土地がない。
家は何となく何とかなりそうな気がするのだが、土地が全くない。

もともと狭い土地の上、田舎で情報も少ない。新規分譲地もない。

しかし、子供を転校させたくないのが最優先のため、何とか学区内の地元でと探していたのだが、見つかる気配がない。

とは言っても、ゼロではない

1.あるにはあるが、山のてっぺんに二区画ある、しかし55坪で950万円と立地の割にすごく高い、その上何となく豪雨が降ったら裏の山が崩れてきそうな立地条件で、とてもここに一千万円も出す気になれない。

2.ミサワホーム限定の分譲地がある。坪あたりも安くないし、ミサワホームでは完全な予算オーバーである。

3.不動産屋を回りにくい。
前にも書いたが、僕の仕事のクライアントに地元の不動産屋さんがいる。このためおおっぴらに他所の不動産屋を回るのには気が引ける

そんな理由から、なかなかいい物件が見つけられない。

そんな間も、様々なハウスメーカーから営業の電話はじゃんじゃん入る。
営業さんには「いい物件がでたら教えて~」と伝えていたがいっこうにいい情報は入ってこない。

ここで思ったのだが、営業さんによって(会社によってか)営業のスタンスは様々だった。
なかでも一番親切と思った一等賞の会社は

「ひのき住宅」!!ぱちぱち!

ここは、住宅展示場を巡っていたときに何気なく入った一社であるが、営業さんの親切度は断トツのぴかいちだった。メーカーではなくこの展示場のある場所の地元の業者らしい。

ここの展示場から我が家までは小一時間かかるが、なんと地元まで来て地元の数軒の不動産屋を巡り、使えそうな土地を数件ピックアップしてくれた上に、その土地にたつ家の間取りや概算見積もり、建設プランまでも作って持って来てくれた。

あまりの親切さにこちらが恐縮して見しまう感じだが、電話での対応もここがぴかいちだった。

つぎに親切だったのは「TOYOTAホーム」だろうか。
ここも地元まで来て土地物件を探してくれた。

ちなみに、どちらも業者も見つけたのは、「山のてっぺんの二区画」であった・・・・