに子供2人と家内の3人で寝る。

僕はリビングにせんべい布団を引いて就寝。

あすも忙しいぞ!

 

ニトリでカーテン購入
ニトリでカーテン購入その後

本日、引っ越し当日

朝ご飯を食べていると、午前8時頃、「ぴんぽーん」とガス屋さんが閉栓に訪れた。
ガスの閉栓やガス器具の取り外しはガス屋に頼まなくてはならないという決まりがあるらしい。

10分ほどの作業でガスは終了、そのご、しばらくすると、またもや「ぴんぽーん」
さあ!いよいよ引っ越し屋だ!

結構男前のリーダー格の30代男性を筆頭に男性3人、女性1人の4人体制である。
これで2段ベットや婚礼家具、冷蔵庫にダブルのマットレス、無数の箱たちを下ろして行く。

早々かきわすれていたが、我が家は5階建ての4階で、エレベーターはない。これらすべての荷物はすべて人力で運び出さなくてはならない。


そして作業開始。

ビホア-アフターで見るような「養生」を行うとやおら荷物を運び出しはじめる。
その手際の良さはさすがとしか言いようがない。

荷物は次々と運び出され、婚礼家具は分解され、2段ベットも分解される。

外に控えているのは2トン車2台。

その間、僕はケーブルテレビの工事や本日新宅宛に届く荷物を受け取るために一足先に新宅に向かう。

新宅で待っていると、まずやってきたのがケーブルテレビの工事の人、外の配線は事前にしていたらしく、本日は家の中の配線にきちんと信号が来ているかのチェックを行い終了。

そのご、しばらく待っていると、今度は洗濯機が届いた、パナソニックの「NA-VX3001L-W」ヒートポンプ式のにくい奴だ!

洗濯機も最初はカカクコムで激安を購入し自分で配置しようと思っていたが、これは電気屋のお買い得品を見つけて正解だった。

とにかく重そう・・・
屈強な男2人が顔をゆがめながら運び込んでいる。

「重そうですね~」と訪ねると

「めちゃくちゃおもいですよぉ」と帰ってきた。

なんとかトラックから家の玄関前まで運ぶと、家の中の移動は毛布に乗せてフローリングを滑らせて行く。

「soden」さんと言う業者さんであったが、我が家を見るなり、「すごくいい家ですね~、ご主人がこだわられたん?」と褒めてもらえたので、

「いや~僕よりも、設計士さんと工務店さんがこだわられた結果です、ありがたいです」と答えた。(これは本当の話)

その後もやたらと褒められたが、一番うれしかったのは
洗濯機を所定の場所に設置した際、

「わ~きもちいい~~」と業者さん

「どうしたんですか?」と訪ねたところ。

「ぽんと置いただけで、水平が取れましたよ~ 」と驚いている

なんでも洗濯機には「水平器」がついており、洗濯機設置の際には水平をとる必要があるそうだが、ぽんと置いてすぐに水平になることは希、というかほとんどないと言っていた。

「いい仕事、してますね~」とソーデンさん。

こんなところをがきっちりと作ってあるのだと、改めて知った。
(すごいね!伏見さん!)

そんな事をしていると、もうお昼である。

一度アパートに戻ると、義父がお弁当を買ってくれていたので食べる。
引っ越し屋さんも休憩中の様子。

取りあえずは午前の部は終了のようだ。

そして午後の部開始。

大きな荷物はなるべく最後になるらしく、ボスキャラたちを屈強な男や女が下に運んでゆく。

再び僕は新居に戻り、荷物がやってくるまで待機。
電話で2:30分頃到着予定の連絡が入る。

そして来た

2トントラック2台が横付けされると、つぎつぎと荷物が新居に運び込まれて行く
つど「これはどこに入れましょうか?」と聞かれるため、もっと置く場所をしっかり箱に書いておけば良かったと後悔する。

こちらの手際も早く、アパートで分解された家具たちは瞬く間に組み立てられてゆく。


その後数時間、同じような作業が黙々とつづく。

もうへろへろだ、こちらもへろへろだが引っ越し屋さんはもっとへろへろだ。
途中我が家の荷物はことのほか多かったのか、近くで作業をしていて、終了したという部隊も合流して運び込みはつづく。

午後6時頃、ヤット終了。
リーダーの人が確認作業を行い、終わったとの報告をうけた。

「お疲れさまです。」
全員に挨拶をすると、アート軍団は颯爽と去って行った。かっこいい~~

そして我が家には段ボール箱の山が・・・・・

しかし、本日はまだ終わらない・・

引っ越し前夜

明日9時には「0123」でおなじみ、アート引越センターさんがやってくる。

しかし、家の荷物はつめてもつめてもいっこうに減る気配がない。
公団アパートの3DKのどこにこんなに荷物が入っていたのだろうか。

前にも書いたが、引っ越し屋さんの決定時、「引っ越しのサカイ」とデットヒートを繰り広げた結果、料金のわずかな差でアートさんに決定したが、値切ったのと引き替えに「エコ楽ボックス」なる食器を詰め込む箱を貸してもらえなかったので、お皿の梱包も昔ながらの新聞紙に包む方式である。

それでも、本とか、食器とか、服とか、塊に出来るものは比較的梱包しやすいが、その辺に転がっている雑多なもの「ペン立てとか、写真立てとか、小物入れとか」は何をどう整理して良いのやらわからず途方に暮れる・・・・・

もう一つやっかいなのが水槽だ・・
こればっかりは事前に梱包することも出来ず、気持ちよさそうに金魚が泳いでいる。

はぁ~~~~~~

と途方に暮れていても、明日9時にはアートさんがやってくる。。。。

ちなみに当初の引っ越しは22日(木曜日)の予定だったが、そのご縁起の良い日に変更したため25日の土曜日となった。平日から休日になったことで引っ越し代は当初契約の75000円から2万円アップの95000円となった。

今回の引っ越しでは、「ダイニングテーブル」「ガスレンジ」は人にあげる「米びつ」は処分「食器棚」「下駄箱」「照明」「洗濯機」「テレビ台」「食器洗い乾燥機」はリサイクルショップに売る予定なので、これらはそのままでも良い。

ちなみにアートさんでは、こちらで梱包する場合、箱を無料でもらえてその中に入るもののみの梱包でよく、長いものや大きいもの、箱に入らないものは引っ越し屋さんが当日直接梱包してくれる。

箱はMサイズとSサイズがあり、本や食器などの重いものはSサイズの箱に入れる。
箱は80箱まで無料でもらえ、50箱が新品、30箱がリサイクル品となる。

「引っ越しのサカイ」との大きな違いとして、サカイではタンスの中に服を入れたままでOKと言われたが、アートさんでは全部出して箱に詰めてください。と言われた。

荷造りは前日だけに行ったわけではなく、前々週あたりから不要なものは梱包していたが、直前まで必要な生活必需品も多く、結局こんな感じになったわけである。

そのご、なんやかんやで12時頃「まぁ、こんなモンかな」と言うところにこぎ着けた。
最終的に使った箱は77箱、3箱余った。
さすがはプロ!すごい見立てである。

めんどくさい作業ではあるが、圧倒的にワクワク感が買っているので全く苦にはならない。


さあ!いよいよ明日は引っ越しだ!

洗濯機の購入をかなり悩む

もうすぐリサイクル屋がやってくる
引っ越しをまえに不用品はリサイクル屋に引き取ってもらうことにしている。

今リストアップしているのは

下駄箱、食器棚、テレビ台、食器洗い乾燥機、乾燥機、タンス一本、鯉のぼり、五月人形、ちっちゃいタンス一個、であるが、悩みどころは洗濯機なのだ、
もともと上平さんにはドラム型の最新洗濯機を買うと伝え、カタログをわたし、その寸法で設計してもらっている。

しかし、予算の都合上洗濯機・・・・・・購入かなり厳しい
なので、現在の縦型洗濯機をそのまま使うかなぁ と家内と話をしていた。

しかし、問題はいくつかある。

新しい家の洗濯機置き場には洗濯パンがない、今の縦型でもしっかり排水ホースをつなげば漏れることはないと思うが、もう14年も使っているので排水ホースそのものがかなり汚い。

また、子供は花粉症のため2月~6月頃までは外に洗濯物を干すことが出来ずほぼ部屋干しとなるため、できることならこのタイミングで洗濯乾燥機が欲しいところだ、今使っている乾燥機は、20年選手でもう限界である。

さらに子供が大きくなるにつれ、洗濯物の量も激増、サイズも巨大化し、現在の7kgの洗濯機では手狭となっている。
買っちゃうか!
そう決めると、やっぱりカカクコムである。
洗濯機9kgの最安値を見ると サンヨー製AQUA「AQUA AWD-AQ380-L(W) [ナチュラルホワイト]」 67800円

(洗濯機スタイル:洗濯乾燥機 ドラムのタイプ:斜型 洗濯容量:9kg 乾燥容量:6kg)

67800円は安いなぁ~とおもうが
送料が5150円いると書いてある、さらに5年保証が5000円
合計78000円くらい、それでもやすいけどなぁ サンヨーはなぁ~
ご存じの通り、いまサンヨーというメーカーは消滅してパナソニックに吸収されたが、洗濯機部門だけは中国のハイアールに売却されている。

壊れたとき、どこにゆっていけばいいのだろうか?

なんとなくいろいろと不安材料が多い、機械そのものの評価が高い分残念な感じである。

次に出てくるのは日立のビックドラム「ビッグドラム BD-V1300L(W) [ピュアホワイト]」と

東芝ザブーン「ZABOON TW-G510L(C) [プラチナベージュ]」

で、どちらも75000円くらい。

 
5年保証が4000円から6800円で送料は無料から5000円くらい。

総額にするとどれも85000円くらいで大差がない。
さて、どうしたものかな

何となく、どの洗濯機もピンとこない、個人的にはシャープが好きなのでシャープ製「ES-V220-AR」でもいいのだが、現在お買い得価格のシャープの洗濯乾燥機のふたはなぜか不透明のプラスチック製で洗濯中の洗濯物が窓から見えない、これがどうしても気に入らない

こまったなぁ
その日の夕方、近所のスーパーに夕食の買い物に家族で出かける。
スーバーには「ベスト電器」がテナントで入っているので取りあえず洗濯機コーナーを覗くと
ややや!!!!!!!

なんとパナソニックの洗濯乾燥機「NA-VX3001L」と東芝の洗濯乾燥機「ZABOON TW-Z360L」(どちらもヒートポンプ式!)が
パナソニックは118000円 東芝が108000円で売っている。

店員さんを呼んで「もうちょっと何とかならない~~~~」と聞くと
どちらでもあと8000円引くとのこと!

これは安い!

その場で各機種の最低価格を調べると、パナソニックが117000円、東芝が95750円
送料と長期保証を入れるとパナソニックが129000円、東芝が110000円

Panasonic NA-VX3001L

Panasonic NA-VX3001L
価格:150,990円(税込、送料別)

かなりお買い得である、その上どちらもヒートポンプ式、
通常洗濯機はヒートポンプ式とヒーター式があり、ヒートポンプ式の方がランニングコストが安い分本体価格が割高である

さらに、実は上平さんに設計をお願いした当初、これを買う予定ですと伝えた機種がまさにこのパナソニックの3001なのであった。

もうこうなると東芝とパナソニックではパナソニックだろう!

よし!購入だ!

なんとこの日はスーパーの5倍ポイントの日でお買い物券が5500円分もでてきた。
こうなると実質価格は104500円!
5年保証が5%で加入できたので、お買い物券と相殺して110000ぽっきりの買い物となった。さらに送料、設置費は無料とのこと
商品は25日の引っ越し当日に届くので、またレポートしよう

大工の棟梁さんのおはなし

前日岡山市で飲み会があったため、車を駅に投げての帰宅だった、
翌朝は自転車で極寒の中片道5kmをはしる。

駅について盗難防止のため自転車を車に積み込んで出社した。

仕事中上平さんから電話で、我が家の最終的なチェックが建築確認事務所にで行われパスしたらしい。

「気持ちばかりのものを置いておきましたよ~」と電話で伺った。

そして帰り道、せっかく積み込んだ自転車を新しい家の方に置いてから帰ろうとおもい、大回りして家の方へいく。

時間は午後7時30分ぐらいであたりはすでに真っ黒だが、我が家の外灯が2カ所ついている。

へ~夜こんな感じの照明なんだ とまだ感心することばかり

駐車場に車を止めると、センサーで感知するのか明かりがぴかり!
すごい!なんだか至れり尽くせり、今まで済んでいたアパートは築40年の年期もののためか、40年後の未来に突然迷い込んだような進化だ。

さて、そんなことを思いながら自転車を車から降ろしていると、
「こんばんは~まだ入居はされてないんじゃなぁ~、家を見せてもらいに来たんじゃけど、おてんねーけー(家を見せてもらいに来たが、いらっしゃらないから)」と声がする。

「あっこんばんは」(誰かな?)とおもいつつかををよく見ると

「ああっこんばんは、どうも、どうもお世話になりました。おかげですごく素敵な家が出来ました」と僕

そこに現れたのはこの家を建ててくれた大工の棟梁さんではありませんか!

引き渡しもおわり、最終的にどんな家になったのか気になったとのことで、お孫さんを連れて見に来たのだという。

お孫さんに「どうだ!」と誇らしげに自慢している頭領さんをみると、こちらもうれしくなってくる。

「どうぞ、電気を付けて中に入ってください。」と僕、

跳梁さんの立てた多くの家の中でも、我が家はかなり変わった部類に入るらしく、「家内にもみせちゃらにゃーいけんけーのー(奥さんにも見せなければならないからなぁ)」と携帯で写真をぱちり。

10分ほど家を見たああと、棟梁さんは帰っていた。
何という偶然だろうか。全く行く予定は無かったが、たまたま自転車を置きに行ったタイミングでのこの出会いは、すごく不思議な、心に残る出来事だった。

完成見学会と 我が家の受け渡し

本日2月19日は我が家の受け渡しの日である。
ついに、この日がやってきた。(感慨深い)

さて、受け渡しとは工務店と設計事務所と施主で家の各所を見て回り、最終的にOKですと言うことで署名捺印を行い、鍵を受け取ることをいう。

この日、家内は午後3時過ぎまで仕事だったため、受け渡しの時間は午後4時とした。

あさ、9時30分頃だろうか、住まいの伏見の電気屋さんから電話があり、ポストの位置を決めるので来て欲しいという。

早速子供2人をつれて我が家に向かう。

現場では電気屋さん一人と大工さん一人が最終的な工事を行っていた。

しばらく話をしていると「住まいの伏見」営業の西川さんも合流、プレゼント価格で作って頂いた「ダイニングテーブル」を持って来てくれていた。

話にはちょっと聞いていたが、実物を見るのはこれが初めて、ちょっと濃い茶色の雰囲気のある無垢のダイニングテーブルで、かなり重く、電気屋さんと大工さんと西川さんでヤット搬入、リビングの中央にで~~んと置かれた。

「これが神代桂(じんだいかつら)のテーブルです。」と西川さん

「これが神代桂ですか」と僕

神代桂とは数百年から数千年土の中に埋もれていた桂の木で、とにかく堅く、とにかく珍しいらしい。

大きさは2m×1.4mくらい。

チャームポイントにテーブルの中央部に「なすのマーク」が!

なんでもこのなすの部分はちょうど朽ち果てて腐っていた部分らしい。

住まいの伏見の凄腕職人集団の中でも最長老の方の作品というのでさらにありがたい!

「これでご飯食べるのなんかもったいないようですね~」と僕

そんな事を聞いていると電気屋さんが、「ポストの位置きめてくれるかな」とのことなので、「ポストはこのあたりにお願いします」と玄関の手前一メートルくらいのところをお願いする、やおら作業開始、あっという間にポストは設置完了した。

そこで電気屋さん「インターホンはどうします?このポストの横に付ける?」と質問

僕としては現在のポストの位置は外構工事の終わるまでの暫定のつもりなので、
「あの~インターホンはポストとは独立したポールに付けたいんですが・・・」

「ああそう 」と電気やさん

「じゃぁぼく、ちょっとよさそうなポールをホームセンター行って買ってきますね~」

と電気屋さんを残しインターホンの買い出しに出かける。

最初は「枕木」みたいなのにインターホンを付けるとかっこいいなぁ~と思ったが、実際ホームセンターに行ってみると売っている枕木は本物では無く、それもかなりでかい、・・・
ちょっとイメージ違うなぁ~といろいろ物色した結果、焼きの入った「木の杭」を一本購入して家路についた。

現地に帰るとかなりの人数になっている。

この日は我が家の「完成見学会」で「上平設計室」「住まいの伏見」各社のこれから家を建てるお客さんが我が家を参考に見学に訪れている。
上平設計室の上平さんもやってこられ、見学のお客さんにいろいろと説明、言葉にも力が入っている(かな?)

こんな田舎までご苦労様です、と思いつつお客さんを眺める、夫婦で来られた方、おじいさんやおばあさんと来られた方、小さな子連れの方・・・様々である、隅々まで我が家を見てもらえるものうれしいような、恥ずかしいような・・・

そんな人がいっぱいの中、インターホン設置作業はつづき、10分くらいだろうか?
インターホンの設置も完了。

パナソニックのカメラ付きインターホンで試しに押してみると「ピンポーン」となる。
インターホンを押しただけでテンションが上がるのもの今だけか!

さてそんな状況下でも見学のお客さんはいろいろと我が家を見て回っている。

そんな方々のコメントも気になりながらも「聞きたいような・・聞きたくないような・・」

そんなこんなで、あっという間にお昼に突入。

この頃になると、近所の「我が家が気になっていた方々」もイベントに気がついて見学に来られる。

近所のひとには今後のつきあいもあるのでやおら接待も気をつかう。

「どんな家になるのか、興味津々だったんよ~」とお言葉を頂く
今日の16時までです、とつたえると、ご主人がどうしてもみたいと行っていたと言いながら連絡を取っている方なんかもいる。

13時前くらいだろうか、住まいの伏見の大久保社長もご婦人と一緒にあらわれて、上平さんと3人でいろいろと確認、キッチンのIHヒーターの奥に小さなガラスの壁(?)見たいのをお願いしていたものが、どうやらついていないと言うことで設置をお願いした。

2回の本棚も真ん中に支えが無くちょっとたわんでくるかな?と個人的には思ったが、大久保社長、上平さん共にたぶん木が厚いから大丈夫とのことなので、取りあえず様子を見ることにした。

2階の杉板の床のメンテナンスについて訪ねたところ、大久保社長が「水性樹脂をぬればいい」的なことをおっしゃっていたのだが、その後忙しくて詳しく聞きそびれてしまった・・・・これはおいおい聞かなくてはいけないなぁ

あと、外構工事もお願いしているが、これまた超低予算のため「4月までちょっとまって」とのこと、外構に関してはまたレポートしよう。

昼過ぎにも第2陣のお客さんが来訪、近所の方も含めると思いの外多い来客となった。

そして夕方、仕事おわりの家内が合流して最終的な話し合い。

ここでの話は主にお金のこと、銀行からの振込がいくら、それ以外に伏見さんに立て替えて頂いている建築費以外のお金の明細の説明(システムキッチンのグレードアップ差額分、ユニットバスのグレードアップ差額分、テーブル代、水道の負担金、建物登記の司法書士への代金、税金など)総額120万円くらいかな・・・(働かねば・・)

そして捺印

日も暮れてきた。

挨拶をして、大久保さんも 上平さんも 西川さんも 家路へと変える

家族だけになって改めて家を見る。

すごく素敵だ。

このブログの前半部分にもあるように、途方に暮れていたのが嘘のようだ

予算的にも、満足感的にも、品質的にも
すべてにおいて上平さんにお願いして、伏見さんにお願いして 本当に良かったとおもう。

ブログはまだまだ続きます。

受け渡し前夜

17日、2日後は上の受け渡しとなり、ほぼすべての工事が完了しているはずである。

毎週毎週我が家が建って行く姿を見てきたが、大工工事が終わり、内装が終わり、電気工事が終わり、建具が入るともう完全に家の形は見えた。

家内は仕事のため子供2人をつれて午後6時30ごろから家に行ってみる。

鍵がしまっているかな?と思ったが入れたのでそーっと進入。

わぁ~~~~~~~出来てる

おートイレがついてる

洗面所に鏡がついてる

エアコンがついてる!!

水が出る!!!!!

ここのスイッチはどこの電気かな!!!

電気のスイッチを入れるだけでここもでテンションが上がったのは生まれて初めてである。

子供たちのはしゃぎっぷりも尋常で無い。

天井のシーリングファンの回転に合わせていつまでも回っている。

30分ほど見学して、興奮冷めやらぬ中退散。

いよいよあさって、我が家が我が家にやってくる。